Tag : 日本製品
170312-1-001.jpg

中国人は日本製品を買う必要がなくなった。なぜなら中国製品が日本人も買うほどになったからだ

日本製は中国製に負けた?
中国のスマホメーカー・ファーウェイは、ここ数年、日本市場で頭角を現している。

昨年のクリスマス商戦期間に、ファーウェイは日本でたくさんの広告を打った。
東京の地下鉄の主要駅は、ファーウェイの広告で埋め尽くされた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151127-2-001.jpg

なぜ中国南方人は日本製品を買い、北方人は買わないのか(理性的分析)

俺は中国北方出身で、仕事で南方に来ている。南方では日本車が多く走っているが、北方では少なかったように思う。抗日戦争の時、南方は日本に占領されていて、北方は日本の影響はなかったのに。逆にネットでは北方の方が日本車が多く、南方では少ないと言っている人もいるけど。

個人的な分析をしてみた。
①都市が発展すればするほど、人々は開放的になり包容力も増し、市場化する。自分にとって得なものは何でも利用する。
②都市が発展していなければ、人々は“情”を重んじる。いまでも北方ではよく人情と言う言葉を耳にする。
南方では役所の人の態度もまぁまぁ良いけど、北方では病院に行っても医者の態度は高圧的だ。

結論:過度な市場化はもろ刃の剣。“情”ももろ刃の剣。

実は俺も日本車に乗っている。でも車を買う時、両親は俺が日本車を買う事に反対していた。俺は全く気にしないから買ったけど。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150305-7-1.jpg

日本で買った便座、実は杭州製だった・・・

春節期間に日本へ旅行に行った中国人は45万人。
消費額は60億元にも及んだ。
炊飯器のほかに、今年は温水洗浄便座が人気商品であった。
日本メディアが「便座売り切れ」と報じるほどだった。
杭州に住む王さんも春節に日本へ行ったひとり。
だが大阪で買った便座の段ボールには“Made in China”。
しかも杭州産と書かれているのを発見した。
王さんは「日本で探し回ってやっと買った便座が家の近くで生産されていたなんて、信じられない」と語る。
松下電器が2004年に杭州に便座や炊飯器や洗濯機の生産工場を造っていたのだ。
杭州で造られた便座が日本へ輸出され、最終的に中国人観光客が購入する。
中国のネット民は「これは便座も日本旅行したかったんだな」と言っている。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150301-3-1.jpg

調査:まだ六割の中国人が日貨抑制(日本製品ボイコット)をやっている

人民網東京2月23日 「読売新聞」の報道によれば、日本貿易振興機構(JETRO)が発表した「中国ビジネスに関する調査」で、中日両国政府間の関係改善に向けた動きが影響し、中国人の抵制日貨の意識は薄くなりつつあるが、アンケートに答えたうちの6割の中国人が両国関係は日本製品の購入に影響を与えていると答えている。
この調査は2014年12月にインターネットを通じて実施されており、調査対象は北京や上海などの1200人の成人である。
中日関係が日本製品不買に影響を与えているかという質問については、60.9%の回答者が「一定の影響を受けている」と答えている。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150131-2-1.jpg

どうして日本製品を抵抗してる人がまだいるのか

ネットで今も日本製品を抵抗しようと叫んでいる人はまだまだいる。
本当に不思議だわ。
基本常識の普及はまだこれからなんだな。
日本の技術と資金は、中国工業を立て直し、現代の発展に重要な役割を担ってきた。
今中国のすべての社会問題、例えば教育医療年金、食べ物の下水油、税金高など、特に1番厳重な特権問題、これらは極権主義社会発展の必然の結果だ。
日本とは何の関係もないのにね。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150118-2-1.jpg

中国の第二世代身分証はなんと日本が作ったものだとは・・・

『中国青年報』によると、中国公民すべてが持つ第二世代身分証はある日本の会社が印刷しているため、中国公民に関する資料が漏れているのではと懸念がある。
この懸念に対して、市の公安局の関係者は記者に対し、身分証上の公民情報は中国の公安機関にて入力されているので、それが外国に漏れることはないと説明した。
中国の第二世代身分証の業務は日本の富士通という企業が受け持っていた。
警察は、第二身分証の型は、公安部の指定する企業で印刷されているとのことで、これは日本企業の参加の可能性が消えたわけではない。
しかし公安機関以外の企業で印刷されるものは第二世代身分証の型に過ぎないし、すべての内容は等しく空白であるとした。
また、第二身分証のチップシステムには大量の個人情報が保存できるが、これはすべて国内企業が生産していて、ここからの漏れはないという。
専門家が論証したとき、このシステムを破るには少なくとも20億元の投資が必要だと言っていた。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150109-2-01.jpg

トヨタが中国での売上目標を調整

北京時間1月6日夜のニュース、現地時間1月6日、トヨタは2015年に中国市場で110万台の売り上げを実現する計画であると発表した。2014年に自動車産業全体の発展が緩んだことによって、トヨタはその売り上げ目標を実現できておらず、今回の発表はトヨタが再度売上目標を調整した後のデータである。
トヨタは2014年の中国における売り上げを103万台と発表した。前年と比べると12.5%増だ、だがこの数字はトヨタが設定した目標値とは離れたものである。
あるアナリストは、トヨタの2014年の中国における目標未達成は業界では想定内のことであり、早い時期からトヨタの中国本土での合資企業は売り上げ予測値を発表していたと指摘。中国の一汽豊田汽車公司は去年の9月に年度売り上げ目標値の調整を発表し、6%下がっていた。一汽豊田は中国経済の成長の緩みと在庫過多が中国での売り上げに影響した主な要素だと発表した。
ここ数カ月、中国の自動車市場の成長速度は明らかに緩んでいる、中国汽車工業協会が発表したデータによれば2014年前11カ月の中国の自動車市場の総売上(乗用車と商用車を含む)はプラス6%で、前年の同時期の数字はプラス14%だった。
通用汽車の中国総裁・銭恵康は現地時間1月6日に、中国の自動車市場の2014年の売上は最終的にプラス7.5%になると予測していると発表した。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150104-6-1.jpg

日本ブランドの危機再来、三大車メーカーの売り上げが軒並み下落

中国市場で「釣魚島事件」を経験した後、全面的に緩やかに回復した日系車だったが、新たな冬に突入した。
少し気を付けてみれば容易にわかることだが、トヨタ、マツダ、ホンダ、日産が相次いで11月の売上データを発表し、トヨタが同時期と比べて2.9%微増した以外、そのほかの3社はそれぞれ下落した。
その中で、マツダは連続して増えていた後初めて2.1%下落した。
一方日産とホンダの下げ幅は2桁となり、それぞれ11.8%と12.1%だった。
もちろん上述した4社の主流の日系車メーカーの下落幅は、2013年日系車が中国市場で大幅な成長率だったのと少しは相関関係がある。
また、それまでの11か月の売り上げデータを見ると、ホンダだけが下落していたのにもかかわらず、トヨタ、マツダ、日産は中国においてまだ上昇していた。
しかし11月の大幅な下落は「日系車の春は終わろうとしているのか?」という深刻な警告を出している。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150104-1-1.jpg

お前らはなぜ日本車を買うのか?日本車を買わないと死んでしまうのか?

いまどこにでも日本車の広告があふれている。
広告が多いのは理解できる。
日本人から広告費をとって俺たちが儲けているのだから。
でも南京大虐殺や魚釣島やらの問題を知っているはずなのに、なぜお前たちは日本車を買うのか?
日本車を買わないと死んでしまうのか?
韓国車やヨーロッパ車やアメリカ車だってあるじゃないか。
将来開戦したときに日本人がお前に銃口を向けるその銃は、お前らが日本車を買ったお金で造られたものかもしれないんだぞ。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150104-4-1.jpg

トヨタ車買ったら、友達から軽蔑された。私が悪いの?

この前、車を買ったんだけど、私はどの国のメーカーかは全く気にしなかった。
街乗りだけで高速は乗らないし、燃費のよさが重要だった。
全然高くない普通のトヨタ車を買った。
友達に車の写真を送ったら、おめでとうと言ってくれた。
友達はみんなすでに車を持っていたから、羨ましいとは言われなかった・・・
でもそれから友達から軽蔑されるようになってしまった。
「日本車は安全性に問題があるのに、買うなんてバカ」
「日本車買うなんて売国奴」
・・・だそうだ。
このままじゃ友達の前で車を運転できない。
みんなは日本車を買う事についてどう思う?



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ