Tag : フランス
161127-1-001.jpg

フランスで「南京大虐殺」企画展が開催

フランス北西部カンの「カン平和記念博物館」で、第二次世界大戦中の「南京大虐殺」をテーマにした企画展が12月15日まで開かれている。
中国が昨年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(記憶遺産)に関連資料を登録後、初の海外展示となる。
欧米人の証言などを強調する内容で、中国の主張への共感を呼びたい狙いも垣間見える。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160328-2-001.jpg

日本の環境保護団体がパリで清掃活動

日本人がきれい好きなのは周知の事実だ。多くの日本人は、自分たちの一番誇らしい所は清潔な環境と良好な治安だと考えている。そして今日、日本人は自分たちの国土を掃除するだけでなく、既に世界各地を掃除し始めている。「グリーンバード」、中国語で「緑鳥」という日本の民間団体は2003年から、既に13年間清掃活動を続けている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151007-3-1.jpg

フランスが日本の国連常任理事国入りを支持

安倍晋三首相は3日夜、初来日したフランスのバルス首相を京都市の京都迎賓館に招き、非公式の夕食会を開いた。
バルス氏は「価値観を共有する日本との協力が重要」とし、日本の国連安全保障理事会常任理事国入りへの支持を表明した。

両首相は5日に首相官邸で会談し、年末にパリで開かれる国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)での協力や、原子力エネルギー政策などを議論する。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150224-3-1.jpg

中日関係と中日の歴史認識についての自分の考え(討論スレ)

日本の言論の自由とドイツのそれは少し異なる。
ドイツは直接立法を通じて既定の事実が違法かどうかを判定する。
修正なども含めて。
日本は天皇制度が変わっていないことによって、実は管理する人員が交替しただけだ。
政府はやはりそれまでの政府と同じだ。
構成員が入れ替わっただけ。

中国は日本と第二次大戦、南京大虐殺を含む国内のすべての歴史的事件に徹底した清算を進めるべきなのだ。
だが今の中国政府と日本政府の間には、政治的にも強烈な偏見(政治的な相互不信)が存在する。
だから関係が修復されれば相互に譲歩があると思う。
そして徹底的な清算を進めるのだ。
そうすれば中日の第二次大戦の歴史問題は徹底した解決に至るだろう。

歴史を正視する状況下での関係については、ドイツがフランスに対してとった態度と、ユーゴスラビア諸国に対してとった態度の問題が参考になる。
ただ現実はとても難しい。
中日両国は自己の政治的利益のため、一歩進むのすらとても難しいのだ。
おそらく十年近くはかかるだろう。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150115-2-1.jpg

外国人はどうやって中国人と日本人を見分けるのか

日中の文化が好きなフランス人の友達が、「パリでどうやって中国人と日本人を見分けるか知ってるか?」って聞いてきた。
見分ける方法は3つあるらしい。

1、
着ているものがきれいで、動作が優雅なのが日本人。
常にスーツを着ているが身なりがだらしないのが中国人。
日本人はブランドものじゃなくても清潔な服を着ていて髪型も整えている。
中国人は体を鍛えていないせいか、ちょっと歩くとすぐ疲れている。

2、
礼儀があって遠慮がちで話し声が小さいのが日本人。
どこでも地べたに座り、道にタンをはき、話し声が雷のように大きいのが中国人。
日本人は人に道を譲り赤信号も待つ。
中国人は我先にと道を歩く。

3、
芸術を鑑賞し、静かに写真を撮り、周りの環境を尊重するのが日本人。
中国人は写真を撮ったら足早に去り、景色の鑑賞もしない。
中国人は「ここに来た」というだけで満足らしい。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ