Tag : 日本
170423-1-001.jpg

日本はこういうところで中国に負けている

礼儀正しい国と言われている日本だが、中国に負けてるところがたくさんある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170422-1-001.jpg

1000年前の日本人の身長は110㎝くらいだった。今、やっと背が伸びてきた。

古い資料によると、漢時代以前の日本人の平均身長は、110㎝~120㎝だったらしい。
日本の成人男性が中国人の横に立つと、中国人の腰の辺りまでしかなかったらしい。
それが本当かどうかはわからないが、背が低いという事は、国家の発展に不利であっただろう。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170421-1-001.jpg

日本のネット民も呆れる・・・安倍内閣がヒトラー「我が闘争」の教材使用を容認

毎日新聞「「我が闘争」の教材使用について、日本政府は曖昧な答弁をし、大きな議論を引き起こした。」

「我が闘争」を一部引用し、教材に使用している学校があることについて、民進党議員が国会で質疑した。
政府は14日の持ち回り閣議で、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝的著書「我が闘争」の教材使用について、「教育基本法等の趣旨に従っていること等の留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」とする答弁書を決定した。民進党の宮崎岳志氏の質問主意書に答えた。


170421-1-002.jpg


日本のネット民「政府は狂っている」

日本政府のそのような閣議決定は、日本国内で大きな議論を引き起こした。「政府は狂っている」「日本政府は世界の敵だ。許せない」と言ったコメントも。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170420-1-001.jpg

日本国内にいる中国人スパイ5万人の正体、女スパイは自衛隊員と結婚している

2017年4月18日、環球時報は、日本国内の週刊誌が「日本国内に5万人の中国人スパイがいる」との記事を掲載したと報じた。
同紙ウェブサイト上では「日本の雑誌がまた作り話を始めた」との見出しが付けられている。

記事は、日本のある週刊誌が「きちんとした反スパイ法がない日本では先進国で最も諜報活動がしやすい国になっており、中でも中国のスパイは3万人とも5万人とも言われる。留学生や社員、文化人、飲食店や風俗店員などに扮して巨大なネットワークを作っており、自衛隊基地周辺には大量の女性スパイが潜伏している。中国人スパイに誘惑された国会議員も数多い」などとする記事を掲載したことを紹介し、「このような『スパイの脅威』を煽り立てる行為は、日本においてかなりのマーケットが存在する」と伝えた。

中国社会科学院日本研究所の盧昊(ルー・ハオ)氏は「まず、記事が掲載されたのはゴシップ系週刊誌であることで、その信ぴょう性が下がる。多くの在日中国人がスパイであるという話は全く根拠に欠けるものだ」と指摘。
「実際は、両国国民の密接な交流が日中関係安定の基礎というのが、日中両国における主流派の声だ」と説明した。

また同氏は、「日本のメディアが中国人スパイ論を煽り立てる行為は、日本の保守勢力や極右勢力が世論に介入する手段としての要素が大きい」と分析。
「中国との競争や対抗に関するオピニオンは、その真偽にかかわらず、彼らにとって格好の素材。日中間におけるこの手の雑音がここ数年ますます大きくなっているのは、両国の経済力が逆転したことで、日本における対中認識のネガティブ化が起きているからだ」と論じている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170419-1-001.jpg

NHKが日の丸を中国国旗の下に 岸信夫外務副大臣「あってはならない」

NHKが3日に放送した番組「ニュースウオッチ9」の中で、日本の国旗を中国の国旗の真下に表示していたことが13日、わかった。
岸信夫外務副大臣は同日の参院内閣委員会で、独立国の国旗を上下に位置させることについて「下の国旗は下位、服従、敵への降参などを意味し、外交儀礼上、適切ではなく、あってはならない」と答えた。

自民党の有村治子参院議員の質問に答えた。映像は航空自衛隊の戦闘機の緊急発進(スクランブル)急増に関する特集の中で使用された。
有村氏は「NHKはどこの国の公共放送か」と述べて批判した。

NHK広報部は産経新聞の取材に対し「上空を飛行する中国機に対し、スクランブルをかける自衛隊機のイメージをわかりやすく示すため、両国の国旗と機体の画像を使って放送した。国の上下関係を示す意図はなかった」と説明した。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170417-1-001.jpg

今の日本の政治的な問題について

戦後日本の政治はずっとアメリカの言いなりだった、今の日本の民衆はアメリカに頼りっきりの現状をどう思っているのだろうか?やはりアメリカとは手を切りたいのだろうか?

だが、侵華戦争から言えば、日本人は罪深いなどとは思っていないようだ。それも若い世代の日本人はそれらの教訓を見失い、好き放題にしているらしい…本当にそうなのだろうか?

みんなはどう思う?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170417-1-001.png

日本投降後、中国人に養われた中国残留孤児の多くは日本に帰りたくないらしい

日本が敗戦し、中国から去っていくとき、数千名の子供たちが中国に残された。
その子供たちは、その後、中国人に養われた。
彼らは日本へ帰りたくないらしい。
一度日本へ戻っても、また中国へ戻って生活している人が多い。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170416-1-001.jpg

ドイツ人が日本にブチ切れ!「独という字は差別!」 日本人「中国に文句言えや!」


1:日本人

それだけ漢字を愛するシュミッツさんが嫌いな漢字が、ドイツの当て字「独」だ。獣偏を使っていることに、差別視がうかがえるという。
「漢字を知るドイツ人としては、この文字は変えてほしい」。白川さんも生前、シュミッツさんの主張を聞いたとき、「それが日本人の
中華思想ですよ」と、差別意識が文字に表れていると同意したという。

新聞を読んでいて、ドイツの出来事を報じた記事の見出しに「独」があると悲しい気持ちになる。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170415-1-000.jpg

なぜ小さな日本が第二次世界大戦では中ソ米国相手に戦争ができたのか

日本と言えば、「小さい国だ」なんてイメージが湧くかも知れないが、それは誤解だ。確かに中国と比べれば、人口も国土面積も日本のほうが下かもしれないが、戦争でものを言うのは総合実力だ。それに関しては、日本は決して小さい国とは言えないだろう。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170414-1-001.jpg

日本を黙認し続けるアメリカって何考えてるの?

核武装すらも容認しそうな勢いだよ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ