Tag : 南シナ海
161025-2-001.jpg

日本が発狂、フィリピンに南シナ海仲裁裁判を守るよう呼びかける

中国 「日本は世間知らず」

中国とフィリピンが南シナ海の領有権争いを「一時棚上げできる」で一致した。「日本政府は南シナ海仲裁裁判の結果を尊重するようフィリピンに呼びかけている。

(共同通信)菅官房長官は記者会見で、「フィリピンは地域の重要な戦略的パートナーであり、この機会をとらえて、フィリピンとの間で、戦略的パートナーシップの一層の進展に向けて、しっかり取り組んでいきたい…、フィリピンは地域の重要な戦略的パートナーであり、この機会をとらえて、フィリピンとの間で、戦略的パートナーシップの一層の進展に向けて、しっかり取り組んでいきたい
などと述べました。それに対して、中国外務省の報道官は記者会見で、日本は直ちに関係国を離間させるような発言をやめるよう促した。

中国外交部報道官:「日本政府の言動について、「世間知らず」としか言いようがありません。南シナ海問題を対話で解決することに一致することは、中比両国国民の利益に適うもので、地域の安定と平和にも有益だ。日本政府は「地域の安定と言いながら、それが本当に実現しようとするとなぜか焦りを感じ始めた。日本がこれ以上南シナ海問題に介入するような行動をやめていただきたい。現状をしっかり認識できる人なら日本の本当の意図に気づいたはずです。日本がこれ以上、関係各国を離間させるような言動をやめ、地域の平和にも建設的な役割を果たすよう求める。」





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160601-1-001.jpg

G7首脳宣言で南海(南シナ海)問題に懸念

日本で行われたG7首脳会議(伊勢志摩サミット)の首脳宣言に、中国による人工島造成など一方的な海洋進出の動きを踏まえ、南シナ海の現状への「懸念」が明記された。
中国外交部はサミットが閉幕された27日、横井裕・駐中国大使を呼び出し、抗議した。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151128-5-1

南シナ海問題:戦争は一触即発?

オーストラリアとの“2+2”会議で中国が南海(南シナ海)での行動は注目される問題となっていた。
日本の中谷防衛大臣はこの議題をアーストラリアと議論に持ち込でいた。
会談中、中谷大臣は「中国が南海での行動はわがままであり、許せない」と指摘した。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150730-4-1.jpg

日本は南シナ海への軍事介入を将来的に考えているらしい 日米同盟を強調

自民党が新安保法案を強行採決し、日本国民の怒りを買っているが、それと同時に外界では“平和主義日本”への疑念が高まっている。
この法案が通ったことによって、“パンドラの箱”が開けられた。
日本は再び戦争をすることができる国になってしまった。
中国などのアジアの国々は、日本が今まで通り戦争をしないことを望んでいる。
国際的に第二次世界大戦終結70周年を記念するなか、安倍首相の歴史ねつ造への批判の声も高まっている。
安保法案について、アメリカの記者が日本の自衛隊最高長官にインタビューしたところ、「南シナ海での定期巡航と偵察」との言葉があり、これは以前安倍首相が酒の席でもらした「安保法案は南シナ海にいる中国に対してのもの」という発言の裏付けであろう。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150623-1-1.jpg

米太平洋軍司令官、日本政府に強い期待 「南シナ海は(中国の)領海ではない」「自衛隊哨戒を歓迎する」

在日米軍や太平洋艦隊などを統括する米太平洋軍のハリー・ハリス司令官は東京・赤坂の米国大使館で日本メディアと会見し、中国の人工島造成などで緊張が高まっている南シナ海は「公海であり、領海ではない」と指摘した上で、海上自衛隊の哨戒活動を「歓迎する」と述べた。

また、日本の国会で審議が続いている集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案の成立に強い期待を示すとともに、新たな「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」の具体化とあわせ、日本がアジアの安全保障に積極的に貢献しようとする姿勢を評価した。

司令官は南シナ海での中国の活動について「砂で作った城で主権を築くことはできない。主権はルールと規範、そして国際法を基にしなくてはならない」と指摘。
中国が東シナ海で一方的に設定した防空識別圏については「無視している」と述べ、南シナ海で識別圏が設定されても活動を続ける構えを示した。

一方、司令官は北朝鮮に関し「日本や韓国にとって最大の脅威。米国のグアムやハワイにとっても最大の脅威だ」として、日米韓の協調の重要性を強調した。

司令官はこの日、首相官邸で安倍晋三首相と会談した。
首相は「同盟関係をさらに確固たるものとして地域の平和と安定をより確かにしたい」と述べ、司令官も「日米間では共有する問題も多い。緊密に協力することを約束する」と応じた。
ハリス司令官は神奈川県横須賀市生まれの日系人。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150608-3-1.jpg

日本防衛相、ASEAN加盟国の南シナ海での警戒監視能力向上支援

中谷元(げん)防衛相は30日、シンガポールで開かれているアジア安全保障会議(シャングリラ対話)で講演し、南シナ海での中国による人工島建設について「わが国を含め周辺諸国は不安を抱いている」と強く批判した。
また、アジア太平洋地域の平和と安全の確保に向け、潜水艦事故を防止するための枠組み作りを柱とする「シャングリラ・ダイアローグ・イニシアチブ」(SDI)を提唱した。

SDIに関しては、
(1)潜水艦事故防止などの海と空における共通のルール・法規の普及
(2)東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国の警戒監視能力向上支援など海と空の安全保障
(3)災害対処能力の向上
の3本柱を示した。

また、カーター米国防長官は、南シナ海で急速に人工島を築き滑走路を建設する中国について、「アジア太平洋地域の安全保障を構築する規範と国際法から逸脱している」と批判。
同盟国や友好国と対中圧力を強めていく姿勢を示した。

カーター氏は、南シナ海の緊張緩和に向け、領有権を主張するすべての当事国が、岩礁の埋め立て行為を「即時中止すべき」と指摘。
東南アジア諸国と中国が策定中の南シナ海の紛争回避に向けた「行動規範」について、年内に結論を出すよう促した。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150423-4-1.jpg

中国の南シナ海への進出について、G7が団結し中国をけん制


先進7か国(G7)外相会合が15日、リューベック市内で開かれ、「海洋安全保障に関する外相宣言」を初めて取りまとめた。

海洋の「大規模埋め立て」などの一方的な現状変更に反対するとし、中国による南シナ海での岩礁埋め立てを非難した。
共同声明では、ウクライナ東部の停戦合意の完全な履行をロシアに求め、日本人人質事件を起こしたイスラム過激派組織「イスラム国」を「強く非難する」とした。

 外相宣言では、「東シナ海及び南シナ海の状況を引き続き注視」するとし、「大規模埋め立てを含め、現状を変更し、緊張を高めるあらゆる一方的な行動を懸念している」と明記した。
さらに、「威嚇、強制、力による、領土または海洋の権利の主張を目的とするいかなる試みにも強く反対する」と強調した。

 中国は近年、東シナ海の沖縄県・尖閣諸島周辺で領海侵入を繰り返し、同諸島を含む防空識別圏を設定している。
日本のシーレーン(海上交通路)である南シナ海では、岩礁を埋め立て、軍事利用が目的とみられる施設の建設を進めている。

 外相宣言は、中国を名指しすることはしていないが、「東シナ海及び南シナ海の状況」という表現で、こうした中国の威圧的な行動を対象にしていることを明確にした。
G7で一致して中国をけん制する狙いがあるとみられる。
6月にドイツ・エルマウで開かれるG7首脳会議でも、海洋安全保障が議論される見通しだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです