Tag : スマホ
190327-1-001.jpg

日本は高いスマホ技術を持っているのに中国市場への参入が難しい。それはなぜか?

日本製品好きの人なら知っていると思うが、日本製品は電子部品や車に限らず、どれを取っても品質が良い。
しかし、一つ奇妙な現象がある。
日本製品の技術は素晴らしいのに、なぜスマホだけは中国市場へ参入する事が難しいのか。
理由は、日本企業は自分たちの技術だけを追究し、製品として販売する事や市場全体の活性化などは考えていないからだ。
高い技術があるのに、それを消費者へ上手く届ける事ができないのだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190303-1-001.jpg

ファーウェイが発売する折りたたみスマホ(価格28万円)に対する日本の反応

中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)は折り畳み式スマートフォンを発表した。
広げると小型のタブレット端末になり、スマホとタブレット端末の両方を持ち歩く必要がなくなる。

この折り畳み式スマホ「Mate X」は、次世代移動通信規格5Gに対応する。
価格は約28万8500円で、今夏に発売する予定だ。
スマホ大手メーカーでは、韓国サムスン電子も20日に折り畳み式スマホ「ギャラクシー・フォールド」を発表した。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181223-1-001.jpg

幹部逮捕のファーウェイに日本の一般市民から応援の手紙.

日本の一般市民がこのほど、ファーウェイ(華為)に対し、同社を応援する内容の手紙を送り、ネット上で広く拡散されている。差出人は、手紙の中で、2011年に発生した東日本大震災の際に、ファーウェイの社員は被災地を去ることなく、通信サービスの確保に努めたことを称賛し、関係国家が中国企業に対し公正な対応をしなかったことについて、恥ずかしく思うとしたためている。

ファーウェイ・ジャパンは、今月17日、この手紙を受け取り、その差出人は、東京に住む一般市民だったという。ファーウェイ側は、相手のプライバシーを考慮し、差出人の本名の公表は控えたが、差出人は、手紙の中で、国内の小企業の代表者を務めていると自己紹介していると明かした。

手紙では、「ファーウェイの孟晩舟CFOが今月、カナダ警察に逮捕されたことについて、非常に悲しく思っている。宮城県に住む友人が、『2011年の東日本大震災の際に、他の企業はこぞって急ぎ逃げ出したが、ファーウェイの社員だけは、危険な状況を省みず被災地に入り、地震によって破壊された通信施設の応急修理に取り組んでくれた』と教えてくれた」とファーウェイの東日本大震災に際しての功績をたたるとともに、「我々日本人に対して援助の手を差し伸べてくれる会社が、どのような理由であれ、何ら手段を講じることなく、このように国が力づくで一方的に排除しようとするやり方は、人の道から外れたことであり、非常に悲しく思う。日本人として恥ずかしさを感じる」とした。

また、「私の母親は、1995年の阪神大震災で不幸にも命を落とし、郷里の神戸は深刻な被害を受けた。その時、世界各地からの無私の援助のおかげで、ようやく再建が実現したことについて、今でも感謝の気持ちを忘れることはない。お隣同士の日中両国は、相互尊重をより深め、友好関係をさらに深化・拡大しなければならない」と中日友好を呼び掛けている。

さらに、「中国企業の生産ラインに携わる労働者は、自らの行為によって、中国企業の海外での名声を獲得した。日本の一般市民もそれに対し、大いに思うところがあったのだろう。この手紙は、ごく普通の日本人が、中国に対する最も素直な感情を綴ったものだ」とした。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181102-1-001.jpg

ファーウェイのスマホは日本人が作った。日本人を雇用し、日本人が研究開発し、日本の技術を採用している。

2018年10月30日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、日本で活動する徐静波(シュー・ジンボー)アジア通信社社長が「華為技術(ファーウェイ)のスマホは日本人が開発したものだ」と発言したことを報じた。

同アカウントは、23日に開かれた第15回中国製造業国際フォーラムで講演を行った徐氏が、「ファーウェイのスマートフォンがここまで発展したのは、日本人を雇って研究開発し、日本の技術を採用したからだ。任正非(レン・ジョンフェイ)CEOは実に聡明であり、日本の生産ラインを買ったのではなく、日本の頭脳を買ったのだ」と語ったことを紹介した。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

171201-1-001.jpg

サムスンCEO「まったく理解できない。なぜ中国人だけサムスンを嫌うのか」

スマホで世界で大きなシェアを持っているサムスンの勢いは凄い。今年では、サムスンスマホの出荷数は世界の20%を占め、8200万台も売れたとのこと。それはファーウェイの2倍で、シャオミの3倍。
ここまで成功を収めたサムスンだが、なぜか中国では売り上げが不振のようだ。

もっとも早く中国市場に進出した外国ブランドのサムスンは、ピーク時は30%のシェアを持っていたが、今年は2%にまで下がった。最新のフラッグシップのS8は、世界では2000万台の出荷数もあるうち、中国での売り上げはわずか30万台だった。今年9月にリリースされたNote8は、韓国本国では30万台も売れたが、中国では予約数はわずか数千台だった。なぜサムスンは中国では人気がないのか。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170530-1-001.jpg

なんで日本のスマホは落ちぶれたの?

昔はみんな日本の携帯に注目していたのに、なんで今は誰も見向きしないの?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170210-1-001.jpg

なんで日本製のスマホって少ないの?

日本の家電製品を使っている人は多いのに、日本のスマホを使っている人は少ない。
アップル製品を使っている人が多い。
なぜだろう。

これはスマホ誕生前のケータイ市場と関係がある。
日本では顧客囲い込みのために、通信キャリアがSIMロックをかけることが一般的であった。
そのため、日本メーカーの端末は海外では使えなかった。

また、日本のケータイ市場は特殊で、市場を主導しているのは端末メーカーではなく通信キャリアである。
ケータイを買うためには、通信キャリアショップで買うしかないため、端末だけを買う事ができなかった。
日本の端末メーカーが中国市場に参入したこともあったが、結局成功せずに撤退していった。

2010年頃から、スマホ市場が急速に発展し始めた。
しかし、日本メーカーは日本国内に向けてガラケーを製造し続けた。

そして、日本市場はアップル、サムスン、ファーウェイ、小米などのメーカーが占領するようになった。
世界的なスマホ端末の展示会では、日本メーカーのブースには人が集まらず、誰も買う人はいなかった。

日本は韓国の販売手法を学ぶべきだと思う。
そうすれば、今のアップルやサムスン並に市場を独占できると思う。
まぁ、それでも中国の愛国者は日本メーカーのスマホは使わないが。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです