170526-1-001.jpg

「日本の沖縄県と韓国の済州島、旅行で行くならどっち?」アンケート、大差で日本の勝利

韓国で高高度防衛ミサイル(THAAD)配備による観光業への打撃が伝えられる中、中国メディア・環球網は17日、ウェブサイト上で日韓への旅行に関するアンケートを行った。

韓国では、中国のTHAAD配備に対する報復とみられる措置によってさまざまな影響が出ている。
中でも観光業界は深刻で、メーデー(5月1日)連休では中国人観光客は8割減とも伝えられた。
韓国免税店協会によると、市内や空港の免税店の3月の売上は軒並み3〜5割も減少したという。
一方で、中国では「尖閣問題が発生した際には、これほど大規模な日本旅行ボイコットはなかった」という声もある。

こうした中、環球網はウェブサイト上で「もしTHAAD問題や尖閣問題がない状況で、すぐに旅行に行くとしたら、韓国済州島と日本沖縄県のどちらを選びますか?」というアンケートを実施。
開始から8時間ほどで320件の投票があり、結果は「済州島」を選んだ人が13%、「沖縄県」を選んだ人が87%と大差がついている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170525-1-001.jpg

日本と台湾当局が台湾の対日交流窓口の名称を変更する予定 中国側は痛烈に批判

【環球時報 環球網報道 記者 張鑫】2017年5月17日、外交部スポークスマン華春瑩が司会となって定例記者会が進められた。

問:報道によれば、台湾当局が17日に行った儀式で、台湾の対日交流窓口「亜東関係協会」が「台湾日本関係協会」に名前を変え、「日本台湾交流協会」の代表沼田幹夫も参加したようですが、中国側はこれについてどう考えていますか?

回答:中国は世界にひとつであり、台湾は中国の一部である。中国政府はどのような形であれ台湾が政府として関係を結ぶことには強く反対する。日本政府と台湾当局は共謀して台湾の対日交流窓口の名称を「台湾日本関係協会」に変え、日台の実質的な関係を良好にしていこうと企図しているようだが、中国側はこれについて強烈な不満を表明する、我々は日本側に中日共同声明の原則を守ることを促し、中国のルールを守り、実際の行動で間違いをただし、台湾当局と国際社会が間違った情報を流さないようにし、中日関係に不安をもたらさないよう求めていく。我々も台湾当局に対し、「二つの中国」、「一中一台」などを企図しないよう注意していきたい。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170524-1-001.jpg

なぜ礼節を重んじる日本人が韓国人を容赦なく嫌うのか?

2017年5月22日、中国メディア・環球網は「日本人はなぜ韓国人を嫌うのか?」と題し、日本の嫌韓について伝えた。

昨年、大阪のすし店が外国人客に対し大量のわさびを入れたすしを提供していた「わさびテロ」問題が持ち上がって以降、韓国人観光客が路上で男から殴られた、若者からいきなり罵倒されたといった問題が次々と伝えられ、今年に入ってからは大阪で韓国人男性がスプレーを顔に吹き付けられ荷物を奪われる事件も発生した。

さらに、今年5月初めに韓国人男性が旅をしながら日本を紹介するネット配信番組の生放送で、韓国の俳優のユ・ミンソンさんが京都の通りを歩いて1軒のラーメン店を見つけ、「ここ良いね」と言って中に入ろうとした際、お店の人に日本語で「ここは居酒屋ですか」と尋ねると、店から出てきた客に「ファッキンコリアン(Fucking Korean)、ゴーアウト(Go out)」と罵倒される騒動も起きた。

在日韓国人と日本人のわだかまりについて記事では、「1990年代、日本に留学する韓国人が急増し、家賃が比較的安かった新大久保に多くの韓国人が集まった。一部の韓国人が風俗店で働き違法DVDを販売していたことから韓国人に対する悪い印象が一部の日本人に植え付けられた。さらに、2002年のFIFAワールドカップ日韓大会や韓流ブームにより韓国人の存在を脅威と捉える人も現れた。在日韓国人の境遇が一変したのは2012年以降。同年、当時の韓国大統領だった李明博氏が日本の反対を顧みず竹島に上陸した。この騒動以降、日本では反韓や嫌韓が強まった。礼節を重んじる日本人だが、なぜか韓国人に対しては容赦がない」と紹介した。

「韓国人への差別には歴史的な原因が存在する」と指摘するのは中国社会科学院日本研究所の盧昊(ルー・ハオ)氏。同氏は、「明治維新以降日本の近代化は常に朝鮮半島をリードしていた。さらに、第2次世界大戦の終戦まで韓国は日本の属国であったため、韓国人を下に見る考えも存在する。終戦後には多くの朝鮮半島移民が日本にとどまったが、日本社会に溶け込めず犯罪に手を染め、こうしたマイナスな要素が日本人とのわだかまりをさらに大きくした」と指摘している。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170522-1-001.jpg

韓国人が捏造した事案をまとめてみた

恥知らずの韓国棒子

1. 端午祭を世界遺産として申請した
2. 歴史教科書で黄河文明は韓国人の手によって育てられたと主張
3. 韓国人が中原に進入し、商王朝を作った
4. 活字印刷術を発明した
5. 韓国の脳内地図:モンゴル、シベリアが韓国の領土になっている。東は日本、西は新疆、南はベトナム、北は北京までが韓国の領土
6. 漢方医学は韓国人の発明
7. 李時珍は韓国人
8. 老子は韓国人。道教は韓国起源
9. 孔子はもうじき韓国人になる予定
10. 「漢城」は漢文化を想起させるため、首都を「ソウル」へと名称を変更した
11. 韓国人女性は美人だらけ。なぜなら西施は韓国人だから
12. 甲骨文字は韓国人の発明
13. 禹の先生は韓国人
14. 満州地方、山東半島は韓国の領土
15. 韓国の歴史は5000年
16. ヤオ・ミンは韓国人の子孫
17. パンダの故郷は韓国
18. 仏陀は韓国人


そのほか、渾天儀は韓国の発明だと主張するためウォンの万円札の裏面に印刷されている。
この調子でいくと、宇宙が韓国人のものになる日はそう遠くないだろう。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170521-1-001.jpg

徐福が日本の神武天皇である10の証拠

神武天皇は日本の初代天皇であり、日本の天皇制度の創始者である。
神武天皇の出自は、日本においては謎である。
彼は天から降りてきた神だとされているが、彼を中国から来た徐福だとする説もある。

最初に神武天皇が徐福説を唱えたのは、清時代の詩人であり学者の黄遵憲である。
1950年、彼は『徐福が日本を建国した』という本を香港で出版した。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170520-1-001.jpg

日本人「東京タイ・フェスティバル2017のあとがゴミだらけ」 タイ人「知らんがな」

東京でタイ・フェスティバル2017が開催された。大盛況だったが、祭りが終わったあとの有様は住民の顰蹙を買った。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170519-1-001.jpeg

中国メディア:日本には旭日旗の正当化を試みる動きがある

2017年5月17日、環球時報は旭日旗をめぐる日本メディアの報道を取り上げ、「日本には旭日旗の正当化を試みる動きがある」とする記事を掲載した。

環球時報が着目したのは、日本の大手紙が掲載したサッカーJ1川崎フロンターレのサポーターがアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の試合で「旭日旗」を掲げた問題をめぐる記事だ。
「旭日旗に政治的な意味合いはなく、現在の日本で軍国主義を代表するものではないことが指摘された」としており、「“侵略の象徴”とみなされる旭日旗に含まれる意味は、いつの間に変わったのだろうか?」と疑問を投げ掛ける。

環球時報はさらに、日本側の記事で菅義偉官房長官の「旭日旗は大漁旗や出産・節句の祝い旗などとして日本国内で広く使用されている」との発言が取り上げられたことも紹介。
「“戦犯旗”はいつ、日常的に見られる装飾デザインや祝い用品になったのだろうか?」とした上で、「旭日旗と日章旗はいずれも明治維新の時期に誕生。日本の伝統文化の中で、旭日旗にはかつて幸運を願う意味合いがあった。1870年に正式に日本陸軍の軍旗となり、89年に日本海軍でも採用された」と説明する。
また、「神風特攻隊は米国の軍艦に突撃する際、旭日旗を掲げていた。日本の敗戦に伴い旭日旗の使用は禁じられたが、1950年代に自衛隊が再び使い始めた」とも指摘し、現在の日本社会における旭日旗の存在感について次のようにつづる。

まず、日本滞在歴の長い同紙の記者によると、「旭日旗やそれに類似したデザインは日本の日常生活でほとんど見かけない。一般の人は旭日旗に特別な関心を持つことはない」という。
同紙は「日本の若者の旭日旗に対する理解はそれほど多くない」とし、実際に多くの若者から「旭日旗について知ってはいるが、旗が持つ具体的な意味はあまり分からない」という声が聞かれたと説明。
これらを基に「日本の市民の反戦感情は比較的高い」と分析した上で、日本国内と対照的な動きとして「国際的な場面でたびたび出現する旭日旗」について触れる。

同紙がここで言及したのは前述のフロンターレの騒動や、2014年のサッカーワールドカップ(W杯)で日本代表が着用した最新ユニフォームのデザインをめぐる問題だ。
さらに漫画「ONE PIECE」を例に挙げて「海外で人気の高い日本のアニメ、漫画作品の中に“旭日旗”が登場するがこれは偶然だろうか?」とも。
「日本のスーパーの中で旭日旗関連商品を見つけたことはないが、大手通販サイトで『旭日旗』を検索すると腕章やアクセサリーなど101件がヒットした」ことを説明し、「日本で旭日旗関連の商品を手に入れることはそれほど難しいことではない」と紹介する。

同紙は記事終盤で日本に新たな安全保障関連法が登場したことや、安倍晋三首相が2020年をめどに新憲法施行を目指すと発言したことに言及し、「このような背景の下、日本の政府高官やメディアの旭日旗を正当化しようとする動きは驚くべきことではない。だが、示された根拠にはいささか無理があるようだ。旭日旗の図案が日本で別の用途で使われているとしても第2次世界大戦時の特殊な意味合いを消すことができるのだろうか?サポーターが持ち込んだ旭日旗に差別的、政治的意図がないということは信じられるのか?旭日旗の意味合いについて、戦争被害国の人々は大きな発言権を持てないのだろうか?」と次々に疑問を提示。
「実際のところ、中国、韓国などを除き、多くの国の人々は旭日旗についてほとんど知らない」「一部の西洋人は旭日旗を日本を代表するマークの一つと考えている」とする一方、西側メディアや学者らが日本の動きに対して警戒感を高めていることを伝えた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ