Tag : 捕鯨
170201-1-001.jpg

日本の残忍な祭り、多くの人が非難をやめない

日本と言う国は、世界でもそんなに評価が高くない国だ。国民の民度は経済発展によって比較的高いが、民族の劣根性は本当にひどい。あの国の学習能力はとても高く、反省する能力も高い。しかし時に、彼らの民族性には残忍なものが見え隠れするのだ。

日本には他の国にはない祝日がある。イルカ虐殺祭りの日だ。この日はみんなでこぞってイルカを殺害する。この祭りは400年の歴史を持つ。だが世界のほとんどの人はイルカに対しとても友好的なのだ、日本人を除いて。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160928-1-001.jpg

小学生が鯨の解体現場を見学、日本人は禁止されても捕鯨を継続

鯨は人類の友達だが、多くの種類の鯨が絶滅の危機に瀕している。国際社会も早いうちから商業捕鯨を禁止している。だが日本は世界最大の捕鯨国であり、彼らは科学研究を隠れ蓑に大規模な捕鯨を続けている、とても血なまぐさい。捕鯨の季節が始まる前には、小学生のグループが鯨を屠殺する現場を参観する。「科学研究捕鯨」を隠れ蓑にすると同時に、政府は国際的な捕鯨禁止令を解除するよう各地で遊説して回っている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160906-1-001.jpg

【悲報】白人美少女「どうしてジャップはイルカさん食べるの?」

1 :日本人

ロンドンで太地町のイルカ漁への抗議デモ




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160715-1-001.jpg

日本はなぜこんなに堂々と捕鯨をやるのか?

日本の捕鯨の歴史は8000年以上前の縄文時代に遡る、当時の近畿地方(和歌山)と北陸地方(富山)でも大量の鯨の骨が出土している、鯨の皮なども残っている。西暦8世紀、歴史書には正式に捕鯨の記載があり、奈良や鎌倉時代には捕鯨記録が多くなっている。鯨も当時の民衆の食卓には多く並ぶものとなっていたようだ。そして江戸時代、鯨肉は江戸、大阪等で好まれる料理となった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160610-2-001.jpg

地球上のクジラは日本人の手によって絶滅してしまうのか?

日本は科学的捕鯨調査と称し、クジラを捕まえている。
日本の捕鯨文化は、1000年以上にも及ぶ。古代人の目には、クジラは食べ物の一種に映っていた。クジラは体が大きいため、捕鯨に成功すると勇者の証だった。

二度の世界大戦のあと、日本経済は崩落し、鶏、牛、豚は貴重となり、一般人では食べれなくなった。クジラも一部のお金持ちが食べるものだった。

1960年、日本で食される肉類の内、28%がクジラ肉だった。その後捕鯨が進み、80年代初頭には、小中学生のお弁当にクジラ肉が入るほど普及していた。

1986年、国際捕鯨委員会は、「世界捕鯨禁止条約」を発表。商業捕鯨を禁止したが、研究捕鯨は許可された。日本、ノルウェー、アイスランドなどの国では、研究名目で捕鯨を継続、毎年約2000頭のクジラを殺害している。

今後、クジラは日本人の手により絶滅してしまうのではないだろうか。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160403-1-001.jpg

日本が捕鯨で333頭のクジラを殺害、妊娠していたクジラも含まれる

2年ぶりに捕獲を再開した南極海での調査捕鯨を終えた日本の調査船団のうち3隻が3月24日、山口県下関市の下関港に入港した。

調査捕鯨は、2014年3月の国際司法裁判所による南極海域での調査捕鯨の中止命令を踏まえ、捕獲数を削減するなど新計画に基づいて実施。
懸念された反捕鯨団体の妨害もなく、計画通りクロミンククジラ333頭を捕獲して戻った。そのうちの200頭は妊娠しているクジラであった。

3隻は、下関市の下関漁港から出港した調査船「勇新丸」(724トン)と「第2勇新丸」(747トン)、広島県・因島から出港した母船「日新丸」(8145トン)。水産庁監視船の第2昭南丸(712トン)は23日に入港した。

水産庁などによると、南極海での調査期間は昨年12月23日~今年2月25日。クジラの捕獲のほか、資源量を推定するための目視調査や皮膚標本の採取なども行った。

オーストラリアのハント環境相は25日、AFP通信の取材に対し電子メールで回答し、日本が南極海で行った調査捕鯨について「忌まわしい」と非難した。

環境相は「豪政府はいわゆる『調査捕鯨』に明確に、全面的に、断固反対する」と主張。「忌まわしい行為で、科学的正当性は存在しない」と非難した。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160312-2-001.png

なぜ日本人は鯨を食べずにはいられないのか?

鯨を捕食するというのは日本の魚食文化に由来する、これは島国の地理的特性と歴史的選択による必然の結果だ。文書として現れたのは天武天皇(673~686)が頒布した肉食禁止令以来、明治時期に牛肉が解禁されるまで、千年ほど、日本民族はずっと魚介類を食べて生きてきた。海洋で最も大きな魚類-鯨、その高タンパク、低カロリーでおいしい肉は、島国の人民をとらえて離さなかった。

組織的な捕鯨産業が形成される前、日本はとっくに鯨肉を食用にしていた。旧石器時代の「貝塚」(人類が捨てた貝類魚類の食べ物のカス)の中、それに弥生時代の遺跡の中には小型の鯨の歯の化石が見つかっている。歴史上、日本は何度か宗教的な理由で「食肉」を禁止している、だが鯨は魚類として食用にされていた。「古事記」には「712年に神武天皇に鯨が供された」と記載されている。和歌山県の太地町は日本の捕鯨産業の発祥地とされている。1606年、人々は熊野灘の鯨を組織的に捕らえ始めた、同時に日本の捕鯨史の最初のページが始まった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160227-2-001.jpg

日本ってまだイルカ漁やってるの?ひどすぎる!

何年か前、イルカ漁の映画を見て涙が出た!
あんなひどいことするなんて、日本は残酷すぎる!





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160126-2-001.jpg

日本は残忍な捕鯨を続けている

日本は「科学研究」を隠れ蓑に大規模な捕鯨を続けている。
そしてそれを日本の伝統文化であるとし、「日本は外国の牛肉を食べるばかりでなく、鯨肉を食べる習慣を忘れてはならない」と国民を洗脳していた。
実際にはいわゆる科学研究の成果は、鯨を殺さなくても手に入るものだ!
それなのに日本は残忍に殺し続けている!





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ