Tag : ソ連対日参戦
170723-1-001.jpg

中国は日本に優しすぎた?ソ連軍は日本人捕虜を銃殺したが、その理由はあまりにも理不尽なものだった・・・

1945年8月、60万人近くの日本関東軍はソ連軍に負け、捕虜となった。
そのうち、大半はシベリアに送られ、労働力にされた。寒さ、飢え、病気に耐えきり、日本に帰還できた捕虜は半分ぐらいだった。
そのうちの一人に松本さんという人がいた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161117-1-001.jpg

日中戦争で、中国軍は八年間にわたって45万の日本軍兵士を殺したのに対して、ソ連はわずか6日間で75万を殲滅した。この差はなんなのか?

1937年戦争勃発から1945年8月15日まで、日中戦争は八年間も続いた。戦後の調査では、日本軍が中国で中国軍の攻撃を受けて、怪我をしたり死亡したりした兵士のの数は137万だった。そのうち死亡した兵士の数は45万で、8000人が捕虜となった。

しかし、1945年8月9日に、ソ連が日本関東軍を攻撃し始めてから、日本降伏までのわずか6日間で、75万人の関東軍が戦死し、60万人が捕虜になった。その差はなんだったのか。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150606-3-1.jpg

ソ連の赤軍紙幣

1945年8月6日、9日の相次ぐ原爆で日本は敗色濃厚。
8月9日に緊急に日本に戦争宣告して、外交を絶った。
そして東北に出兵した。
ソ連軍が東北を占拠したあと、東北で1元、5元、10元と100元の紙幣を発行した。
いわゆる赤軍紙幣だ。
ソ連軍はそれを使って、農製品を仕入れて、ソ連に運んだ。
ソ連軍が帰ったあと、その金はただの紙くずになった。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ