Tag : スマホ
171201-1-001.jpg

サムスンCEO「まったく理解できない。なぜ中国人だけサムスンを嫌うのか」

スマホで世界で大きなシェアを持っているサムスンの勢いは凄い。今年では、サムスンスマホの出荷数は世界の20%を占め、8200万台も売れたとのこと。それはファーウェイの2倍で、シャオミの3倍。
ここまで成功を収めたサムスンだが、なぜか中国では売り上げが不振のようだ。

もっとも早く中国市場に進出した外国ブランドのサムスンは、ピーク時は30%のシェアを持っていたが、今年は2%にまで下がった。最新のフラッグシップのS8は、世界では2000万台の出荷数もあるうち、中国での売り上げはわずか30万台だった。今年9月にリリースされたNote8は、韓国本国では30万台も売れたが、中国では予約数はわずか数千台だった。なぜサムスンは中国では人気がないのか。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170530-1-001.jpg

なんで日本のスマホは落ちぶれたの?

昔はみんな日本の携帯に注目していたのに、なんで今は誰も見向きしないの?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170210-1-001.jpg

なんで日本製のスマホって少ないの?

日本の家電製品を使っている人は多いのに、日本のスマホを使っている人は少ない。
アップル製品を使っている人が多い。
なぜだろう。

これはスマホ誕生前のケータイ市場と関係がある。
日本では顧客囲い込みのために、通信キャリアがSIMロックをかけることが一般的であった。
そのため、日本メーカーの端末は海外では使えなかった。

また、日本のケータイ市場は特殊で、市場を主導しているのは端末メーカーではなく通信キャリアである。
ケータイを買うためには、通信キャリアショップで買うしかないため、端末だけを買う事ができなかった。
日本の端末メーカーが中国市場に参入したこともあったが、結局成功せずに撤退していった。

2010年頃から、スマホ市場が急速に発展し始めた。
しかし、日本メーカーは日本国内に向けてガラケーを製造し続けた。

そして、日本市場はアップル、サムスン、ファーウェイ、小米などのメーカーが占領するようになった。
世界的なスマホ端末の展示会では、日本メーカーのブースには人が集まらず、誰も買う人はいなかった。

日本は韓国の販売手法を学ぶべきだと思う。
そうすれば、今のアップルやサムスン並に市場を独占できると思う。
まぁ、それでも中国の愛国者は日本メーカーのスマホは使わないが。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです