Tag : 中国経済崩壊
180513-1-001.jpg

日本の不動産バブル後期はどんな様子だったのか?

日本の不動産バブルは80年代中期に発生し、92,93年まで続いた。プラザ合意の後、日本円は上昇トレンドに入り、国内外からの資本が日本の不動産市場と株式市場に集まった。日本経済も不動産市場の成長に頼るようになり、日本円の持続的な上昇から、日本人は誇らしげにロックフェラーセンターのビルを購入した。最も狂っていた時期には、東京のひとつの区の不動産価格だけでアメリカが買えるほどだった。これが日本のバブルの始まりである。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160504-1-001.jpg

中国はどうやって発展したの?

ずっとわからないのは、経済はどうやって発展してるのかってことだ。
技術の発展?
どのくらいの人が新しいものを作り出すことに集中できる?
計画経済?
みんなが俺様のようにふんぞり返ってるだけで全然ダメだ。
全て隠さずに本当の事を言ってくれ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160130-1-001.png

中国のGDPは日本の2倍だけど

なんで生活はこんなに苦しいんだ?
GDPって増えると何か良いことあるの?




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160113-1-001.jpg

中国経済崩壊を予見する信憑性あるデータ

・30年で人民元の下落は600%を超える。
・10年で住宅価格の上昇は500%を超える。
・都市と農村の貧富の差が広がっていて、1978年は1.8:1だったのが2009年には3.5:1となっている。
・政府支出のうち財政支出が占める割合は、中国は30%で日本は4%だ。
・100万ドルごとのGDPの財政支出人員は中国が39人、日本は1.38人。
・中国の正社員の平均賃金はアメリカの6%なのに中国の平均住宅価格は既にアメリカを越えている。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151223-1-001.jpg

中国不動産バブルと日米不動産バブルの違い

日米の不動産バブルは戦後の経済発展で大量の資本が不動産市場に流入した為だが、中国は景気が低迷している時にお金を大量に発行することによりバブルになった。
明らかに危ない感じがする。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです