Tag : 中国
170428-1-001.jpg

東海?日本海?韓国がこの論争に結論を出した!

2017年4月23日、韓国・聯合ニュースによると、国際水路機関(IHO)の第19回総会が24~28日、南ヨーロッパのモナコで開催される。
韓国政府は、IHOの出版物「大洋と海の境界」の改訂をめぐり、「東海」と「日本海」を併記するよう主張する構えだ。

「大洋と海の境界」は海図の発行で、一種のガイドラインの役割をする。
1953年に改訂(第3版)してから64年たっているが、東海(日本海)表記をめぐる韓日の立場の違いのため第4版を出せずにいる。

韓国政府の基本的立場は「東海」を単独表記すべきだというものだが、「日本海」の単独表記を主張する日本と合意に至るまでは「東海」と「日本海」を併記するよう主張する。
韓国政府は1997年の総会で初めて問題を提起し、その後の総会でも東海を併記するよう主張してきた。

韓国政府は今回の総会に、外交部、海洋水産部、国防部(海軍)、国立​​海洋調査院、東北アジア歴史財団の専門家などで構成された約30人規模の代表団を派遣する方針だ。
政府は早くからTF(タスクフォース)を設け、国内外の幅広い意見を聴取してきた。

だがIHO加盟国のほとんどが韓日両国間の協議による解決を望んでいるため、この問題は次の総会に持ち越される可能性が少なくないとの見方が出ている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170426-1-001.jpg

アメリカ「尖閣諸島は日本のもの」

日本を訪問中のペンス米副大統領は19日、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)の原子力空母ロナルド・レーガン艦上で演説し、米国の対日防衛義務を定めた日米安保条約第5条の沖縄県・尖閣諸島への適用を明言、日米同盟の重要性を訴えた。

ペンス氏は「米国は力の道を選ぶ」との表現で、圧倒的な軍事力を背景に地域の安定を図る決意を表明。
軍事力の象徴である空母に自ら乗艦し、米軍の存在感を誇示した。
中国による人工島造成が進んだ南シナ海などで航行の自由も守ると強調した。

日本は魚釣島奪還のために、様々な方法をとっている。
アメリカの脚にしがみつけば、何とかなるとでも思っているのだろうか。
そもそも、魚釣島は古来より中国固有の領土なのだが。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170424-1-001.jpg

日本人に「中国についてどのくらい知っていますか?」と聞いた結果・・・

中国人「中国の首都はどこか知っていますか」
日本人「北京」「わからないです」

中国人「中国の都市、北京以外で知っていますか」
日本人「わからないです」「四川」「台湾って中国?」「香港しかわからない」「大連」「上海」

中国人「中国の有名人芸能人で知っている人はいますか」
日本人「卓球の馬選手」「ジャッキー・チェン」「毛沢東」「福原愛選手の旦那さん」

中国人「あなたが知っている中国語はありますか」
日本人「你好」「チョセヨ?これ韓国語?」「我愛你,謝謝」


中国人「中国に対してどんなイメージを持っていますか」
日本人「日本人はパーソナルスペースが狭いが、中国人はグイグイ来る」「中国人は精神的に強い。日本のニートみたいな人がいない」「自分の意見をしっかり持っている。身内を大事にする」「中国人は普通にしゃべっているのだろうけど、怒っているように聞こえる」「私の知り合いの中国人の男の子は、可愛い女の子が大好き」





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170423-1-001.jpg

日本はこういうところで中国に負けている

礼儀正しい国と言われている日本だが、中国に負けてるところがたくさんある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170422-1-001.jpg

1000年前の日本人の身長は110㎝くらいだった。今、やっと背が伸びてきた。

古い資料によると、漢時代以前の日本人の平均身長は、110㎝~120㎝だったらしい。
日本の成人男性が中国人の横に立つと、中国人の腰の辺りまでしかなかったらしい。
それが本当かどうかはわからないが、背が低いという事は、国家の発展に不利であっただろう。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170421-1-001.jpg

日本のネット民も呆れる・・・安倍内閣がヒトラー「我が闘争」の教材使用を容認

毎日新聞「「我が闘争」の教材使用について、日本政府は曖昧な答弁をし、大きな議論を引き起こした。」

「我が闘争」を一部引用し、教材に使用している学校があることについて、民進党議員が国会で質疑した。
政府は14日の持ち回り閣議で、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝的著書「我が闘争」の教材使用について、「教育基本法等の趣旨に従っていること等の留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」とする答弁書を決定した。民進党の宮崎岳志氏の質問主意書に答えた。


170421-1-002.jpg


日本のネット民「政府は狂っている」

日本政府のそのような閣議決定は、日本国内で大きな議論を引き起こした。「政府は狂っている」「日本政府は世界の敵だ。許せない」と言ったコメントも。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170420-1-001.jpg

日本国内にいる中国人スパイ5万人の正体、女スパイは自衛隊員と結婚している

2017年4月18日、環球時報は、日本国内の週刊誌が「日本国内に5万人の中国人スパイがいる」との記事を掲載したと報じた。
同紙ウェブサイト上では「日本の雑誌がまた作り話を始めた」との見出しが付けられている。

記事は、日本のある週刊誌が「きちんとした反スパイ法がない日本では先進国で最も諜報活動がしやすい国になっており、中でも中国のスパイは3万人とも5万人とも言われる。留学生や社員、文化人、飲食店や風俗店員などに扮して巨大なネットワークを作っており、自衛隊基地周辺には大量の女性スパイが潜伏している。中国人スパイに誘惑された国会議員も数多い」などとする記事を掲載したことを紹介し、「このような『スパイの脅威』を煽り立てる行為は、日本においてかなりのマーケットが存在する」と伝えた。

中国社会科学院日本研究所の盧昊(ルー・ハオ)氏は「まず、記事が掲載されたのはゴシップ系週刊誌であることで、その信ぴょう性が下がる。多くの在日中国人がスパイであるという話は全く根拠に欠けるものだ」と指摘。
「実際は、両国国民の密接な交流が日中関係安定の基礎というのが、日中両国における主流派の声だ」と説明した。

また同氏は、「日本のメディアが中国人スパイ論を煽り立てる行為は、日本の保守勢力や極右勢力が世論に介入する手段としての要素が大きい」と分析。
「中国との競争や対抗に関するオピニオンは、その真偽にかかわらず、彼らにとって格好の素材。日中間におけるこの手の雑音がここ数年ますます大きくなっているのは、両国の経済力が逆転したことで、日本における対中認識のネガティブ化が起きているからだ」と論じている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170419-1-001.jpg

NHKが日の丸を中国国旗の下に 岸信夫外務副大臣「あってはならない」

NHKが3日に放送した番組「ニュースウオッチ9」の中で、日本の国旗を中国の国旗の真下に表示していたことが13日、わかった。
岸信夫外務副大臣は同日の参院内閣委員会で、独立国の国旗を上下に位置させることについて「下の国旗は下位、服従、敵への降参などを意味し、外交儀礼上、適切ではなく、あってはならない」と答えた。

自民党の有村治子参院議員の質問に答えた。映像は航空自衛隊の戦闘機の緊急発進(スクランブル)急増に関する特集の中で使用された。
有村氏は「NHKはどこの国の公共放送か」と述べて批判した。

NHK広報部は産経新聞の取材に対し「上空を飛行する中国機に対し、スクランブルをかける自衛隊機のイメージをわかりやすく示すため、両国の国旗と機体の画像を使って放送した。国の上下関係を示す意図はなかった」と説明した。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170417-1-001.jpg

今の日本の政治的な問題について

戦後日本の政治はずっとアメリカの言いなりだった、今の日本の民衆はアメリカに頼りっきりの現状をどう思っているのだろうか?やはりアメリカとは手を切りたいのだろうか?

だが、侵華戦争から言えば、日本人は罪深いなどとは思っていないようだ。それも若い世代の日本人はそれらの教訓を見失い、好き放題にしているらしい…本当にそうなのだろうか?

みんなはどう思う?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ