韓国――世界で最も貧しかった国の逆襲

今韓国と言えば、多くの人が先進国、韓国スター、韓流を思い起こすだろう、貧乏さとはかけ離れている。では戦後の韓国の発展を見てみよう。


160626-1-001.jpg


家も財産もなく、廃墟しか残されていなかった。


160626-1-002.jpg




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160625-2-001.jpg

”中国古来の領土”琉球について語る

中国の歴史資料に、初期の琉球について簡単に書かれている。隋唐時代に、一組の夫婦が琉球諸島に流れ着き、島内で生活を始めた。その後だんだんと島に人が増えていき、宋時代には国としての琉球が出来上がっていたという。

元朝末期、琉球は中山・山南・山北の三つの国に分裂していた。最も強かったのは中山国だった。1372年、明が琉球に使いを出し、この三か国は中国の属国となることを承認した。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160625-1-001.jpg

日本の貧乏人の底辺生活記




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160624-2-001.jpg

日本メディア:米印は関係を発展拡大、中国はなぜ心配しないのか?

日本の外交学者ウェブサイトでの6月17日の文章、原題:中国はなぜ米印関係が発展しているのに心配しないのか、米印関係は近年日増しに近くなっている、だがこれに対する中国の反応は限定的だ。北京の許容には三つの要素がある:インドは独立自主の外交政策を行っており、他の国の戦略を承諾したりはしない。インドは中米両国に対し慎重に対処する、特に南海問題では。中国外交政策のポイントは東方であり南方ではない。

最近の訪米期間中、インドのモディ大統領は印米安全協力を推し進めるだけでなく、アメリカはインドの商業と防衛におけるパートナーであると語った。中国は日に日に深化する米印関係に沈黙を保っている。

これはニューデリーから北京とワシントンに対し実行した「等距離」の措置だと思われる。まず、インドはアメリカのインド洋とアジア太平洋海域で展開される巡視の提案を明確に拒絶、これで中国の米印の協力についての不安を軽減させた。中国メディアは、アメリカ主導の南海連合巡視への参加についてインドは何の意見も言っておらず、米印がサインする「安保協議」は中国に何の影響もないのだ。

次に、中印両国がインド防衛長官と国家安全顧問の訪華期間の盛んな交流で、双方の信頼について奏功していること。中国メディアは中印関係が改善していることを強調、インドは中国に対し兵を送ることを望んでいないのである。

第三に、中露印三国は今年4月に発表した連合公報で南海問題の国際化に反対、当事国によって解決すべきと主張した。この声明は中国の立場ととても近いものだ。

第四に、中国メディアは最近外国メディアの言い方を援用して、中国に対する憂慮を示している、インドの大統領は今年6月の訪米時に南海問題を提起しなかったのだ。

インドは今中米両大国の間でおとなしくしている。確定的なのは、インドが将来核保有国で組織される安保理などの事務上の意見保留などのために加入を考えているということだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160624-1-001.jpg

数百万人の集団が玉林犬肉祭に抗議

今月下旬、玉林で恒例の犬肉祭が挙行される、活動家たちは犬肉を消費するこの行為を阻止しようと考えている。記者たちは、動物の権利が中国でだんだん重視されるようになったと発表している。

中国では、もっと人道的に動物を扱うよう24名の活動家と犬たちが一緒に呼びかけている、彼らが玉林駐北京事務局に対し嘆願書を提出した。彼らは横断幕を広げ、上には彼らのペットの写真が、下には「私はあなたの晩餐ではない」という文字が書かれていた。

玉林犬肉祭りは6月21日に始まり、かなり多くの犬が屠殺され、人々のランチに変わるようだ。「ワシントンポスト」から引用したデータによれば、アジア全体で毎年3000万匹の犬が殺され食肉にされているという、そのうち中国が占める割合は三分の一である。犬肉祭の反対者たちが言うには、多くの犬が盗まれたものであり、捕まえてきた野良犬もいるという。屠殺の前に、多くの犬が狭い檻の中に押し込められるのだ。

新華社の報道によれば、中国、韓国やその他の国での犬肉食の歴史は4、500年前にさかのぼる、人々は犬肉を食べれば身体を冷やせると信じていたようだ。だが新華社によると、玉林犬肉祭は最近になって始まった祭りのようだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160623-2-001.jpg

日本の平均身長が中国を超えてる

私は認めないぞ、中国の子供たちよ、早く成長してくれ!
日本はどうやったの?
日本人が高いのか、それとも中国人が低くなったのか?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160623-1-001.jpg

なぜ日本ではネットでの買い物が流行らないのか?その理由が羨ましい

日本で電子マネーやネットショッピングが誕生してしばらくになる。しかし、電子取引市場は中国よりも狭い。ネットでの買い物が社会現象となるほど流行ったこともない。
アリババの年間売り上げは中国国内の年間小売総額の16%を占める。しかし、2015年にネットで買い物した日本人の割合は27%であったという。三分の二以上の日本人が、一年間全くネットで買い物をしないのだ。
日本のネットショッピングは中国よりも早くに誕生していたのに、なぜ日本人はネットで買い物をしないのだろうか。

日本のお店ではサービスが良く、顧客を十分に満足させてくれる。
良好な買い物環境は、日本人にネットで買い物をしたいと思わせない理由のひとつだ。
店内には試供品があり、カメラなどの高い電子機器までも買う前に試せる。ネットではできない体験だ。

ネットショッピングが好きな人は、「安いから」買っている人が多い。お店に行くのは実物を見るためだけで、その後ネットで買う。
しかし、日本には「公平競争」という原則があり、あまりにも安く提供していると、「不当競争」だとして訴えられることがある。

日本は交通が便利なので、仕事帰りに買い物ができる。
毎日600万人の人が東京郊外から都内に来て働いている。東京の商業エリアは交通の中心地にあり、多数の百貨店が地下鉄の駅直結である。
つまり、仕事帰りにお店によって気軽に買い物ができるため、ネットで買う必要がないのだ。日本の田舎には大きなショッピングセンターがあるし、ほとんどの人は車を持っている。

では、ネットで買い物をした27%の人は何を買っているのだろうか。日本の内閣府の調査によると、一位は飛行機チケット、二位は本、三位は各地の特産品であった。
日本の老舗ネットショッピングサイトも、長年やっているがアリババには到底及ばない規模である。逆にアリババは日本市場に参入しようとしたが、結局日本市場を開拓できず、失敗に終わっている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160622-2-001.jpg
※掲示板に貼られてた画像そのまま使いましたが、本人ではありません

日本人女性「中国に嫁に来たけど、周りから認められていない」

私は中国人男性と結婚して中国に来た日本人。彼の家族や周りの人に、私は認められていないみたい。

私は北京の大学に留学し、中国文学を専攻していた。私は小さいころから中国の文化に興味を持っていて、中国への留学を決意した。中国では、学問を修めただけでなく、最愛の人と知り合うことができた。
彼はとても博学で品があり、私は自分から彼に告白した。大学在学中、2年間交際した。卒業後、私たちは結婚した。

でも、結婚生活は理想とは大きく違っていた。私は結婚とは当人同士が愛し合っていればいいと思っていた。でも実際には全く違っていた。
結婚後、姑と一緒に住むようになり、姑たちの習慣は私を困らせた。大声で話したり、不衛生だったり。これはまだ我慢できたけど、姑は旦那に「あーあ。だから言ったじゃないか、日本人を嫁にもらうなって。私たちの生活習慣と違いすぎて、合わないわ」と言っていたのには我慢できなかった。
私はいわゆるキャリアウーマンで良い仕事もしているのに、なぜ姑に見下されないといけないのか。

ご近所さんの年配女性から、いつも後ろ指をさされた。彼の友達たちと一緒に出掛けたとき、友達たちは小声で私の悪口を言っていた。時には私にも聞こえていた。私は中国に留学に来て旦那と知り合って恋愛結婚している。笑われるような事は何もしていない。

愛に国境はないはず。私は日本に帰っても、中国より良い生活ができる。なぜなら私の家庭環境はものすごく良いから。私が中国にいるのは、愛情のため、旦那と一緒にいるため。今のこういう環境では、ストレスが多くて生活できない。

なぜ周りの人はこういう仕打ちをするのか旦那に聞いた事がある。彼は「歴史的要因だから。彼らの事は気にしなくていい」と言っていた。彼は私を愛してくれているから、私を困らせる事は無いのはわかっているけど、周りの人の態度に耐えられない。
私はどうしたらいいの?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160622-1-001.jpg

朝鮮と韓国の差って一体どういうことなの?

社会主義がダメだったの?
世界中の社会主義が中国を除いて困窮し落ちこぼれた井の中の蛙だよね。
毎日国内で妄想にふけっているし。
朝鮮、ベトナム、キューバなんかはとても貧しい。
韓国がもし朝鮮統一をしていたら、強国になっていたかもしれない。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160621-2-001.jpg

俺が日本で傘と自転車を盗らない理由

日本人が最も失くすもの、傘。
電車の中に置き忘れたり、盗られたり。
傘を盗られた人たちは、盗られないように方法を考える。
バカっぽいけど・・・結構有用かも?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ