Tag : タイ
170520-1-001.jpg

日本人「東京タイ・フェスティバル2017のあとがゴミだらけ」 タイ人「知らんがな」

東京でタイ・フェスティバル2017が開催された。大盛況だったが、祭りが終わったあとの有様は住民の顰蹙を買った。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151226-1-001.jpg

なぜ日本人はタイを特別扱いしているのか

先の大戦では日本は東南アジアすべての国を蹂躙したが、タイだけが特別扱いされていた。
更にタイ語を学び、タイ文化を愛し、タイで虐殺はなかった。
何が原因なのか。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150601-6-1.jpg

タイでの日中高速鉄道戦争 日本の新幹線が勝利

太田昭宏国土交通相とタイのプラジン運輸相は27日、国交省内で会談し、バンコク-チェンマイ間の高速鉄道について、日本の新幹線方式導入を前提に調査を始める覚書を締結した。
新幹線導入で事実上合意した形とみられる。
開業時期は未定だが、実現すれば台湾新幹線に続く新幹線輸出となる。
安倍晋三政権が成長戦略で掲げるインフラの海外輸出にも弾みがつきそうだ。

合意したのは、バンコク-チェンマイ間を結ぶ約670キロの路線で、日本の新幹線と同じく専用軌道を建設する。
総工費は日本円で約1兆円(約2800億バーツ)超の規模となる。

両国は事業化に向け、需要予測や採算性などの評価を共同で行う。
また、車両や運行システムの選定、運営主体や資金調達の方法など幅広い分析も行う。
建設費の一部については、日本からの資金援助も検討する見通しだ。

日本は新幹線の車両、線路、運行システムをセットで売り込む考え。
JR東日本や三井物産、日立製作所、三菱重工業などが事業への参加を検討するとみられる。

両政府は今年2月、タイの鉄道分野全般の整備協力に関する覚書に調印。
タイ側は日本の新幹線技術に高い関心を寄せていた。
具体的に新幹線を明示した覚書は初めてとなる。

東南アジア地区の高速鉄道網は、今後10数年以内に各地に延伸していくだろう。
日中の高速鉄道技術の輸出は“全面戦争”へと突入している。

タイだけでなくインドでも日中“高速鉄道大戦”が行われており、中国とインドは昨年、レール全長1750キロ、時速300キロの新幹線を走らせる研究を行うと発表した。
しかし日本は2013年にレール全長500キロの新幹線を走らせる契約をインドと締結し、2017年に工事を開始する予定だ。

日本はさらにマレーシアやシンガポールにも新幹線建設計画を話しているし、インドネシアに積極的に出向いて新幹線の売り込みを図っている。
インドネシアは日本とほぼ合意しているが、今年に入り中国の高速鉄道技術にも興味が出てきたようだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ