Tag : 家電
170202-1-001.jpg

日本企業が崩壊した。中国企業がテレビ産業の新たな王者だ!

かつて日本企業は家電の王者で、有名な企業がたくさん現れた。その企業たちは今では、買収されたり、合併されたり、廃業したりしている。それに対して、中国の家電メーカーは頭角を現しはじめ、国際的に有名になった企業まで現れた。そればかりではなく、人々がテレビを見るスタイルをまで変えつつある。今では中国製インターネットテレビが話題を呼び、売り上げが伸びる一方だ。

将来的には、もっともっとたくさんの中国家電メーカーが世界進出し、ほとんどのシェアを獲得するのだろう。衰退し続けている日本企業とは対照的に、Made in Chinaはまったく新しいイメージを持つようになり、世界中の消費者を惹きつけている。また、中国企業はますますブランド力を重視するようになり、国際市場において、ブランド力を向上させることに注力している。

白物家電は敷居が低いうえ、イノベーションの余地がほとんどなくなってきたと言われているが、人間が存在している限り、白物家電は必要だ。それに、中国人が白物家電への期待値がどんどん大きくなっていることもあり、まだまだ発展の余地がある市場だろう。2017年の中国のテレビ産業に対して、たいていの専門家は楽観視している。中国のテレビ産業は世界のリーダーになりつつある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150318-2-2.jpg

日本メディア「中国経済は張り子の虎だ、日本に頼っている」

中国のGDP(国内総生生産)はすでにドルベースで日本の約2倍となった。
しかし実際は「張子の虎」。
いまだ日本抜きで中国経済は成り立たないのだ。
中国の製造業は日本企業の制品や技術が支えているといっても過言ではない。
企業のコンサルティングを行なうなど中国ビジネスに詳しい高田拓氏が語る。

「例えば、白物家電でトップクラスの世界シェアを誇る中国の家電メーカー・ハイアールの冷蔵庫を分解してみると、特に高級品ほど、コンプレッサーなどの基幹部品はパナソニックなどの日本製が使われています」

他にも、2008年にノンインバーターエアコンで世界市場1位だった中国メーカー・珠海格力电器(グリー・エレクトリック)と提携した空調大手のダイキン工業は、同社に独自の「インバーター技術」を供与。
代わりにグリーのコスト競争力を得ることで、かつてはゼロに近かった中国国内のインバーター普及率 を6割近くまで高めた。

「最近では中国市場に数多くあった日本ブランドの家電製品、携帯電話の影が薄くなっているが、ハイアールやダイキンの例に見られるように、基幹部品や技術で多くの日本制が内蔵されている。つまり日本企業は『BtoB』に构造転换しているのだ。一見して見えにくいが、実は日本が中国企業の躍進を下支えしているといえる」(高田氏)

日本の技術力がなければ、世界第2位の中国経済もまた、無かった。
『日本経済がなければ中国・韓国は成り立たない』(海竜社刊)を執筆した真壁昭夫・信州大学教授が語る。

「輸出入を合わせた中国の貿易量では、日本が3位の相手国(香港を除く)。日本より上位の欧州と米国はどちらもGDP16兆ドル前後、人口も3億人を超える。日本はそれらに比べて人口も経済規模も小さいが、中国経済に占める存在感は大きい。中国への直接投資でも、2014年は前年比38.8%減と大きく落ち込んだが、それでも2位を占めている。数字に表われない技術移転も多いから、総合的に見れば中国の日本への依存度が高いことがわかる」



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150209-3-1.jpg

日本の家電

日本の家電はあんなに有利だったのに何故終わったのか。
ソニーやパナソニックなど日本の家電の巨頭は中韓の挟み撃ちによって大損をして、日本家電一強時代はもうすでに終わってしまったよね?
日本経済はもう優勢ではなくなったの?
みんな討論しよう。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ