Tag : アメリカ
190108-1-001.jpg

抗日戦争の中国空軍は割と頑張っていた!

八年の抗日戦争で中国空軍は1543機の日本戦闘機を撃墜し、330機を破損させた。爆撃、追撃、偵察、運送などを目的とした出動は18500機で、空戦での出動は4027機だった。どうやってこのような優秀な成績を残したのか?

1937年8月淞沪での戦争前に、日本軍は戦争に使える航空機は約2300機、用意していた戦闘機は約280機だ。その反対に中国の空軍を見ると、全部合わせて約600機、日本の七分の一にも及ばない。

戦争が始まって3ヶ月間、中国空軍は援助のない状況で、日本の戦闘機30機を撃墜し、パイロット327人を仕留めた。だが、中国空軍の残りの戦闘機はわずか30機だけだった。

1936年からソ連は中国に志願航空隊を援助する動きを見せていて、1937年10月から、1938年末までに、ソ連戦闘機471機が蘭州へ到着した。また1940年、ソ連はI-16(ポリカルポフ)戦闘機150機、Il-4(イリューシン4)爆撃機20機、Ar-2(アルハーンゲリスキイ2)急降下爆撃機30機を援助した。1940年に至る前は、中国の戦闘機は49機のみ。日本には960機以上の航空兵力があった。

日本側の分析は客観的だった。
二つの時期を対比した、日本が記した戦争の状況。

1942年7月から、中国に存在した航空機はますます活躍した。7月1日、9機のB-25爆撃機が九江と漢口を襲った。2日、3日も3機のB-25爆撃機が漢口の海軍を襲った。3日はまた5機のB- 25爆撃機、4機のP-40戦闘機が南昌の空港を襲った。6日自雲空港を襲った。9日また2機のP-40戦闘機が南昌の空港を襲った。

戦争の末期、中国空軍が制空権を得たのは、上記の通りアメリカのおかげだ。1945年1月、中国にいたアメリカ軍は32956人で、その内23960人が空軍兵だ。その後、毎月空軍の人数は増えていった。8月15日戦争が終結時、中国にいたアメリカ軍は60369人、空軍34726人。

参考資料
李玉贞『抗日戦争における中国の航空戦力』
王跃如『太平洋戦争、空軍における米中協力』





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181024-1-001.jpg

なぜ日本人はアメリカ人を恨まないの?なのに、なぜ中国人はアメリカ人も恨むんだ?

中国人が日本人を恨むのは理解できる。
ずっと前に中国を侵略して、中国に大きな損害を与えたからね。
でもアメリカも日本には手を緩めなかったし、原爆も落としたんだ。
それなのに何十年も経って、どうして日本人はアメリカ人を恨まなくなったんだ?
日本はどうして恨みを表に出さないようになったんだ?
第二次大戦期、アメリカは全世界の反ファシズムに対する戦争で貢献をし、その功績は言うまでもない。
中国の抗日戦争への援助も非常に大きかった。
例えばアメリカ義勇軍なんかもね。
それから数十年が経ち、中国に対して外科手術をするように核で威嚇をしていたソ連を破り、中国と国交を樹立し、中国の発展を手助けし、国際的な地位の向上や、常任理事国入りも推薦、先端技術も提供してくれた。
どこを探してもこんな友人はいないのに、何故中国人はアメリカを罵りたがるんだ?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

180919-1-001.jpg

日本の人工知能技術って中国・アメリカに大きく遅れをとってるよな

感覚的にはAI技術に関して日本は中国よりも20年遅れてると思うんだが。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

180911-1-001.jpg

アメリカに学んで日本や欧米を社会主義国家にしよう

アメリカは「平和的な国家転覆」でソ連、東欧、中東、アフリカの国々を転覆させ民主化し、社会主義国家は数えるほどしかなくなってしまった。
我々はアメリカの「国家転覆術」を参考にして「目には目を、歯に歯を」を実行しなくてはならない。
欧米と日本を転覆させ社会主義国家にする。

それにしても、何故アメリカは色んな国家を転覆させようとするんだろうね?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

180531-1-001.jpg

日本はアメリカの51番目の州と中国の35番目の省、どっちになるべきか?

中国とアメリカ、日本はふたつの国に挟まれている。
米中関係が直接中日関係の発展に影響する。
そういう状況で日本は「アメリカと中国、どちらの国になるべきか」というテーマで日本のネット民が議論を交わしている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

180524-1-001.jpg

日米貿易戦争勃発でついに日米決別か?

日本がアメリカへの対抗措置として450億円の関税引上げ検討

3月初旬、アメリカのトランプ大統領は鉄鋼とアルミニウムに高関税を課す措置を取り、関係各国は深い傷を負い、撤回して欲しいと考えている。
そのうち、アメリカと最も親密な関係にある日本は、関税による報復が世界の自由貿易体系を崩すかもしれないと考えつつも、アメリカに対し圧力を与える構えだ。恥ずかしいことに、日本だけが高関税の適用を除外されていない状況にある。日本はアメリカに対し、報復としての関税を検討中だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

180416-1-001.jpg

中国の唯一の敵はアメリカ。日本は盟友だ。

なぜアメリカが中国の敵なのか。
理由は以下。
1.ユーゴスラビアが中国大使館を爆破して、南シナ海が危機を迎えた
2.悪い奴らを庇い、資金提供をしている
3.琉球の主権を日本へ渡した
4.中国に制裁を加えるため、中国向けの輸出を制限している
5.常に中国にケチをつけてくる
6.中国の発展を阻止したいと思っている

なぜ日本が中国の敵ではなく、隠れた盟友なのか。
1.同じ東アジア文化圏で、文化・人種・文字・国民性が似ている
2.地理的に近く、離れる事は難しい隣国。仲良くするしかない
3.歴史上の恨みは持ち続けてはいけない。同じ過ちを犯さないようにすればいい





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

180413-1-001.jpg

なんで日本はアメリカに原爆を落とされたのにアメリカが好きなの?プライドないの?

日本人は自分たちのプライドないの?
なんで親米なの?
日本の若者はアメリカを恨んでないの?
それとも、今の日本の教科書には、原爆の事は載ってないの?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

180411-1-001.jpg

もし日本が中国並の国土を持っていたら、アメリカを超える大国になっていただろうか

みんな知ってる通り、日本は小さな島国だ。
国土は狭く、資源は乏しく、いろいろなものを輸入に頼っている。
日本は鉱産資源が乏しく、原料・燃料となるものは、ほぼ輸入だ。
石油なんて99.7%も輸入しているらしい。
そんな不利な状況でも、日本は工業大国として発展してきた。
もしも日本の国土がアメリカや中国並に大きく、資源も豊富にあったなら、日本はアメリカを超える超大国になっていただろうか。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです