Tag : 日本
170223-1-001.jpg

日本の幼稚園が中華を辱める「在日韓国人やシナ人はよこしまな考えを持っている」

日本メディアによれば2月16日、大阪市淀川区の学校法人森友学園グループの「塚本幼稚園」が保護者に対し「よこしまな考えを持った在日韓国人とシナ人」などのヘイト文書を配布、大阪府は憎悪表現に当たる恐れがあると問題視し、法人理事長の籠池泰典園長らから事情を聴いている。

日本の共同社ウェブサイトの2月17日の報道によれば、去年12月に児童の保護者からの苦情で、政府職員が今年1月12日に籠池夫婦と面会し、籠池氏は上述の文書を配布したことを認めたそうだ。

大阪府職員は、去年6月に実施されたヘイトスピーチ対策法の趣旨等を述べ、園に配布しないよう要求した。籠池氏はそれについて「コメントできない」と述べた。
私立学校課は「多くの保護者にこの種の文書を配布することには問題がある」と考え、対策を検討中である。

これ以外に、共同社によればこの幼稚園は12月に保護者に対して「心が違うところ(韓国)にある人が日本人として済んでいる我が国には問題がある」と記載した冊子を配布した。ホームページ上にも「韓国・中国人などの下品な奴ら」等の記載があり、後に「K国・C国人等」に改められていた。

塚本幼稚園は戦前の「教育勅語」を読ませるなどの教育で有名になった。森友学園は4月に大阪府豊中市に小学校を開設する、名誉校長は日本の安部晋三首相の妻、昭恵婦人だ。学校用地の問題をめぐり、国有地の14%の価格での引き渡しが発覚、国会での質疑に「はきりとは覚えていない」と回答している。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170222-1-001.jpg

中国人を洗脳する事に最も成功した日本企業・東芝が倒産の危機

「東芝、東芝、新時代の東芝」というテレビCMを覚えているだろうか。
当時、中国の高層ビルはみんな東芝のエレベーターを使っていた。
東芝の家電製品を持つことがステータスで、東芝のノートパソコンが何よりも自慢できるものだった。
しかし、その東芝が、いま倒産の危機に瀕している。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170221-1-001.jpg

なんで日本に「中国地方」があるの・・・?

日本へ旅行に行った事がある人は、日本の本州西部に「中国地方」と呼ばれる場所がある事に驚いただろう。
事情を知らない外国人は、「ここ中国なの?」と聞くかもしれない。しかし、そこは「日本の中の中国地方」である。
我々中国人も、なぜ日本人が自分たちの土地に「中国地方」と名付けたのかわからない。

日本の中国地方は、総面積はそれほど小さくなく、鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県の5県からなる。人口は700万人ほどだ。
だから、中国内で、広島出身の日本人が「中国地方から来ました」と言っても、驚く必要はない。

『古事記』と『日本書記』で、すでに日本の中国地方を指して「中国」という単語が使われている。
1912年の中華民国成立時に、初めて「中国」という国家名称ができた。
それ以前に、日本にはすでに「中国」という地名があった。
その頃は、区別するために国家の中国を「支那」という侮辱を込めた名称で呼んでいた。

戦後、日本は国家の「中国」を認めざるをえず、日本の中国地方を「山陰山陽地方」と呼ぶことにした。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170220-1-001.jpg

日本人研究者の説:日本人の祖先は中国の貧困地区からきている

日本の歴史は中国と多大な関係がある。
唐時代以前は、日本は倭国と呼ばれており、唐の天皇が日本という名を授けた。

日本人の起源は、諸説ある。
徐福の子孫だとか、東南アジアからの移民だとか。
最近、日本の歴史研究家が新たな説を提唱した。
日本人の祖先は、中国の貧困地区―四川省の涼山地区から来ているというのだ。

様々な方面での研究から、文字、そして習慣に至るまで、日本人と四川省涼山地区の人とは似ているという事がわかった。
涼山地区に住んでいる少数民族イ族の人々は、日本語に対してなぜか聞き覚えがある、親しみがあると思っているそうだ。

また、日本の古代の人々の服装と、イ族の民族衣装は似ている。
イ族の男の子は前髪の一部を残しその他の部分は剃っていたが、これは日本の武士の髪型に似ている。
そして、イ族には旧暦6月にたいまつを持って練り歩くお祭りがあるが、日本にも似たようなお祭りがある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170219-1-001.jpg

戦時中、日本はこんな卑怯な戦法を使おうとしていた。日本人自身もドン引きするぐらいのものだった・・・

第二次世界大戦で、もっとも非人道的な兵器と言えば、日本軍医学博士金馬が発明した「性病兵器」にほかならない

日本軍は真珠湾攻撃でアメリカに奇襲をかけ、太平洋にあるたくさんの島を占領した。しかし、アメリカ軍の反撃を受ければ、せっかく占領した島を失うことになるだろうと日本軍も重々承知していた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170218-1-001.jpg

なぜ我々は小日本と呼ぶことが好きなのか?その理由は彼らの身長にあった!

近代以来、日本は我々中国人にとって悪い印象しかない。
憎しみを込めて小日本と呼ぶ事に抵抗が無いわけではないが、小日本という呼び方は間違ってはいない。
なぜなら、昔の日本人は本当に背が低かったからだ!

1.古代、日本人は倭人と呼ばれていた。なぜ倭人と呼ばれていたのか。それは背が低いからだ。

170218-1-002.jpg


2.第二次世界大戦時、日本は世界を征服するため、兵役を取り入れた。徴兵された人々は、甲乙丙丁戊にランク分けされ、最高ランクの甲には、身長150㎝以上で健康な者しか入れなかった。150㎝以上が最高ランクとは、当時の日本人はどれだけ背が低かったのだろうか!

170218-1-003.jpg





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170217-1-001.jpg

日本は先進国で大国なのか?

先進国、富裕国家、総合実力大国はそれぞれ異なる概念である。

このいくつかの概念はネット民が混同しがちなものだ。私は学習したばかりなのでみんなに紹介したいと思う。富裕国家は主に民生の視点から見たものだ。国民の総合的な福祉レベルの高さ、国民の物的生活の充実度を見る。
総合実力大国は国家の総合的な力から見るものだ、主に経済、政治、軍事、文化、国土人口の5つの核となる実力を見る。

先進国は一人当たりGDP,工業化レベル、科学技術、経済の国際化のレベルなどを見る。

先進国と実力大国の概念の違いは先進国が質を強調している点だ。例えばシンガポールもノルウェーも先進国だが、総合実力は中国、インド等の途上国に及ばない。先進国は富裕国家でもあるが、富裕国家が先進国であるとは限らない、例えばサウジアラビア、バチカンなどだ。

事実を言えば、日本は世界でもかなり上のレベルの先進国であり、富裕国家であり、総合実力大国である。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170216-1-002.jpg

愚かな韓国人は漢字を廃止した。韓国って劣等感の塊なんだよな。

民族としての「独自性」をアピールすべく、韓国は漢字をほとんど廃止し、無理矢理西欧の文化圏に入ろうとする。その結果、漢字で書かれた史書を読める人がほとんど居なくなり、中国の史書を頼らざるを得なくなった。

韓国人は重度なコンプレックスを抱えている

韓国人は重度なコンプレックスを抱えている。その理由は単純だ。韓国は昔から、中国と日本という二つの強い国に挟まれ、近代に入ってからソ連とアメリカの板挟みにもされていた。どちらかの国への依存から脱却しようとしても、国として滅びる危険性に晒される。それなのに韓国人のその謎の自信はどこから来たんだろうと不思議です。

それから、古代の朝鮮は中国に貢いでいた。その代わりとして、朝鮮は中国からの庇護を受けると約束されていた。それでも中国はずっと朝鮮の独立性を尊重し、一度も朝鮮を支配しようとしなかった。それなのに朝鮮人は敵と味方がわからないようだ。明の時代、日本は20万の大軍で朝鮮を侵攻したが、明に助けられ、なんとか亡国から逃れられた。でなければ今の韓国人はみんな日本語を喋っているのだろう。

170216-1-001.jpg

韓国人の祖先とされている人物


明が滅び、漢民族の王朝が蛮族に負けたのを目の当たりにした朝鮮人は、中国はもはや尊敬すべき国ではないと決め、自分たちの文字を作り始めた。

蛮族が支配する元と清ですら、漢字と蛮族の言語が同時に使われていたというのに、愚かな韓国人は漢字を捨ててしまった。漢字を捨てる=文化を捨てるということがわからない韓国人。その結果が史書が読めない韓国人がどんどん増えていくことだ。今の韓国人が知ってる歴史って、「アメリカ人の助けで北朝鮮に勝った」ことぐらいだろう。嘆かわしい。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170215-1-001.png

奇妙な街頭調査:日本人にアメリカと中国どっちが世界のリーダーか聞いてみた結果・・・

「日本で奮闘」という番組の中国留学紹介機関の調査で、おかしなことを聞いていた。アメリカと中国どちらが世界のリーダーかという質問だ!

当然こういった質問は、日本人もおかしいと思ったようだ。
第二問と第三問もおかしかった。「中国は将来アメリカに取って代われると思うか?」、「将来日米関係と日中関係どちらが重要になるか?」というものだった。想定通り、日本人の多数の解答が中国はアメリカの代わりにはなれない、日米関係の方が重要だというものだった。

中国の政府レベルや知識階級は、中国は絶対にアメリカに取って代わる意図はないと宣伝していて、歴史、文化、政治、国情、客観的な面からそんなことに意義はないと論証している。中国がそんな意図を持つことはありえないという主張だ。


民間レベルでは一般的な知力を持っている人も、中国がアメリカの代わりになるという命題は近い将来にありえることではない、現実的ではないと考えている。そんなことは妄想レベルのことであり、日本人の前でそんなことは言えないだろう。

この機関の調査にはどんな意味があるのか?これは中国人をディスるための偽の調査ではないのだろうか、日本人のイメージでは中国人は虚勢ばかりの頭のおかしい無知な人間になっているのではないだろうか。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170214-1-001.jpg

なぜ日本は「細かい礼儀ばかりで大義のない国」なのか?

あるネット友達が聞いてきた、なぜ日本は「細かい礼儀ばかりで大義がない国」なのかと。
日本という国は中華文化の影響を深く受けている。唐代に、日本の遣唐使が中国に来て学んだ。彼らは古代中国の思想と文化を好んでいて、深く影響を受けていることがわかるだろう。それに代々の伝承と発展を通じて日本独自の表面的な礼儀を形成した。現代の日本が他者に与えるイメージは礼儀正しく秩序があるという「民度が高い」印象なのだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ