Tag : 不誠実
151121-2-001.gif

イギリスの研究:中国人と日本人が最も不誠実

イギリスのイーストアングリア大学が行った研究によると、正直さは国によって大きく異なり、また、正直であることはかつてほど国の経済成長にとって重要でないことを示しているという。そして、最も正直でない国は、どうやら中国のようだ。

この研究は、国によって正直さが違うか、また、それが国の経済的発展にどのように関連するかを調査するために行われ、15カ国から1500人以上が、正直な行動を測定するために設計されたオンライン調査に参加した。

調査ではまず、コインを投げ、それが「表向き」か「裏向き」のどちらに落ちたかを述べるように求めている。被験者には「表向き」に落ちた場合、3ドルか5ドルの賞金が出ることが知らされていた。もし、「表」と報告された割合が50%以上だった場合、その国は「不誠実」であることを示している。

次に、同じ参加者に対して音楽クイズが出された。被験者には、全問正解した場合は今回も賞金が出ると知らされていた。参加者はインターネットで答えを検索しないように求められており、次の設問に進む前には、自分自身で答えたことを確認するためのチェックボックスにチェックする必要もある。クイズのうち3問はわざと非常に難しい設問とされており、参加者が回答を得るためには何らかの調査が必要と思われるようなものだった。そのため、この3問のうち1つでも正解があれば、不正行為を行ったことを示唆している。

研究に参加したのは、ブラジル、中国、ギリシャ、日本、ロシア、スイス、トルコ、米国、アルゼンチン、デンマーク、イギリス、インド、ポルトガル、南アフリカ、韓国の15ヶ国で、様々な地域や発展の度合い、社会的信頼性の度合いを含むために選ばれている。

コイン投げの場合、うそをついていると推測される数は、最も少ないイギリスでは3.4%だったのに対し、最も多い中国では70%だった。クイズでは、日本の回答者が最も正直で、その後イギリス、アメリカと続いた一方、トルコが最も不誠実であり、中国はクイズでも2番目に不誠実な国だった。

コイン投げのテストでは、最も不誠実な国は、中国、日本、韓国、インドだった。しかし、アジア諸国の全てがクイズに関しては他の国々に比べて不誠実と言うことはなく、特に日本は最も誠実な国だった。コイン投げに関するアジア諸国と他の国との違いに関して博士は、正直さよりも、ギャンブルへの態度など、この種のテストに固有の文化的視点により説明できるのではないかとしている。

ヒュー・ジョーンズ博士は、経済的発展に関する文化や行動の根源に対する違いへの興味が高まっていたと話す。博士によると、貧しい国のほうが豊かな国より正直ではないため、国の正直さはその経済的発展に関係があるものの、この関連性は、1950年以前のほうがより強かったと語る。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです