Tag : 残留孤児
170417-1-001.png

日本投降後、中国人に養われた中国残留孤児の多くは日本に帰りたくないらしい

日本が敗戦し、中国から去っていくとき、数千名の子供たちが中国に残された。
その子供たちは、その後、中国人に養われた。
彼らは日本へ帰りたくないらしい。
一度日本へ戻っても、また中国へ戻って生活している人が多い。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170208-1-001.jpg

日本が敗戦後、中国に残された悲劇

日本人の投降は突然すぎた。彼ら自身も反応できないほどだっただろう。彼らはこの情報を発表せずにはいられなかった。そして突然だった結果として、彼らはすべてをしっかり準備せずに中国の領土から撤退し、彼らは東北に国民を残したまま帰ってしまったのだ。残された人々は一度に帰国するには多すぎて、次の帰国のための時間も長くなり過ぎ、無情にも我が国に残るしかなかったのだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160303-2-001.jpg

中国残留孤児が自費出版した回顧録 「日本人に中国人の善良さを理解させたい」

「私の中国の養母の心は水のように透き通っていて、まったく汚れがなかった。養母が私を育ててくれたのは私心からではなく・・・・・・養父母は私のような侵略者の子供の排泄の世話をし、大きくなるまで育ててくれた」。中国残留日本人孤児の中島幼八さん(78)は中国の養父母について語ると、思わず涙を流した。新華網が伝えた。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160228-2-001.jpg

第二次世界大戦後、なぜ11万人もの日本人女性が中国人に嫁いだのか

1945年8月、ソ連軍が大挙して押し寄せ、中国東北部の日本軍を打ち負かした。このころの東北では、農場・企業・生活・学校など、すべてに日本人が関わっていた。一等人民が瞬時に難民に変わった。その数およそ130万人。

混乱の中、日本人女性はすでに知り合いだった中国人男性や、中国人女性の紹介などで、中国人男性に嫁いだ。自身では解決できない、恐怖と飢餓を解決するために。資料によると、中国人男性に嫁いだ日本人女性は11万人にも上るという。

残りの120万人の人はどうしたのか。難民となった彼らには、回避すべきものが多すぎた・・・最大の問題は、120万人もの人の住むところと食べるものだった。

戦争が終わり、秩序が戻った後、アメリカと中国の協定により、東北地区の日本人を時期を分けて日本に帰すことになった。

殆どの人は、中国での生活の方が長かった。生まれ、学校、仕事も中国だった日本人が、中国を離れる事を選んだ。しかし、多くの日本人、特に中国人男性と結婚した日本人女性は、中国に残る事を選んだ。

中国を離れる事を選んだ人達にはたくさんの苦労があった。葫芦島に着くまでには、さまざまな恐怖があった。土地の農民が報復のために日本人を暴行した。

話を中国人に嫁いだ日本人女性に戻そう。浩代金子という人の話だ。
1940年初め、浩代金子は高校卒業後、夫について朝鮮に来た。夫は駐朝鮮17軍の小隊長だった。その後、夫は朝鮮で戦死、息子は行方不明。戦乱の中、彼女は中国の延吉まで逃げた。人の紹介により、牡丹江の日本人憲兵と結婚した。

浩代金子の2番目の夫は1945年8月に戦死。彼女は中国に身寄りがないため、逃亡生活を送っていた。その後、人の紹介により三番めの夫に嫁いだ。夫は中国人だった。
夫の親戚たちは、男がやっと嫁をもらったと喜んでくれた。

中国に残った日本人女性たちは、その後、日本に戻り定住し、仕事をしている人も多くいる。中には日中友好のために貢献している人もいる。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです