Tag : 新幹線
170302-1-001.jpg

日本人がまた新幹線の自慢をしているぞ

中国のテレビ番組で、日本人がまた日本の新幹線の自慢をしていた。

以下日本人の話。
中国人は自国の新幹線が素晴らしいと言い、フランス人は自国の新幹線が素晴らしいと言い、日本人は自国の新幹線が素晴らしいと言う。
俺は三か国の新幹線すべてに乗った事がある。
そして「日本の新幹線がいちばん素晴らしい」と思った。
なぜなら、日本の新幹線は清潔だし速いし運行休止になる事もない。
確か、フランスの新幹線は天候不順で三日間も運行休止したよな(プププ)

これに対する中国人司会者の反論。
日本はうつ病患者が多くて自殺が多いんだろ?
しかも自殺は電車への飛び込み自殺。
新幹線への飛び込み自殺もあるらしいじゃないか。
日本の新幹線はフランスみたいに三日間運行休止する事はないかもしれないけど、三日に一回何かしらの理由で休止してる。
だから、日本の新幹線なんてすごくない、一般レベルだよ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170111-1-001.jpg

逆転劇!74億ドルでインドネシアの高速鉄道プロジェクトを落札した日本が大きな損失を被ることが判明

逆転劇がよく起きるこの時代では、一番やってはいけないのは調子に乗ることだ。じゃないと痛い目に遭うのは自分自身だ。

日本はインドネシアの高速鉄道を落札したというニュースを見た。日本側にとって、この落札は「完璧な逆転劇」に思える。なぜなら一年前、日本の落札が決定視されたインドネシアの高速鉄道は、中国企業の戦利品になってしまったのだ。日本は大恥をかいたのだ。今回の落札で、日本は逆転できたと思い、調子に乗るのもおかしくない。

しかし、良くない前例もあることから、今回もそうはうまくいかないだろうと俺が思いました。案の定、2017年1月4日、予算が予定の4倍になったことをめぐって、インドネシアと日本がもめていることをマスコミが報道した。でも今までの経緯を見ると、別に不思議なことではないように思う。インドネシアのジョコ大統領は業績を残すことを優先したため、彼が在任中に決まったプロジェクトは竣工日はほとんど彼の任期満了の2019年までとなっている。もちろん彼の配下の官僚たちもキャリアのため、完璧な答えを出そうとしている。

そこが問題だ。当初は、現存の線路を整備して高速鉄道に仕上げるという計画だったため、25万億インドネシアルピアしかかからない。しかし、新しく就任した閣僚たちはみんな大統領に良いところを見せようと奮発している。2016年7月に就任した交通相は、当初の計画を覆し、車両からシステムまですべてリプレースすると決めた。それだけで予算は102万億インドネシアルピアに膨れあがると日本が試算した。財務省も負けじと、ODA方式で融資するのではなく、PPP(官民パートナーシップ)方式で日本から融資すると提案した。損が出てもインドネシア政府は責任を負わないという条件付きで。ほぼ「タダで作ってくれ」と言っているようなものだと私は考えている。

それを聞いた日本は大騒ぎとなった。結局インドネシアは、当時中国政府が出した条件をそのまま日本に押しつけようとしているだけではないかと。なんてせこいことをしてくれるのだと。だけど乗りかかった船だ。インドネシアの条件を呑めば、「中国政府の条件はふざけている」という過去の自分たちの発言を否定することになるし、かといって断れば、せっかく手に入ったものがどっかに行ってしまう。日本政府は今頃、インドネシア政府を相当憎んでいるに違いないのだろう。日本の民間企業も、「PPP
だけではこのプロジェクトを完遂するのは無茶な話だ」と相次ぎ悲鳴を上げている。日本政府に残された道は一つ。歯を食いしばってこのプロジェクトを引き受けることだ。

インドネシア政府は今頃、ただ同然で高速鉄道を作ってもらえると喜んでいるのだろう。なぜなら日本政府が文句を言おうものなら、「金がないくせに入札するんじゃねーよ」と反論すれば良いだけだから。弱い国でも、大国間のせめぎ合いを活かして自分の利益を最大化できることを、インドネシアが証明してくれた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161226-1-001.jpg

日本人「中国人は本当に中国高速鉄道が日本の新幹線より優れていると思っているのですか?

日本ネット民の回答
1:
その通りだな。
世界有数の日本、ドイツの技術を買い占めてるから。

2:
殆ど日本とフランスの技術なんですが、独自開発だと言い張って、人民達もそう思っている様ですね。
確かに、スピードは速いですよ。何せ、地震の事を気にしなくていいですし、ほぼひたすら真っ直ぐですからね。
万が一事故を起こしたら・・・(苦笑)

3:
その様です。
どんなに頑張っても日本の新幹線は終わっていますね。中国高速鉄道が安いし、しかも安全です。

4:
中国の高速鉄道輸出はインドネシアやタイやアメリカ等から相次いでキャンセルを受け暗礁に乗り上げました。
所詮、パクリで作った高速鉄道はインチキである事バレテしまい、バブルもはじけた中国は世界の嫌われ者、悪役に変身しました。
嘘つき騙しデタラメ野蛮国の中国に世界はうんざりしています。

5:
リニアとか実用化しとるし総路線長も日本の数倍、価格は半額だからね。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161029-1-001.jpg

中国と日本の高速鉄道を比較してみた結果、中国の圧勝だった

中国の高速鉄道、走行距離は世界一

2014年末まで、中国鉄道の走行距離は11万キロに達し、そのうち高速鉄道は1.6万キロを占めた。それは世界各国高速鉄道走行距離合計の半分であり、間違いなく世界一だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160912-1-001.jpg

日本の新幹線は中国の高速鉄道に遠く及ばない時代遅れの代物だった

昨年、スイス人が「中国の新幹線内ではコインが倒れないが、日本の新幹線内ではコインを立てることすらできない」という動画をアップして話題になった。
これに納得いかない日本のネット民が実際に日本で最も先進的である700系新幹線で試したところ、本当にコインを立てることすらできなかった。
実験者の日本のネット民は、結局コインを立てる事を諦めてしまった。
しかし、中国の新幹線内では本当に立てたコインが倒れなかった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160710-2-001.jpg

日本人「中国は日本の新幹線技術をパクった!」ドイツ人「日本はドイツの高速鉄道技術をパクったくせに」

台湾のとあるバラエティ番組。「中国人の学習能力が凄すぎる?!」というテーマで各国の人が意見を交わしていた。

日本人
「日本は新幹線の技術を中国に提供した。新幹線会社は、この技術は絶対に中国国内だけで使用してくれ、と言ったにも関わらず、中国は『これが中国の素晴らしい新幹線技術アル』と言い、アメリカに売ろうとしている。俺は怒りを覚えた。」

ドイツ人
「何言ってんだ、お前にそんなことを言う資格はない。日本だって俺たちドイツの高速鉄道技術をパクったじゃないか。」

台湾人司会者
「そうね、ドイツ人が正しいわ。」





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160110-2-1.jpg

日本の新幹線は中国の何十年も前に完成していたのに、なぜ海外に売らなかったの?

日本人は一体何をしているのか?
中国にまだ新幹線技術がなかったころ、日本の新幹線技術は完成していた。競争相手がいないうちに、海外に技術を売ればよかったのに、中国が海外に向けて売りだそうとしたら日本が対抗してきた。
日本は中国を潰したいのか、それとも中国に便乗したいのか?
まさか中国が日本の威光を借りているとでも?
もしくは中国が引いたレールに日本が立つのか?
それとも他国が中国からお金を借りて日本の技術を買うとでも思っているのか?




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151216-1-001.jpg

インドの高速鉄道プロジェクトが日本の新幹線を採用すると決定

中新網12月12日 日本メディアの報道によれば、日本の安部晋三首相は現地時間12日にインドのモディ首相と行った連合記者会上で、日印の原子力協定への署名が原則の共通認識を達成し、インドは高速鉄道プログラムで「既に新幹線を採用することを決定した」と述べた。

日本の安部晋三首相は11日にインドへの訪問を開始した。インドの高速鉄道に新幹線モデルを引き入れるのが安倍首相の今回の重要な目的だ。インドネシアの高速鉄道競争で中国に手痛い敗北を喫した日本は、インドの高速鉄道のチャンスを手に入れた、これによってインドに対し借款期限を50年とする低利息借款を含む多くの優遇条件をもたらした。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150601-6-1.jpg

タイでの日中高速鉄道戦争 日本の新幹線が勝利

太田昭宏国土交通相とタイのプラジン運輸相は27日、国交省内で会談し、バンコク-チェンマイ間の高速鉄道について、日本の新幹線方式導入を前提に調査を始める覚書を締結した。
新幹線導入で事実上合意した形とみられる。
開業時期は未定だが、実現すれば台湾新幹線に続く新幹線輸出となる。
安倍晋三政権が成長戦略で掲げるインフラの海外輸出にも弾みがつきそうだ。

合意したのは、バンコク-チェンマイ間を結ぶ約670キロの路線で、日本の新幹線と同じく専用軌道を建設する。
総工費は日本円で約1兆円(約2800億バーツ)超の規模となる。

両国は事業化に向け、需要予測や採算性などの評価を共同で行う。
また、車両や運行システムの選定、運営主体や資金調達の方法など幅広い分析も行う。
建設費の一部については、日本からの資金援助も検討する見通しだ。

日本は新幹線の車両、線路、運行システムをセットで売り込む考え。
JR東日本や三井物産、日立製作所、三菱重工業などが事業への参加を検討するとみられる。

両政府は今年2月、タイの鉄道分野全般の整備協力に関する覚書に調印。
タイ側は日本の新幹線技術に高い関心を寄せていた。
具体的に新幹線を明示した覚書は初めてとなる。

東南アジア地区の高速鉄道網は、今後10数年以内に各地に延伸していくだろう。
日中の高速鉄道技術の輸出は“全面戦争”へと突入している。

タイだけでなくインドでも日中“高速鉄道大戦”が行われており、中国とインドは昨年、レール全長1750キロ、時速300キロの新幹線を走らせる研究を行うと発表した。
しかし日本は2013年にレール全長500キロの新幹線を走らせる契約をインドと締結し、2017年に工事を開始する予定だ。

日本はさらにマレーシアやシンガポールにも新幹線建設計画を話しているし、インドネシアに積極的に出向いて新幹線の売り込みを図っている。
インドネシアは日本とほぼ合意しているが、今年に入り中国の高速鉄道技術にも興味が出てきたようだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ