Tag : 安楽死
150121-3-1.jpg

なぜ中国は安楽死に同意しないのか

現在既に立法によって安楽死を認めているのはオランダ、ベルギー、ルクセンブルク、スイスとアメリカのオレゴン州、ワシントン州とモンタナ州等だ。
オーストリア、デンマーク、フランス、ドイツ、スイス等の国は「受動的」安楽死を認めている。
ただ生かされるだけの治療をやめるための方法だ。

ヨーロッパないし世界的に、安楽死の合法化は激しい論争を起こす議題となっている。
安楽死支持者は、死亡を選択する権利と生存権は同様に重要なものだと考えている。
安楽死は病気の苦痛を受け、「死んだ方がマシ」な人に提供される「尊厳ある死」の権利なのだ。

反対者は、もし安楽死が普通の病人にまで広がったら、今後「社会的負担」とみなされる老人や病人、障害者たちが「合法に謀殺」される危険性がだんだん高くなると考えているのだ。

ベルギーは2002年に立法が可決され、世界でも少数の成人の安楽死を合法化した国だ。
2013年12月、ベルギーの参議院は未成年の安楽死の合法化を認める法案を可決した。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです