Tag : 世界遺産
151216-2-001.jpg

日本の政権政党がユネスコ分担金の停止を決定、南京大虐殺世界遺産決定の件で

日本の政権政党自民党は今月14日に会議を開き、国連のユネスコが「南京大虐殺事件」を世界記憶遺産に入れる決議について、日本政府がユネスコへの分担金を停止する要求を近日中に正式に提出すると決定した。中国側は日本側に対しそういった主張やユネスコへの威嚇活動を即刻停止するように求めた。
日本メディアによれば、自民党は今回の会議でユネスコが南京大虐殺を世界記憶遺産に入れる決議を「撤回」するよう求め、関係する評議制度の「改善」を促すことを決定したようだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151029-5-1.jpg

南京大虐殺がユネスコ記念遺産登録に成功 日本はユネスコに分担金の支援を削減すると威嚇

日本メディアによれば、日本の外務省は談話を発表し、南京大虐殺の史料がユネスコ記念遺産に登録されたことについて「遺憾の意」を表し、国連の機関は公平性を欠いていると考え、ユネスコへの分担金援助について対応を考えると発表した。
報道によれば、2014年に日本が納めている分担金の比率は第2位のようだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150531-1-1.jpg

日本強制徴用労働施設遺跡を世界遺産申請 外交部「反対!」

日本の「明治工業革命遺跡」の遺産申請に対して、外交部の発言者華春瑩は、日本が申請している遺跡の中に、二戦で中国などの労働者を強制的に徴用した遺跡が多くあると指摘した。
労働者への強制的な徴用は日本の軍国主義が侵略した際の罪だ。
日本は歴史を正視すべきだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150520-3-1.jpg

日本が「神風特攻隊」世界遺産申請へ

鹿児島県南九州市知覧町は太平洋戦争末期に組織された「神風特攻隊」の基地が置かれた町。
「知覧特攻平和会館」には特攻隊員の遺物など関係資料が約1万4000点収蔵されている。
15日付で北京青年報が伝えた。

南九州市の霜出勘平市長は、これらの資料について、昨年に続いて今年も国連教育科学文化機関(ユネスコ)に世界記憶遺産の登録申請を行うと発表した。
南九州世界記憶遺産推進室室長を務める同会館の上野勝郎館長らと東京都内の外国人記者クラブで会見し、記憶遺産への登録申請は「世界中の人々に戦争の悲惨さを伝え、2度と同じことを繰り返さないためだ」と改めて説明した。

だが、外国人記者からは申請の動機に対する強い疑問が投げかけられた。
中国国営新華社の記者は、「市長らは低姿勢だったが、記者の質問には黙り込んでしまったり、お決まりの言葉を並べ立てたりするだけだった」と印象を語った。

英紙タイムズの記者が「同会館を参観してみて、神風隊員は崇高な死を遂げたという印象が残った」と質問すると、市長らは「展示物の説明では平和の尊さを前面に押し出している」と答えた。
ドイツ人記者からは「戦争を繰り返さないためには責任の所在をはっきりさせる必要がある。誰が責任を負うべきだと思うか?」と聞かれたが、「自分たちは答える立場にない」と回答を避けた。

新華社記者によると、同会館では神風特攻隊員が「悲劇の英雄」として扱われていた。
参観した人が戦争への反省ではなく、特攻隊員への同情や崇拝を抱くようになっており、まるで自分たちは戦争の被害者と言わんばかりだったと指摘している。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ