Tag : 戦車
160415-1-001.jpg

中国の99式戦車と日本の10式戦車はどっちが強いの?

10式戦車には勝てないという書き込みがあったけど・・・




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151016-1-001.jpg

日本の10式戦車、砲身にワイングラスを置き安定性を証明

武器学校・土浦駐屯地開設63周年記念行事のイベントで10式戦車が砲身にワイングラスを乗せたまま、姿勢制御と車体旋回を行った。
10式戦車は日本の陸上自衛隊の新中期防衛力整備計画をもとに開発した戦車で、開発段階では“TK-X”と呼ばれていた。2002年に1台目が完成、2006年までに3台が完成した。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151009-1-1.jpg

日本の新しい戦車が納棺車(霊柩車)みたいだ

日本のネットに陸上自衛隊が現在研究中の戦車が投稿された。
今までの10式戦車から刷新され、26トン級8×8の装輪車両、105㎜砲を備え、2013年に防衛省が三菱重工に購入計画を提出していたものだ。
新型戦車は155㎜砲も搭載することが可能だという。
排水量が多く、水上でも走行できる。アメリカ海軍のAAV7A1に似ている。形はカクカクと四角く、空間を節約することはできるが、水面での高速移動や防弾能力が高いかどうかはわからない。
現在のところ、日本自衛隊は52輌のAAV7A1を購入している。この新型戦車は、それに取って代わるものである。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150608-4-1.jpg

日本唯一の戦車師団が大規模な記念行事を行う

5月31日、日本の陸上自衛隊第7師団創隊60周年記念行事が行われ、90式戦車を含む400台の装甲車が出動した。
第7師団は陸上自衛隊唯一の装甲師団で、3つの特殊連隊(装甲団)と1つの普通連隊(機械化歩兵団)、さらにいくつかの分隊からなる。現在、北海道千歳市に駐屯し、日本北部の築城自衛隊の指揮をとっている。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150608-2-1.jpg

日本の90式戦車、現場でオイルが漏れてダメになる

5月17日、日本の陸上自衛隊は東京付近の霞ケ浦基地でイベントを行った。
イベントでは90式戦車への試乗が行われた。
だが観衆が戦車の機動性に驚いている時、突然恥ずかしい状況が発生した。
90式戦車の底部から突然大量の赤いオイルが漏れたのだ・・・
ソーシャルメディア上の日本のネット民はこの事件を「【悲報】90式戦車、大出血…」と形容した。

日本の戦車は通常定型の年代(最初に生産された年度)で命名される。
ゆえに戦車は1988年か1989年に生産されたと思われるからTK-X戦車は88式と89式だ。
だが研究の周期が長くなったことで、定型の日が1990年にまで延びたので90式戦車と呼ばれている。

事情の経過はこうだ、民衆のために戦車の卓越した機動性を見せるため、自衛隊は戦車の後ろに人を乗せるプラットフォームを取り付けている。
90式戦車は黒煙を吐きながら前進を始め、観衆たちは興奮の声を上げた。
初めは順調だった。
戦車のショーはうまくいっていた。
安定していた・・・
だが突然、何かおかしなところがあったようで、戦車は突然止まってしまった。
赤色の液体が車体の下から漏れ出したのだ。
そして動かなくなり、自衛隊員が梯子を持ってきて観衆を戦車から離した。
この時オイルはまだ漏れていた。
日本の軍備はこんなものなのか。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150405-4-1.jpg

日本の74式戦車がダンスするかのように左右に動く姿を見てアメリカ軍兵士もビックリ

カリフォルニア州にあるNational Training Center(通称NTC)で行われた日米合同訓練にて日本が74式の姿勢制御を披露。
「まるでダンスをしているかのようだ」とアメリカ人兵士も驚いている。
74式の特徴の一つが、山地の多い日本の地形に合わせ、油気圧サスペンション(ハイドロニューマチック)による姿勢変更機能を有することである。
伸縮するサスペンションにより標準姿勢から車高を上下に各20cmずつ変化させることができ、サスペンションを前後左右別々に作動させることもできるため、車体全体を前後に6度ずつ、左右に9度ずつ傾ける姿勢制御が可能である。
しかし、姿勢制御装置が複雑すぎる、使用する機会は少ない、修理が困難、コストが高い、重量が重すぎる、車体がデカすぎて空間を占領するなどの欠点がある。

去年のニュースのようですが、何故か今頃トップニュースになっていました。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです