Tag : ドイツ
170416-1-001.jpg

ドイツ人が日本にブチ切れ!「独という字は差別!」 日本人「中国に文句言えや!」


1:日本人

それだけ漢字を愛するシュミッツさんが嫌いな漢字が、ドイツの当て字「独」だ。獣偏を使っていることに、差別視がうかがえるという。
「漢字を知るドイツ人としては、この文字は変えてほしい」。白川さんも生前、シュミッツさんの主張を聞いたとき、「それが日本人の
中華思想ですよ」と、差別意識が文字に表れていると同意したという。

新聞を読んでいて、ドイツの出来事を報じた記事の見出しに「独」があると悲しい気持ちになる。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161218-1-001.png

ドイツと日本、総合的な国力はどっちが上だと思う?

ドイツと日本、両国とも資源に乏しい国なのに、どのように西洋・東洋のトップになったのだろうか。
今回は様々な点で二国を見てみよう。

【ドイツの世界的地位】
ヨーロッパのリーダー、ドイツ。世界への影響力は、小日本とは比べ物にならないくらい強い。世界で強い発言権を持っている。

【日本の世界的地位】
日本の政治的地位と経済力とは全く比例していない。国連での日本の発言権はないに等しく、ただ国連へ会費を納めているだけである。


【ドイツの衣】
目鼻立ちがはっきりしているヨーロッパ人だが、服装はとても質素である。汚いスニーカーを履き続けているのが、残念なところか。

【日本の衣】
日本人はファッションに世界一こだわる。老若男女、全ての人がファッショナブル。お年寄りでも化粧をして出かけるのだから、若い女性は尚更化粧にこだわる。髪型、アクセサリー、全身完璧である。


【ドイツの食】
高い有機野菜を買うか、安い野菜を買うかの二択。ドイツ料理で有名なのは、ステーキ、ソーセージ、パン。

【日本の食】
日本人は自分たちの料理が最高、自分たちの食品が最高だと思っている。国産の高い有機野菜は買っても、安い輸入食品は買わない。


【ドイツの住】
ドイツのハンブルクの中心部では、2部屋ある家を借りると、毎月1200ユーロ~1800ユーロ。

【日本の住】
日本はドイツよりも都市に人口が集中している。日本の神戸で家を借りると、毎月20万円はかかる。約1800ユーロ。ドイツよりも高額だ。


【ドイツの科学技術】
ドイツは重工業、機械工業において世界一流の技術を持っている。また、ドイツは自動車帝国でもある。シーメンス、ポルシェ、ベンツ、BMW、アウディなどが有名だ。

【日本の科学技術】
日本は科学技術の研究・開発を重視している。日本の有名企業はトヨタ、松下、ソニー、キヤノン、日立などがあるが、国際市場において最も高いシェアを占めているあまり知られていない“隠れ王者”企業も多い。


【ドイツの経済】
ドイツは世界第三位の経済大国。ドイツの生活レベルは高い。

【日本の経済】
日本の経済は停滞し、円安が続いている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161126-1-001.jpg

161126-1-002.jpg

日本とドイツって似てるよね

日本とドイツってどんなところが似ているのだろう。歴史と現状を通して、その7つの共通点を見てみよう。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161122-1-001.jpg

ドイツ製や日本製と比べて、なぜ中国製はだめなのか

第一に、ドイツや日本の工業は我が国よりはるか前に成熟していた。第二次世界大戦で戦艦、空母、戦車を作れるほどの工業力があった。

第二に、中国は1949年からソ連の援助を受け、工業に力を入れはじめたが、すぐソ連が撤退した。ノウハウをほとんど持っていない中国は独力で工業を発展させることはとても困難だった。

第三に、文化大革命で、中国は経済的にも技術的にも大きく後退し、先進国の差は更に広がった。

第四に、改革開放後、我が国は大きな発展を遂げたものの、欧米諸国から技術封鎖を喰らい、さらなる発展が阻害された。

製造業は技術的な要素があんまりないように見えるが、基礎研究の成果をなによりも必要としている。ただ、30年間の努力を経て、我が国の工業はやっと世界レベルに追いついた。一部の領域では世界レベルを超えた。

釘やマッチですら輸入に頼ってしまう1949年から、百年足らずで製造大国になった中国。我々が払った努力は尋常では無いことをみなさんに認識してほしい。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161115-1-001.jpg

日本人が、ヒトラーがせっかく獲得した絶対的な優勢を台無しにした

第三帝国が負けた理由はたくさんあるが、この2つだけは言わなければならない。1.天候。2.アメリカの参戦。どれもヒトラーのせいではなかった。。イタリアと日本はドイツの計画を台無しにした。イタリアはドイツ軍の進軍を遅らせた。日本はアメリカを戦争に招いた。1対4のドイツが負けたのも仕方ないことだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160822-1-001.png

10年後、日本を超えている国はこの五カ国だ!

中国:
新中国成立後、第一の任務は軍事力の強化だった。中国が後れていたからこそ、他国から侵略されたのだ。海軍と空軍は絶えず発展し続けている。中国は今では世界第二位の経済大国で、GDPは日本を越え、アメリカに次いで第二位だ。次の一歩は一人当たりGDPを大幅に増やすことだ。経済で全面的に日本を超えるのも時間の問題だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160710-2-001.jpg

日本人「中国は日本の新幹線技術をパクった!」ドイツ人「日本はドイツの高速鉄道技術をパクったくせに」

台湾のとあるバラエティ番組。「中国人の学習能力が凄すぎる?!」というテーマで各国の人が意見を交わしていた。

日本人
「日本は新幹線の技術を中国に提供した。新幹線会社は、この技術は絶対に中国国内だけで使用してくれ、と言ったにも関わらず、中国は『これが中国の素晴らしい新幹線技術アル』と言い、アメリカに売ろうとしている。俺は怒りを覚えた。」

ドイツ人
「何言ってんだ、お前にそんなことを言う資格はない。日本だって俺たちドイツの高速鉄道技術をパクったじゃないか。」

台湾人司会者
「そうね、ドイツ人が正しいわ。」





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160619-2-001.gif

ドイツ人よりも真面目な民族が世界にいるだろうか?それは日本人だけだ!

彼らは古代中国の「春秋人格」を継承し、それを強さ、執着心、我慢強さ、忠誠心、それと中国文化に欠けている重要な要素、善に発展させた民族だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160502-2-001.png

日本とドイツに差が開き始めたのは、過去の歴史を反省したかどうかの差だ

日本は少子化で、経済は悪化の一途を辿っている。
対してドイツは、経済も良好で、既にEUのリーダーだ。
歴史問題と国家の繁栄には深い関係がある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160121-2-001.jpg

日本とドイツの違い

1970年、旧西ドイツの首相ブラントがポーランドで土下座して謝罪したことをきっかけに、ドイツは世界に受け入れられるようになった。
それに対し、2013年安倍晋三の靖国参拝で、日本は世界に冷たい目で見られるようになった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ