Tag : 九谷焼
150726-3-1.jpg

日本の陶器の作り方は中国から学んだみたいだけど、本当ですか?

九谷焼は彩色磁器だ。
日本の九谷で始まったため、そう名づけられた。
350年の歴史がある。
明朝末、中国の彩色磁器が日本に輸入され、当地の人に好まれ早く発展した。
そのため中国風が感じられる。
製作の過程は採石、粉砕、ふるいで選別、澱み、成形、焼き、素焼き、絵画、施釉、燃やし、彩色で描いてまた燃やしなど10数の工程がある。
古九谷焼で作られた磁器はやさしく、色合いが強く、赤、黄、緑、紫、靑五色を運用し、大胆に構図し、ラインが自然流暢で、豪放、秀麗、華奢な工芸品だ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです