Tag : 公務員
151212-1-001.jpg

日本の公務員や政治家は給料安いのになんで汚職しないの?

日本政府が第三次安倍内閣の新閣僚10名の保有資産を公開した。
家族の資産も含まれている。沖縄北方担当相島尻安伊子氏が1億1551万円でトップ、国家公安委員長河野太郎氏が1億100万円で、この二人が1億円を超えた。内閣全体の平均保有資産は7646万円。新閣僚10名の平均は6123万円。閣僚本人の平均保有資産は2935万円。

閣僚の資産状況を見ると、決して多くない。小企業の社長や大企業のサラリーマンの収入のほうが、閣僚を超えているのではないかと思う。
一般の公務員の給料はもっと低いだろう。中国の公務員よりも低いと思う。日本の公務員は安定しているが、給料は安く、年収は600万円くらいだ。大企業なら給料の増減の幅がある。

日本の公務員は給料が安いのに、なぜ汚職をしないのか?
日本政府は公務員に接待を受けてはならない、受けた場合は解雇だと定めている。また、利益関係者とのワリカンやゴルフも禁止している。

公務員にも福利厚生がある。公務員宿舎は、安い家賃で広い家に住める。安定した日々、そして定年退職するときには多額の退職金がもらえる。

だから、公務員家庭はたとえ貯金が無くても、汚職の道へは進まない。リスクを冒して汚職したところで、解雇されてしまうからだ。

また、日本の公務員は将来海外に移住するための資金を貯める必要がない。
日本の手厚い社会保障制度があれば、公務員は毎月給料をスッカラカンにして毎日飲み歩いても、老後の心配はないのだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150901-1-1.jpg

中国各時代の官吏と庶民の比率

西漢~唐 1:7945
元 1:2613
明 1:2299
清 1:911
現代 1:67
また、政治費用のGDPに占める割合が中国は25.6%、インド6.3%、アメリカ3.4%、日本2.8%である。
これは数年前のある学者によるデータだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150414-2-1.jpg

日本は「国家公務員倫理法」を実施している

2000年4月1日、日本は「国家公務員倫理法」を実施し始めた。
国家公務員の行為を厳格で、細かい制限し、さらに国民の疑いを招くような信頼できない行為を一切禁止した。
それと同時に、情報公開などの改革も進行している。
「倫理法」は実施したばかりのとき、大多数の公務員に反対された。
厳しすぎてできないと言う人もいれば、仕事する積極性に影響するという人もいた。
しかし今はほぼ全ての公務員が慣れている。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150124-3-1.jpg

公務員の給料が上がるけど、みんなどう思う?

人社部副部長胡暁義は機関事業単位の養老保険制度改革について記者の質問に答えた。
1月14日、国務院は<機関事業単位工作人員養老保険制度改革の決定>を発表した。
決定は2014年10月1日からで、機関事業単位と企業職工養老制度の実現と執行である。
発表会で、胡暁義は改革後にほとんどの人が税金等を収めた後の収入が下がることはなく、少し増加するということを明らかにした。

北京青年報の記者の理解では、現在既に一部の中央部委公務員の給料は調整が始まっているようだ。
ある部委正局級幹部が北京青年報の記者に伝えた。
2015年1月の給料は既に支払われた。
税金を控除して9000元(約17万円)あまりだ。
過去と比較して1800元(約34000円)増加している。
上述の幹部が言うには、所在部門部級幹部の月給は2400元(約45000円)上がっており、局級は1800元、普通の科員は1000元(約18000円)ほど上がっているそうだ。

別の中央機関の主任科員が言うには、自分は毎月1000元ほど上がる。
今月は当月の給料以外に、去年1月からの上がった分の給料をもらうそうだ。

いくつかの部委の公務員は言っている。
彼らの理解によれば、公務員の給料は「同じ都市で同じ報酬」となるようだ。
つまり、部委機関と北京市直機関の公務員の給料は同じになるのだ。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ