Tag : 唐朝
150112-4-1.jpg

私たちはどう正確に中日関係を正視するのか

今この問題は中国の熱い問題だ。
中日関係を正確に正視し、理解したければ、唐朝まで遡らなきゃいけないのだ。
日本文化は我が国の伝統文化と、相当近い。
あるいは根本的に通じ合ってるのだ。

公元754年、鑑真が日本へ行ったことは日本の文化に深く影響を与えた。
日本人民は彼を日本文化の恩人だと思っている。
日本は漢字が入る前は、固有の文字とかはなかった。
それは日本と中国の文化の深い関係が説明できる。
鑑真は6回日本にへ行った。
後輩に唐朝中国、日本に船作り技術と航海術を広めた。
公元894年、日本は第11回の遣唐使を派遣し、それ以降は唐への派遣を停止した。
前期第1回遣唐使の派遣から、後期第11回遣唐使派遣の停止まで、260年くらいだ。
唐、日両国の間で外交を行い、文化、経済をつなぐ肝心な存在である遣唐使はようやく終わった。
唐朝の時、日本は奴隷制が崩壊し、封建制を確立し堅持する階段を登った。
唐朝という繁栄した封建社会に憧れていた。
彼らは中国の生産技術、哲学、歴史、政治経済制度、文学芸術、建築技術と生活習慣などを勉強した。
中日の付き合いが密切だったから、日本は多くの方面で中国の影響を受けた。

日本が行った大化の改新は唐朝の制度を模倣したものだ。
行政制度を改革し、班田収授法を実施した。

次は都市建設方面だ。
私たちは唐朝の首都長安に朱雀町があったことをしっているが、同じような建築物が日本の京都にもある。

そして文学方面だ。
8世纪より前、日本は漢字を書面表現のツールとして使っていた。
その後、日本は日本独自の文字を創造した。

さらに日本の飲食、服装と普段の生活も唐朝の影響を深く受けていた。
当時我が国の文化が先進的だったから、日本への文化侵略が成功したのだ。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ