Tag : 南京大虐殺
171214-1-001.jpg

日本の5大出版社が揃って南京大虐殺を否定している

勤勉で、真面目で、情熱的なイメージを世界に与えている日本人は、なぜか南京大虐殺だけどうしても認めようとしない。それどころか、被害者面して同情を買おうとする。

日本の5大出版社は、このように南京大虐殺を教科書に記載している。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

171011-1-001.jpg

敗戦後、南京に残った日本人はどんな生活をしていたのか

敗戦後、日本政府は中国残留日本人の帰国を禁止するという前代未聞の恥知らず政策を発表した。南京でもたくさんの日本人が残っていた。中国人の恨みにさらされた彼はどんな生活をしていたのだろうか。

当時南京に居た日本人が2万人ほど。中国人からのとてつもない殺意から彼らを守るために、当時の中国政府は日本軍が使っていた兵営を改造し、彼らの居住地にした。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170824-1-001.jpeg

カナダが「南京大虐殺記念日」制定へ、日本の阻止は徒労に

2017年8月21日、中国メディアの海外網は、カナダ東部のオンタリオ州で「南京大虐殺記念日」を制定する動きがあることについて、日本がそれを阻止しようとしているが、徒労に終わる可能性が高いと伝えている。

日本メディアによると、9月からのオンタリオ州議会で旧日本軍が南京を占領した12月13日を「南京大虐殺記念日」と定める法案を審議する可能性があることを受け、自民党の複数の有志議員が6月16日付で、同州議会に対し、「関係国間で好ましくない論争を引き起こし、日本人や日系カナダ人への風当たりが強くなり、政治的な緊張が生じる」などと懸念を伝える意見書を送付したという。

中国メディアの参考消息網が日本メディアの報道を引用して伝えたところによると、法案提出議員による昨年12月8日の趣旨説明の際は賛成意見が相次いだという。
韓国系議員も「日本軍は約30万人の中国人を冷酷に虐殺し、中国人女性と子供2万人以上をレイプした」「人類史上、最も大規模で非人道的虐殺の一つだった」などと賛意を表明。
これに対し、現地の日系文化会館が中心になって記念日制定に反対する署名活動を始めたが、同州は中国系人口が集中しており、成立する可能性が高いという。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170607-1-001.jpg

アパホテル、東京五輪時も「南京大虐殺」否定の書籍撤去しない方針

2017年6月3日、央視新聞によると、日本のビジネスホテルチェーン大手のアパホテルが南京大虐殺を否定する書籍を客室に置いた問題で、同書籍の著者で同グループ代表の元谷外志雄氏は2日、20年の東京五輪開催時にも本を撤去しないと表明した。

元谷氏は著作の発表会に出席し、問題の書籍について「東京オリンピックだからといって撤去する意志はない。私のホテルに私の書籍を置いて何がおかしいのか」と答えた。

この問題をめぐっては中国、韓国の世論が強く反発していた。
東京五輪期間中、都内のホテルは満室になると予想されるが、アパホテルの今回の対応を受け、中国や韓国からの予約は減るとみられる。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170601-1-001.jpg

南京大虐殺の歴史を否定しようとする日本人がねつ造した一枚の写真がひどすぎる件

これは日本の歴史教科書に使用されている写真だ。「昭和12年12月、日本軍は南京を占領した。戦火からおばあちゃんを助け出し、安全なところにまで運んだ日本軍兵士がいた。」というのは日本側の説明だ。

この写真の目的は言うまでもなく、日本軍の罪を隠すためだ。「中国を侵略したのも、南京を占領したのも、中国を助けるためだ」と日本人は学生たちに教えている。
この写真をよく見てください。助ける側が満面の笑みだが、助けられた側はなぜか顔がこわばっている。
詳しく検証した結果、この写真が日本の従軍記者の作品であり、日本軍の罪を隠すために撮ったものであることがわかった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170407-1-001.jpg

旅順や南京での大虐殺や侵略に対する日本人の論理が狂ってる・・・

毎回中国人が、日本の中国に対する壮絶な大虐殺を批判する時、日本人は反論する。

・あなた達は趙国(周代の国名で戦国七雄のひとつ)の四十万人を殺した。南京大虐殺よりも多い。
・モンゴルは漢人に対し大虐殺を行っていないのか?
・清軍が殺した人数は日本人よりも多い。
・あなた達は大飢饉、文革で数千万人を殺したのではないか?
・秦の始皇帝、洪秀全、李鴻章それにチンギスハンは大日本帝国よりも狂ってはいないのか。

だから日本が旅順や南京で大虐殺を起こしても何のことはないということらしい。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170401-1-001.jpg

また日本が南京大虐殺の犠牲者数を誤魔化そうとしている・・・

中国外務省の華春瑩報道官は24日の記者会見で、南京大虐殺の死者数に関して「人数は定まっていない」などの追記を求めた日本の教科書検定について、「日本政府が意図的に歴史を薄めたり、否定したりするのは極めて間違った無責任な行為だ」と非難した。

華氏は「南京大虐殺の犠牲者数は専門家の論証を経ている」と主張。
「日本政府が正しい歴史観を国民に教育し、決して誤った歴史観で次世代を間違った方向に導かないよう望む」と語った。

南京大虐殺の死者数について中国側は「30万人」と宣伝しているが、日本側の研究では根拠のない誇張された数字との見解が定着している。
中国側の研究者が「30万人」説について「政治的数字」「正確な人数は確定できない」と語ったこともある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170305-1-003.jpg

村上春樹が「南京大虐殺はあった」と新作『騎士団長殺し』で主張している

村上春樹氏の新作『騎士団長殺し』が2月24日、日本で発売された。
この本の中で、村上春樹氏は「南京大虐殺はあった」と主張している。

小説の登場人物のセリフに、
「そうです。いわゆる南京虐殺事件です。日本軍が激しい戦闘の末に南京市内を占領し、そこで大量の殺人がおこなわれました。戦闘に関連した殺人があり、戦闘が終わったあとの殺人がありました。日本軍には捕虜を管理する余裕がなかったので、降伏した兵隊や市民の大方を殺害してしまいました。正確に何人が殺害されたか、細部については歴史学者のあいだにも異論がありますが、とにかくおびただしい数の市民が戦闘の巻き添えになって殺されたことは、打ち消しがたい事実です。中国人死者の数を四十万人というのもいれば、十万人というのもいます。しかし四十万人と十万人の違いはいったいどこにあるのでしょう?」
というものがある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170225-1-001.jpg

旧日本軍の兵士が撮影した、南京大虐殺での日本軍兵士の暴行

今日(12月13日)は南京大虐殺79周年記念日だ。400名の人民解放軍の兵士と300名余りの小学生が、抗日戦争記念館主催のイベントに参加しました。その後、「ある日本軍兵士が撮影した日本軍の犯行」という写真展に参加した。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170205-1-001.jpg

日本メディア:カナダの地方議会が南京大虐殺記念日を設立

カナダ東部オンタリオ州議会が12月13日を「南京大虐殺記念日」に制定する法案を審議していることが分かった。
昨年12月上旬に香港出身の中国系カナダ人議員が法案を提出した。
制定反対の署名集めも行われているが、同州は中国系人口が集中しており、成立する可能性が高い。
今年は南京事件から80周年にあたることから、記念日が制定されれば「旧日本軍の残虐性」などをアピールする行事が開かれる可能性がある。

法案は「オンタリオの人たちはアジアで起きた第二次大戦の残虐行為を深く議論し、検証する機会がなかった。南京大虐殺の変わらぬ教訓について学ぶことは重要だ」と指摘。
記念日制定については「日本軍の南京占領で20万人以上の中国人市民と兵士が無差別に殺害された南京大虐殺の犠牲者を追悼し、遺族に敬意を払う機会を提供する」と明記している。

法案提出議員による昨年12月8日の趣旨説明の際は賛成意見が相次いだ。
韓国系議員は「日本軍は約30万人の中国人を冷酷に虐殺し、下は10歳以下、上は80歳以上の中国人女性と子供2万人以上をレイプした」「人類史上、最も大規模で非人道的虐殺の一つだった」など、誇張した数字を挙げて賛意を表明した。

こうした動きに対し、現地の日系文化会館が中心になって記念日制定に反対する署名活動を始めた。
国籍などは問わず、同州に6カ月以上居住している人なら誰でも署名できる。2月15日までに署名を集め、ウィン州首相に提出する方針。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです