Tag : 共産党
160229-1-001.jpg

日本の高校生が全国で安保法案に反対するデモ 安倍政権打倒を叫ぶ

日本の高校生が安保法に反対するデモを行う

台湾東森新聞の2月22日の報道によれば、日本の安保法案に反対する高校生組織T-nsSOWLが21日、日本全国にデモを呼びかけ、東京渋谷で数百人の高校生が「打倒安倍政権」をスローガンに、1時間にわたってデモを行い、安保法への反対と安倍政権打倒等の要求を叫び、支持を表明する大学教授等も学生を応援した。

デモはT-nsSOWLの高校生で、デモの民衆と共に「戦争反対」、「我々には憲法のわからない総理はいらない」、「打倒安倍政権」、「安保法絶対反対!」、「安倍は辞任しろ!」などスローガンを叫び、T-nsSOWLも「我々は憲法に違反する安保関連法制と安倍政権の総辞職を要求する」という声明を主張し、その愛用は反安保法大学組織「SEALDS」と同様に安倍政権の辞任を求めるものである。

日本の産経新聞の報道によれば、このデモは日本の高校生団体が主体となっている、だが参加者の中には中年の人等もいるようだ。

去年7月、日本の民衆の強烈な抗議の声の中、執政党が中心となった日本の国会衆議院の強行表決で政府が提案した安保関連の法案が可決された。それから、日本各地の抗議デモや集会はずっと続いている。

日本の新安保法案は「日本や日本と密接な関係にある国を武力攻撃にさらすもので、日本の存亡に対する威嚇、国民の権利が徹底的に剥奪される危険な」状況であると定義している。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160122-1-001.jpg

もし国民党が政権を握って、資本私有制を実施してたら、今の中国はどうなっていた?

誰でも欲があり、富への欲求も同じだ。
共産党が執政してから共産主義を実施し、人々それぞれに配給し、共に食べ、共に労働し、私有財産はなくなった。
これで人の生産積極性が失われた。
それに、当時の西側国家が中国を封鎖したので技術交流も少なく、80年代改革開放後の30年でやっと発展した。
もし国民党が執政してたら、資本私有制を導入し、人々は富に憧れ努力していただろう。
私有制を行うことで、人はしたいことをする。
当時の6億の人口で、膨大な市場、豊富な資源、緩んだ国際環境なら、今より発展してたかな?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです