Tag : 売国奴
171204-1-001.jpg

米国と日本の良いところを話すと売国奴認定される・・・

米国のこういうところが良いよねと言えば、すぐ「良心がない」と言われる。
日本は学ぶべきところが多いと言えば、すぐ「売国奴だ」と言われる。
これはどういう気持ちで言ってるのか。
本当の愛国なら、自国や他国の良さを認めるべきであり、そして悪い面にも目を向けるべきじゃないのか。
愛国者には馬鹿しかいないのか。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160224-1-001.jpg

世界大戦が起こったら、命の賭けて国を守る?

それと、世界大戦が起こったら、いつものように売国奴は出るのか!?




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150730-5-1.jpg

抗日戦争のとき、なぜ中国にたくさんの売国奴がいたのか?

抗日戦争の歴史を振り返ると、「なぜ抗日戦争は8年もかかって勝利したのか」と問う人が少なくない。
20数年前のテレビドラマの登場人物が言うには、「売国奴が多かったからだ」と。
確かに売国奴が多かった。
抗日武装部隊の中だけで120万、日本が投降したときには146万、警察に40万、満州国軍が14万、満州警察が10万、300万以上の売国奴がいた。
国民政府が任命した管理職にも、売国奴がいた。
中華民族の恥の歴史である。

世界各国で、民族を裏切る者がいる。
これは普遍の真理である。
裏切る原因は、社会や政治と密接な関係がある。
そしてまた、国民性とも関係がある。
筆者は売国奴が出る原因は下記の3つの原因があると思っている。

1 失敗続きの民族への影響。
アヘン戦争ののち100年あまり、中国人は列強国の侵略に対抗してきた。
何度も失敗し、たくさんの人が自信を失った。
日本が中国侵略を始めたとき、たくさんの中国人、特に官僚や知識人は日本には敵わない、犠牲を払っても勝つことはできない、日本へ投降したほうがいいと思っていた。
売国奴はこういう人たちの中から生まれた。

2 内部矛盾により心が離れていった。
日本は外に目を向けたが、中国は逆に国内での内紛が中国政治の常だった。
外から敵がやってきても、それに対応することは難しく、中国人はいつも内紛に忙しかった。

3 民族の性格が脆く奴隷根性があった。
数千年来、中国経済はずっと小農経済だった。
これは遷移型の遊牧経済でも、外向型の商業経済でもなく、土地を耕し、自給自足生活をするものである。
このような文化の中で、中国人の性格に強さがなくなり、さらに皇帝による高圧政治が行われるようになったため、従順な奴隷民ができあがった。

しかし、中国の歴史を見ると、中国人はとても勇敢である。
売国奴の中国人は、中国人の中では少数である。
でなければ私たちは抗日戦争ができなかったであろうし、数千年の歴史を伝承して来れなかっただろう。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150508-4-1.jpg

客観的に日本を評価しても売国奴なのか?

日本にも良い人はいる。
みんなが悪いわけじゃない。
なのに理性的、客観的に日本を評価しても罵られてしまうのは何故なのか。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです