Tag : 尖閣諸島
170907-1-001.jpg

日本を滅ぼしたくてしょうがない愛国者多いけどさ

日本と戦争になっても局地的な海戦だけだよね。
国家を挙げて戦争をすることは中国にも日本にも不可能だ。
特に日本にはそんな冒険をする勇気はないだろう。
だから、せいぜい釣魚島近海で小競り合いする程度の争いしか起こらない。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170826-1-001.jpg

日本の学者が示した古地図が「尖閣は中国の領土」を改めて証明

2017年8月24日、環球網は韓国メディアの報道を引用し、「日本の歴史学者が示した古地図によって尖閣諸島が中国固有の領土であることが再び証明された」と伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、日韓史が専門の歴史学者・久保井規夫氏は22日に釜山で行われた書籍「独島の真相」韓国語版出版記念セレモニーで、江戸時代の学者・林子平が著した「三国通覧図説」などに描かれた古地図を示した。久保井氏は三国通覧図説や明治政府が作成した新訂万国全図などで、竹島が朝鮮半島と同じ色に塗られていることなどから、竹島は日本領ではないと主張した。

また、同地図上では尖閣諸島が中国の領土と同じ色で塗られていることから、中国固有の領土であることを示すものだと記事は伝えている。記事によると久保井氏は「私は歴史の真実を知りたいだけ。古地図を偽造し、尖閣諸島と竹島の主権をねじ曲げる日本政府を批判する」と語ったという。

中国社会科学院日本研究所の盧昊(ルー・ハオ)氏は「『三国通覧図説』は日本の明治時代の民間知識人における領土の観点を示すもの。尖閣諸島が歴史的に中国に属していたことを示す一定の史料価値がある」とし、「日本政府はこの地図に否定的な態度を持ち続ける一方で、米国に対してはこの地図を用いて小笠原諸島が日本領であることを証明した。もちろん尖閣諸島が中国領であることを証明する歴史的証拠は多く、明代(1368〜1644年)や清代(1644〜1912年)にまでさかのぼれる。この地図はそれらを改めて証明するものに過ぎない」とコメントしている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170426-1-001.jpg

アメリカ「尖閣諸島は日本のもの」

日本を訪問中のペンス米副大統領は19日、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)の原子力空母ロナルド・レーガン艦上で演説し、米国の対日防衛義務を定めた日米安保条約第5条の沖縄県・尖閣諸島への適用を明言、日米同盟の重要性を訴えた。

ペンス氏は「米国は力の道を選ぶ」との表現で、圧倒的な軍事力を背景に地域の安定を図る決意を表明。
軍事力の象徴である空母に自ら乗艦し、米軍の存在感を誇示した。
中国による人工島造成が進んだ南シナ海などで航行の自由も守ると強調した。

日本は魚釣島奪還のために、様々な方法をとっている。
アメリカの脚にしがみつけば、何とかなるとでも思っているのだろうか。
そもそも、魚釣島は古来より中国固有の領土なのだが。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160814-1-001.jpg

資料画像:中国外交部外務次官補孔鉉佑

日本メディア「中国の外交官が訪日の予定取り消し 中日関係が緊張」

8月5日以来、中国の公務船及び大型の漁船が釣魚島海域に出現し続けている。これについて日本政府は何度も中国側に抗議している。
9日、日本の外相が中国大使と緊急に会見し、中日関係が明らかに悪化していると伝えた。10日、日本メディアの報道によれば、中国外交部外務次官補の孔鉉佑は既に今月中旬の訪日予定を取り消したという。日本の「朝日新聞」のウェブサイト8月10日夜の報道では、孔鉉佑は元々訪問予定だったが、日本側に訪問取り消しの意思を伝えたという、今月下旬に予定されている中日韓の会談もこのままでは困難かもしれない。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160513-1-01.gif

東海問題について、日米露はそれぞれに下心を持っている

日本は漁夫の利を得るために米中間の衝突を心待ちしている。
アメリカも同じ魂胆である。
しかし、誰も真っ先に中国と真正面からやろうとは思わない。
ロシアはロシアで米、中、日間の衝突を待っている。
みんな夢を見ている。
そこを見抜けば中国は策を用いて連合や分裂を図れる。
この外交関係を上手く捌くことが現状の課題だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160430-2-001.jpg

日本は釣魚島を中国に渡したら勝者になる

日本が中国の釣魚島を占領するのは利益的には道理に合わない。
話し合いで解決しようともしない。
この火種を基に、軍国主義を復活させ、核兵器を製造したり、再び他国を侵略することが目的だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160331-1-001.jpg

日本の自衛隊が与那国島に進駐 中国の動向を監視

日本防衛省は28日、中国の海洋進出をにらんだ南西諸島の防衛力強化に向けて、日本最西端の沖縄県・与那国島(与那国町)で陸上自衛隊の駐屯地と沿岸監視隊を創設し、隊旗授与式を開いた。部隊は約160人で編成され、周辺の海や空で活動する船舶や航空機をレーダーで監視する。

式で小川清史西部方面総監は「強固な南西地域の防衛態勢を構築するのは、わが国の防衛意思を示すものだ」と訓示。式終了後、沿岸監視隊の塩満大吾隊長は「南西防衛は非常に重要だ。各種事態に即応することが求められており、部隊として適切に対応したい」と抱負を語った。

与那国島から北に約150キロ離れた尖閣諸島周辺では、領有権を主張する中国当局の船が領海侵入を繰り返し、緊張状態が続いている。

日本政府はこうした動きなどを踏まえて南西地域の離島で防衛力強化を図っており、沖縄県の宮古、石垣両島や鹿児島県の奄美大島でも陸自部隊の配備計画を進めている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160318-2-001.gif

釣魚島だけを取り戻せばいいのだろうか?

歴史上、琉球諸島、小日本列島を含む全てが元々中国の領土だろう。
なぜなら、伝統的に小日本列島に住む連中を「小鬼子」と呼んでいた。
これは「親不幸な子供」という意味だ!
だから戦争が始まれば、我々は大義の為に小日本列島を征服し、領土を取り戻す!




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160205-1-001.jpg

日本政府の対中政策:戦争とアメリカで中国人を威嚇

日本政府は、中国への牽制でギャンブルをしている。
中国には遠大な戦略目標があるため、釣魚島で日米と武力衝突を起こし戦争に至ったら、経済の「高度成長期」を逃がす恐れがあるという考えを中国が持っていると日本は思っている。
それに、中国は日本をまったく恐れていないが、アメリカを恐れていると思い込んでいる。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む



もし中国が台湾に攻め込んだら、日本はきっと釣魚島に兵を置くよな?

もし中国が台湾に攻め込んでも、中国対台湾の1対1になることはなく、複雑な戦局になると思う。
もちろんアメリカが介入してくる可能性は低い。介入してきても後期になると思う。
そして日本が介入してくる可能性も低い(アメリカがいなくても、日本は中国に対抗する度胸はない)。
アメリカと日本は情報提供などの最低限度の支援しかしないだろう。しかし、日本はきっと自身の利益を考えて、アメリカの許可の下、釣魚島に兵を置くと思う。
日本にとって、台湾が中国の手中に収まるということは魚釣島と琉球が中国に取られるのも時間の問題だから。日本は台湾と釣魚島、中国に二者択一させると思う。

日本が台湾を失えば、釣魚島を軍事上コントロールできる。中国は台湾を手に入れれば、日本に戦争をしかけることはないだろう。
もし釣魚島が理由で中国と日本が戦争することになり、アメリカの同意も得られても、きっと日中両国が傷を負い、最終的にアメリカが中国を手中に収めると思う。
中国と台湾の戦争は、台湾だけのことではない。これが中国が戦争をしない理由じゃないかと思う。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ