Tag : 怯懦
150822-3-1.jpg

早稲田大学教授:日本人は後世に渡って謝罪の宿命を背負うべき

安倍首相は「戦後70年談話」にて、「我々は戦争と関係のない代の人たちにまで、謝罪の宿命を背負わせるわけにはいかない」と言い、賛否両論あった。
産経新聞などの保守派は大賛成の意を表し、中国メディアは安倍首相を非難した。

私たちは理性的に安倍談話を見なければならない。
安倍首相は「どのようであれ、我々日本人は世代を超えて歴史を正視しなければならない。我々は謙虚に過去と向き合い、未来を作らなければならない」とも言っている。
私が考えるに、安倍首相は日本が今後決して謝罪しないということではなく、謝罪することをこれ以上引き伸ばさず、この戦後70周年という節目に謝罪をし、他国の理解を得て、この謝罪の気持ちを次の世代に伝えるということではないだろうか。

日本の若者は“謝罪の宿命”を背負うべきか?
もちろん、謝罪の内容と方法は日本の若者でも理解できるだろうが、今の若者は先人と同じ気持ちで行動していない。彼らは戦争を体験したことがなく、戦争というものがわからないのだ。
加害者である日本人は、あの戦争は侵略戦争だったと認識するべきである。中国とその他の国の犠牲者の方への哀悼の意を胸に刻み、日本が永遠に他国を侵略しないと誓うべきである。
歴史を正視し、改心することが、日本が今後することのできる最も深い“謝罪”なのではないだろうか。

ほとんどの日本の若者は“歴史を忘れた世代”ではない。
しかし、日本の若者の歴史に対する知識はひどいものであると認めざるをえない。
自分と歴史とは何の関係もないと思っている若者もいる。戦争を美化し、日本の行為を正当化している若者もいる。
ただ、すべての若者がこのような人たちだと思ってはいけない。
私は日中学生会議に参加したことがあるが、学生たちは積極的に歴史問題を討論していた。
日本の若者はこの“謝罪”の意を理解していると感じた。
日本の若者は教科書に毒されていると思っている人がいるが、私の知るところでは、日本のほとんどの教科書は日本の第二次世界大戦での行為を侵略と称している。
新版教科書でもそうだ。戦争を美化している内容などない。
日本の主流である思考は平和主義で、国際協力を期待している。

安倍談話と中国の反応から、日中両国の歴史問題においての“認識の一致”“相互理解”には至っていないことがわかる。
両国は長期にわたり歴史問題を研究し討論すると同時に、民間交流において信頼関係を築いている。
先ほどの日中学生会議も、友好交流の一端である。
若者が日中友好の懸け橋になれば、両国には光明な未来が待っているだろう。
(早稲田大学の教授の文章を記者が翻訳)




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです