Tag : 支那事変
171004-1-001.jpg

小日本が中国に侵攻して来たら、お前らは抵抗するのか?

目の前に迫ってる危機なんだぞ!





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170928-1-001.jpg

最近日本の映画界は中国への謝罪モードになっているが、逆に変な気分になった

NHKはこの前、「731部隊の真実」というドキュメンタリーを放送した。
それからというもの。次々と番組が放送された。
今年8月、TBSは「綾瀬はるか「戦争」を聞く~地図から消された秘密の島~
という番組を放送した。そのドキュメンタリーで、旧日本軍が毒ガスを使った事実が取り上げられた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170924-1-001.png

これらの写真を見てくれ。道理で「小日本」と呼ばれるわけだ

抗日神ドラマで、日本軍が虫けらのように簡単に殺されるシーンはよくある。
以下の写真を見て、「やはり日本軍は弱いじゃん」と思うかもしれない。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170904-1-001.jpeg

もし大戦後、我が国が内戦に精を出さなければ西日本は中国の領土になっていた

もし内戦やってなければ、ソ連よりも早く日本に上陸することは出来ていた。
共産主義も台頭せずに、素早く発展の道を歩めていただろう。
改革で餓死することもなく、何千万人が死なずとも済んだ・・・

もちろん、歴史に「もし」はないんだけどさ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170828-1-001.jpg

抗日戦争時、日本兵士数十名で一つの町をコントロール出来てたそうです

抗日戦争の時、大都市ほど重要性は高くなかった小さな町が中国にはたくさんあった。そういった町を攻略した日本軍は、わずか数十人で防衛に回したらしいです。それなのにコントロールは完璧だったそうです。

そんなわけないだろうと思う人がたくさんいるのだろう。では、真実はどっちなのか。

日中戦争を研究しているある学者によると、数十人の日本軍兵士が一つの町をコントロールできたのはまったく不思議な話ではないという。当時の日本軍は機動性が高い上、漢奸(売国奴)からの支援も受けていたそうで、そういった条件によって、数十人の日本軍兵士が一つの町をコントロールするということが実現できたそうです。

では、なぜ一般人は日本軍に反抗しないのかと疑問に思う人もいることでしょう。理由は簡単。彼らには武器がないため、逞しい日本軍兵士に反抗する力も勇気もなかったんです。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170723-1-001.jpg

中国は日本に優しすぎた?ソ連軍は日本人捕虜を銃殺したが、その理由はあまりにも理不尽なものだった・・・

1945年8月、60万人近くの日本関東軍はソ連軍に負け、捕虜となった。
そのうち、大半はシベリアに送られ、労働力にされた。寒さ、飢え、病気に耐えきり、日本に帰還できた捕虜は半分ぐらいだった。
そのうちの一人に松本さんという人がいた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170720-1-001.jpg

抗日戦争中に日本に寝返った200万もの傀儡軍は、戦後どういう扱いをされたのか?

戦時中、一部の中国人は漢奸になり、日本軍に捧げることを選んだ。

日本が戦争に負け、日本側に立っていた漢奸たちは、唾棄すべき存在として国民からの罵詈雑言を浴びた。日本軍と違って、彼らは日本に行くわけにも行かなかった。その数はなんと200万もあるという。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170618-1-001.jpg

大戦の時の日本兵が強かったとか言ってるやつちょっと来い

日本好きの馬鹿たちは、日本兵が銃剣で1対3でも勝てるとかほらを吹くな。
日本軍の優勢は火力にあるんだよ。
大砲と空中支援と車の機動性等だ。
国民軍の兵士は精鋭でもない普通の中国兵だったけど、日本軍に好きにやられたりはしなかった。
それに最終的に勝ったのは我々だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです