Tag : 教科書
170401-1-001.jpg

また日本が南京大虐殺の犠牲者数を誤魔化そうとしている・・・

中国外務省の華春瑩報道官は24日の記者会見で、南京大虐殺の死者数に関して「人数は定まっていない」などの追記を求めた日本の教科書検定について、「日本政府が意図的に歴史を薄めたり、否定したりするのは極めて間違った無責任な行為だ」と非難した。

華氏は「南京大虐殺の犠牲者数は専門家の論証を経ている」と主張。
「日本政府が正しい歴史観を国民に教育し、決して誤った歴史観で次世代を間違った方向に導かないよう望む」と語った。

南京大虐殺の死者数について中国側は「30万人」と宣伝しているが、日本側の研究では根拠のない誇張された数字との見解が定着している。
中国側の研究者が「30万人」説について「政治的数字」「正確な人数は確定できない」と語ったこともある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160907-1-001.jpg

韓国と日本の歴史教科書には中国の事はどのように書かれているのか?差は歴然だった。

日中韓の三か国は、特殊な関係で結ばれている。歴史上、日韓両国と我が中国の関係は「子分と親分」という関係であった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160731-1-001.jpg

日本の教科書では「日本軍は非常に善良で南京の人々に受け入れられていたと書かれているらしい

1937年12月13日に南京が陥落した後、日本軍は30万人もの南京人を虐殺した。
あれから数十年、日本の教科書では、南京大虐殺が美化されている。中国国民と日本軍が仲良くしている写真が使われ、中国国民は日本軍を快く受け入れていたと書かれている。
本当にそうなのだろうか?

歴史上、中国軍と日本軍は血を流す戦いを行っている。それなのに日本の教科書では、日本軍は場所を提供し中国軍人を手当てした善良な人だと書かれている。
中国軍は脚の悪いおばあさんを背負って歩くこと普通であったが、日本軍がこのような“温かい”行動をするだろうか?
中国の子供たちの日本軍人を見る目は、とても恐怖に満ちた目をしている。

日本軍が一般市民の家でものを奪っていたということは周知の事実だが、日本の教科書では「日本軍が中国の一般市民に食べ物を分けてやった」と書かれている。
日本軍は南京で“殺人ゲーム”を行い、楽しんでいた。たくさんの中国人が、この日本軍の“ゲーム”により亡くなった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです