Tag : 中国人
151004-2-1.jpg

日本での外国人犯罪率は中国人がトップ

日本共同通信社の記事によると、警視庁が公表した統計では、今年前半検挙された外国人犯罪は9096件で、去年の同時期より37.7%も減少したということだ。
逮捕された容疑者は5996人で、去年と比べて10.8%も減少した。

そのうち、在日中国人による空き巣は4567件から1676件に減り、在日ブラジル人による自動車の部品を狙う窃盗は2065件から555件に減少し、それぞれ63.3%と73.1%の減少率を示した。
そのおかげで事件の総数が減ったということです。

それから、日本の警察による取り締まりの強化もそのような事件が減る理由の一つだと言われている。
全国の郊外にある1400カ所の自動車リサイクル工場が自動車部品窃盗犯罪の温床になっている可能性があるとして、警察は6月に400カ所を強制捜査した。

池袋駅北口付近には「中国人ビル」と呼ばれた建物があるらしい。
内部の事情に詳しい人によると、そのビルは「闇取引ビル」とも呼ばれ、大量の闇取引がビル内で行われているとのこと。
経営者はほとんど中国人だそうだ。

犯罪者の国籍の比率を見ると、中国大陸人は2330人で全体の38.9%を占めている。
その次は韓国人の12.1%、フィリピン人の9.9%、ベトナム人の6.4%とブラジル人の6.3%だった。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

昔は孔子のような偉人を輩出しておきながら、今の中国人はなぜダメダメなのか

150807-4-1.jpg

1: アルゼンチンバックブリーカー(大阪府)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 11:52:18.33 ID:T1X1fwNM0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典

中国、春秋時代の学者で儒教の祖でもある孔子は、欧米でもとても知名度が高く、人気があります。

人気の秘密は、真理を問う言葉の数々。処世術やリーダーシップにおいて、彼の言葉を参考にした書籍も数多く出版されています。

そもそも「啓発」という言葉は、彼の論語「憤せざれば啓せず、悱せざれば発せず」が由来なのです。

ここでは米メディア「Higher Perspective」が選んだ、孔子の名言を紹介しましょう。


01.自分がやりたくもないことを他の人に求めるな。

02.本当の智とは、無知を知ることにある。

03.物事とは、聞いた後に忘れ、見た後に覚え、やった後に理解するものだ。

04.全てのものは美しい。しかし、全ての人に見えるわけではない。

05.賢者は正義を知り、愚か者は優越を知る。

06.どこへ行こうとも、信念だけは忘れるな。

07.栄光は不落にはない。それは、立ち上がり続ける中に見えるものだ。

08.考えずに学ぶ者は、迷いの中にいる。学ばずに考える者は、危険の中にいる。

09.完璧な仕事をする人間はまず、道具を磨く。

10.もし、自分の心に問いかけても間違いが見当たらなかったのならそれ以上何を心配し、何を恐れる必要があるのだ?


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1437447138/




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150331-2-1.jpg

なぜ西洋人は中国人を嫌っているのか

なぜならあなた達に信仰がなく、風俗が特殊で、行動がひねくれていて、秩序を守らず、ルールを壊し、他人に影響を与え、悪者の手先の心を持ち、皇帝のようだからだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150318-8-1.jpg

在日中国人が何かをやらかしたニュースはよく見るけど

中国江南で産する橘(※)はたいへんな美味であるが、淮水(淮河)以北に植えると橘は枸橘となる。
中国本国で罪を犯さないのに日本に行くと罪を犯すようになったのも環境のせいじゃないか?

※日本固有種のタチバナではなくマンダリンオレンジのこと



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150301-2-1.jpg

春節休みの間、中国訪日客が日本でどれだけのお金を使ったのだろう?

春節休みの間、中国訪日客が日本でどれだけのお金を使ったのだろう?
去年の平均消費量から計算すると、ひとりあたり24万円なので、少なくとも1125億円使われているらしい。
いまは円安なので、実際にはもっと多いだろう。
そして日本には“爆買い”という新しい単語が生まれた。
報道によると、帰国ラッシュはすでに始まっており、空港は大混雑だそうだ。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150301-1-1.jpg

春節で日本を訪れた中国人のマナーが悪すぎる 銀座の街中でおしっこをさせる中国人母、記者に注意されるも全く気にせず

日本に観光旅行に来ていた中国人女性の困った行動が日本のテレビで放映された。

この女性は東京・銀座の街頭で、子どもにおしっこをさせていた。
テレビのリポーターが、店の前での迷惑行為を注意したところ、「おしっこはビニール袋の中にさせている。地面を汚していない」と反論したという。

この情報に日本で暮らす中国人からも非難の声が上がっており、ある人は「銀座にはたくさんの店がある。
トイレを見つけるのは簡単なこと。
駅や公園にだって無料で利用できるトイレはあるはずだ」とコメント。
ネットユーザーからも「中国人のマナーに対する意識が低い証拠。海外旅行ができるだけの経済力があるのに、どうしてこんなにひどいのか」との声が出ている。

一方で、中国のあるネットユーザーは「これは個別のケース。中国人全体を指してマナーが悪いというのは言い過ぎだ」とコメント。
さらに「リポーターが絶好のタイミングで現場に到着したのはおかしい。
中国人観光客のみっともない姿を撮ろうと待ち構えていたのでは」と指摘する人もいる。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150211-1-1.jpg

中華民族は善良な民族だ。

我々は被害者を救いに行くような民族ではない。
それでは永遠に救いきることはできない。
我々が救おうとしているのは加害者の方だ。

被害者も加害者に変わることがある。
加害者がいなくなることはない。
最初の肝心な時に加害者を救わなければ悪循環になる。
厳重な処罰だけで贖いがない。
戒律だけでは恩恵はない。

戦争に正義はないと言える。
どんな口実を使ってでも自分を守ればいいのだ。
だが攻撃者の命を守ろうとするとき、こんな言葉がある。

「攻撃は最大の防御だ。」

それでは純粋な意味での「防御」と「正義」とは何なのか?

戦争中は、被害者であれ加害者であれ、医者はケガ人を助ける。
だが誰が加害者を救うだろうか?
彼らは孤立した集団なのだ。
被害者になる人は加害者への復讐を続けるだろう。
誰も彼らを救おうとはしないのだ。

もし盗賊が誰かのものを盗んだら、悪人は恨み骨髄に達し、死体を切り刻みたくてならなくなる。
だが善人はものを取り戻して彼を許す。
彼が更生することを望むのだ。
しかも何か助けられることはないかとまで聞いたりするのだ。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150207-2-1.jpg

愛知県中国人強盗殺人事件の裁判が始まる。被告は罪を認めた。

中国籍の無職林振華(31歳)が2009年愛知県蟹江町で山田嘉保子(当時57歳)の母子3人を殺人、傷害を与え、現金約20万円を奪って逃げた事件で19日、名古屋地裁は初高裁が開かれた。
2人を殺害した起訴内容を被告は認めた。
林某の弁護士は「被告はわざと殺したのではなかった。現金などについては窃盗罪に当たるが、強盗ではない。」とした。
起訴文書によると、2009年5月1日夜10時頃、林は山田家に侵入し、山田およびその次男の雅樹(当時26歳)を殺害し、三女(今年30歳)に全治2週間の怪我を負わせ、現金及び時計などの物品を奪って逃走した。捜査員によると、林某は事件現場に半日以上もおり、飯を食べただけでなく血のついた服も洗ったという。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

141229-6-1.jpg

中国人と日本人の民族的特性を簡単に分析する

日本人は分析と計算に長け、物事を極限に細かいところまで分解できる。
そしてそれに没頭して疲れを感じない。
集団の中で自分の価値を発揮することに長けている。
我々が日本人と付き合う時には日本人は「肝が小さい」と感じる。
日本の規律感は強く仕事に対して変態的にまじめになる民族である。
日本人は謙遜で礼儀がある。
だが日本人は媚びへつらう民族だ。
彼らは新しい創造には長けていないが、改造には非常に長けている。
基礎の上に新しいものを作るのだ。
地理的な要因から、日本は攻撃性や侵略性に富んでいる。
それに比べて、中国人は一般に全面的、全体的、大まかな視点から物事を扱う。
個人の能力は強いが集団としては弱い。
軟弱な者が比較的多く、悶着を起こすのを恐れる。
比較的中庸だが、何かあれば頭を使う賢さを持つ。
具体的には人による。
無数の長所と短所を持つ民族だが、戦って勝つことはできない。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです