Tag : 核兵器
171216-1-001.jpg

中国の大量の核兵器は一瞬で日本列島を消滅させられます

中国の核兵器は日本が頭を悩ませている問題のひとつだ。
一部の日本の軍事専門家たちは、この点からみて日本は中国の相手にはならないと考えている。
日本の専門家が日中関係を語るとき、必ずと言っていいほど「やはり日本も核兵器を持たなくてはならない」という結論になる。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161002-1-001.jpg

日本と戦争になったら中国が負けるって言ってる奴は正気か?

日本の海軍が強いことは認めよう。
でも、陸海空軍、核ミサイル全てを加えても日本に勝てる見込みはないのか?
それに中国と日本という両大国の間なら第三者からの仲裁もある!
だから全面戦争はあり得ないだろうし、経済戦や局地戦になる可能性が高い!
そうなれば更に中国有利だ!





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160707-1-001.jpg

日本が核兵器を持ったら、きっと恐ろしい事になる

日本はなぜ核兵器を持たないのか?
第二次世界大戦で広島・長崎に原爆を落とされ、核兵器に対する国民の反感が強いからという理由もある。
しかし、日本の右翼には、「あのときもし日本が原爆を持っていたら、アメリカは広島に原爆を落としただろうか」と問いかける者もいる。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160430-2-001.jpg

日本は釣魚島を中国に渡したら勝者になる

日本が中国の釣魚島を占領するのは利益的には道理に合わない。
話し合いで解決しようともしない。
この火種を基に、軍国主義を復活させ、核兵器を製造したり、再び他国を侵略することが目的だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160125-2-001.jpg

日本はその気になれば1年に2000発の核兵器を作れるって本当?

日本の六ヶ所村核燃料処理場では一年間できたプルトニウムから9トンも兵器用のものが抽出でき、2000発の核兵器を製造できる。
その量はアメリカと比べても低くない。
ある専門家は日本が現在、秘密裏に50から100メガトン級の核爆発システムを2~5発生産していて、数量上だけでなく、威力上も遥かに朝鮮とイランを超えていると考えている。
ここ数年、日本当局は絶えずに軍備を拡大しつつあり、特に安倍晋三内閣が領土問題には対外拡張の政策を実行している。
日本の核武装の発展動向に人々は高い関心を寄せなくてはいけない。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150910-4-1.jpg

米国メディア:中国は核兵器持ってるから安倍は中国侵略は無理だとわかってるだろう

日本メディアは米国に「中国の脅威」を売り込み、米国軍艦に中国の南中国海の島礁を通るようけしかけている。
だが米誌「VICE」が5日の報道で取り上げたのは、「米中海軍が、第3次世界大戦触発の回避のためにいかに努力しているか」であった。

また同日の「ニューヨーク・ポスト」は、「中国は米国経済を元気づけている」と報道した。
これによると「アメリカン・ライフ」のCEOであるヘンリー・リーブマンは、「中国から米国には現在、不動産や株式市場など多くの場所に大量の資金が流れ込んでいる」と語っている。
全米不動産購入者協会のデータによると、2014年に米国が外国人客に売却した一軒家とマンションのうち16%は中国人客に購入された。

米誌「フォーブス」は4日、米国は中日衝突のリスクに巻き込まれないよう注意しなければならないと警告した。
これによると安倍首相のような日本の過激な民族主義者であっても、核武装した中国に対して新たな軍事侵略は不可能であることを承知している。
だが日本の高官は中国の敏感な神経を刺激し続け、過去の政権の犯罪の見直しをはかり、帝国の象徴である靖国神社を宣揚するなどしている。

報道によると、中日間で戦争が起こることは想像しがたいものの、戦争との距離は、酒に酔った軍艦の艦長や乱暴な戦闘機のパイロットによって簡単に乗り越えられてしまうほどのもので、民衆の情緒も政府に後退を許さない状況となっている。

ドイツ人学者のEverhard Holtmannは、日本は結局のところ米国の駒の一つにすぎないと指摘している。
西洋のことわざに、「尻尾を振っているのは犬であり、尻尾が犬を振っているのではない」とあるように、米国が日本に勝手を許すことはない。

米軍の偵察機が数カ月前に南中国海の人工島上を飛行した際には両国関係は緊張したが、米中関係は緩和に向かっており、緊張のネジが巻かれる状況にはない。

「リー・クアンユーとの対話」などの書がある米国人学者トーマス・プレートは5日、香港紙「南華早報」に寄稿し、各方面の人々が互いに依存せざるを得ない世界においては、もしも中国に不測の事態が訪れれば、その直面する困難は竜巻や暴風雨のように、遠く離れた米国のオクラホマ州にまで影響を及ぼすことになると指摘している。

中国の輸出する安価な製品がオクラホマ州の子どものクリスマスツリーの下での喜びを生み出してきたように、米国と中国という二つの国は多くの面で相互に関連している。
関係が決裂すれば、その結果は想像するに耐えない。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150821-3-1.jpg

日本政府「アメリカに原爆の謝罪を要求するよりも、核廃絶運動を推進するほうがよい」

政府は14日の臨時閣議で、昭和20年3月の東京大空襲に関し「戦後70年を経た現時点で米国に謝罪、反省を求めるよりも、政府としては、今後も世界の平和と繁栄に貢献していくことが重要である」とする答弁書を決定した。
東京大空襲が「当時の国際法に違反して行われたとは言い切れないが、人道主義に合致しないものであったと考える」とも指摘した。

また、米国による広島と長崎への原爆についても「人道主義の精神に合致しない」と強調する一方、「米国に謝罪や反省を求めるよりも、政府としては、現実的かつ着実な核軍縮努力を積み重ねていくことが重要である」とする答弁書を決定した。

2007年にも日本政府は答弁書を発表しているが、内容はアメリカの原爆投下への抗議だった。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです