Tag : 戦闘機
160929-1-001.jpg

J-20のライバル、日本のF-35が正式にお披露目されたぞ!

航空自衛隊に初めて引き渡されるステルス戦闘機F35が、アメリカ南部テキサス州で、日米の政府関係者を招いて公開され、若宮防衛副大臣は「日本の安全保障環境が厳しさを増す中、F35が日本の防衛にとって重要だ」と期待を示しました。
アメリカを中心とする9か国が共同で開発した最新鋭の戦闘機F35は、レーダーに捕捉されにくいステルス性能を持つのが特徴で、日本は航空自衛隊の次期主力戦闘機として、ことしから2024年にかけて合わせて42機を導入する計画です。

テキサス州にある、F35を製造しているロッキード・マーチン社では23日、日米の政府関係者を招いて式典が開かれ、日本に来月初めて引き渡すF35が公開されました。F35の前であいさつした若宮防衛副大臣は「F35はステルス性やネットワーク機能に加えて、多機能機として卓越した能力を持つ。日本を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中で、日本の防衛にとって重要だ」と述べ、F35の日本配備に期待を示しました。

日本が調達するF35は、4機がアメリカで製造され、残り38機は愛知県にある三菱重工業の工場で組み立て製造が行われます。アメリカで製造される4機は、年内に日本側に引き渡されて、西部アリゾナ州にある空軍基地に運ばれ、自衛隊のパイロットがアメリカ軍とともに訓練を行う計画で、その後、早ければ来年度にも青森県の三沢基地に配備される予定です。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160107-2-1.jpg

中国はSu-35を買ったけど、日本、ベトナム、インド、フィリピンも買ったらどうするの?

疑問があるんだけど。
中国はSu-35を買ったけど、ベトナム、インド、フィリピン、日本も買ったらどうするの?
それから、中国の購入価格は24機で20億ドル(127億元)、ベトナム、インド、フィリピン、日本が中国よりも安い価格で買ったらどうするの?
いまロシアの経済は下降しているから、お金が欲しいはず。
ベトナム、インド、フィリピン、日本がそれぞれ24機買ったら、合計96機。
中国に対抗するには十分な数だ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160103-2-1.jpg

心神(ATD-X)、最も早ければ2016年2月に初飛行か

国産初のステルス戦闘機開発に向け、防衛省の発注を受け三菱重工業などが製造している 試作機「先進技術実証機(ATD-X)」の初飛行が来年2月にも行われる見通しであることが27日、 防衛省関係者への取材で分かった。

実証機は当初、ことし3月までに防衛省へ納入される予定だったが、エンジンや操縦系統で さらに検証が必要になり、来年3月末まで納入期限を延長し、機体の作動確認を進めていた。

関係者によると、初飛行に先立つ来年1月末、各機能試験が行われている愛知県豊山町に ある三菱重工の工場で地上滑走試験を実施。
その後、地上での試験を継続し、2月に同工場 から航空自衛隊岐阜基地(岐阜県各務原市)まで飛行する計画だという。

防衛省によると、機体の製造は国内の複数の防衛産業が参加し、平成21年度に始まった。
全長14.2メートル、全幅9.1メートル、全高4.5メートルで、レーダーに映りにくい炭素繊維の 電波吸収材を使用しており、ステルス性能を備えている。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです