Tag : 日本語
170927-1-001.jpg

日本語は役に立たないのか?中国大手メーカーが大学の説明会で「日本語差別」発言、関係者が謝罪

2017年9月23日、澎湃新聞によると、中国のスマートフォンメーカー・シャオミ(小米科技)が河南省の大学で行った新卒募集の説明会において、日本語を学ぶ学生を差別する発言をした。

22日、シャオミが鄭州大学で新卒募集の説明会を行ったが、その際にイノベーション部の責任者が「日本語を専門に勉強した学生はもう帰っていい」と話した。
さらに、「ドラマを作る仕事でも紹介してあげよう」と言うと、その場にいた200人以上の学生が爆笑したという。

日本語を専門に勉強しているある女子学生は、「専門分野は問わない」という触れ込みだったので説明会に来ていたのに、そのような侮辱的な発言で笑いものにされて怒り心頭に発し、他の学生とともに提出した履歴書を撤回して会場を後にしたという。

その後、シャオミの関係者が公衆の面前で差別的発言をしたことがネット上で知れ渡り、創業者の雷軍(レイ・ジュン)CEOのコメントを求める書き込みが相次いだ。

23日、「秦涛繁星点点」というハンドルネームのネットユーザーが「軽率な発言だった。責任はすべて自分にある。心からおわびしたい」と謝罪文を書き込んだ。

シャオミに問い合わせると、この「秦涛繁星点点」こそ説明会で問題発言をした社員で、書き込みは学生たちに直接謝罪した上でのことだという。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160308-2-001.jpg

第二次大戦時期の日本のベトナムへの植民で200万人が飢餓に陥った


日本メディア:日本語は英語を抜いてベトナムの学生の「第一外国語」に


 【環球網報道 記者 余鵬飛】日本の「産経新聞」3月2日の報道によれば、日本の駐ベトナム大使館の1日の発表で、ベトナムの小学校に日本語を普及させ、日本語をベトナムの学生の「第一外国語」にする狙いがあるようだ。

報道によれば、日本政府は既にベトナム教育部と協議を達成しており、小学三年生を対象に9月から開始し、ベトナムの首都ハノイの三か所の小学校にふたつの日本語学習クラスを設置しているという。

日本の駐ベトナム大使館の情報を引用している、これは東南アジアで初めての日本の初等教育の導入だ。

ベトナムの一部の高校では日本語課程を既に実施しているという。ベトナムと日本の経済的な往来の深化に伴い、日本語ができる人材への需要がだんだん高まっているようだ。

報道によれば、日本は韓国、マレーシアに次いで三番目にベトナムに投資する大国だ、ベトナム人の対日感情は友好的で、日本に旅行するベトナム人もだんだん増えている。現在4.6万人のベトナム人が日本語を学習しているという。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150325-2-1.jpg

今日の授業で、先生に日本人ですかって聞かれた・・・

授業の最後の15分、教える内容は全部終わったから、自分で本を読んで自習って先生が言った。
だから私は日本語の単語の勉強をしようとおもって日本語の本を読んでいたら、それを見た先生が、「お前は日本人か?」って聞いてきた・・・



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ