Tag :
160702-1-001.jpg

北京「毒運動場」の小学校が復帰 保護者は改善の効果を未だ疑問に思う

修繕を終えた元毒運動場が開放され、北京の二小白雲路分校は授業に復帰した。朝授業の前に、ある保護者が子供を連れずに来て、学校の環境整備の効果に疑問を持ち、学校を「考察」させるよう求めた。

朝7時過ぎ、白雲路小学校西門にある保護者と子供が北。校門の外から校内の舗装された地面が見え、元々あった運動場は緑に囲まれており、開放後の臭いは門の外からは嗅ぐことができなかった。

ある4年生の子供の保護者は自分だけで学校の情況を見に来ていた。運動場施工時にもの北が、作業員が運動場を黄土と砂で覆っているのを見かけ、昨晩は学校の外からタイヤのような臭いを嗅いだという、今日はその臭いはなかったが、運動場の具体的な開放の程度と、今後どうするかについては、学校側は明確に回答していないようだ。よって校内の空気に問題がないか確定するまでは、今後二週間、あるいは次の学期まで子供を登校させないという。


別の2年生の保護者は、運動場から異臭がしたことはなかったが、各教室内の空気が基準に達するものかどうかについてははっきりと答えなかった。更に記者に対し、子供の日の前後に学校を見に来たことがあるが、室内の空気は悪く、一週間前に家属委員会を通じてある会社に室内の空気を検査させたが、検査報告を受けていないという、ここから彼女は室内の空気の情況に疑いを持っている。

ある3年生の保護者は、運動場が開放されて満足だと言う、だが室内の空気の質については不満があるようだ。子供にはまず学校で授業を受けてみて状況をよく見るように言っている。「たくさん水を飲ませ、教室に異常はないか感じさせ、何人が授業に出ているかを見させる。」彼女が言うには、子供は既に二週間学校に来ていない。家でも自習はしているが、学校の環境で勉強をする必要があるようだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160114-1-1.jpg

日本の九州で高濃度のPM2.5が発生 10キロ先が見えない

1月4日、日本の福岡市に高濃度のPM2.5が発生した。
画像左後方の博多港の塔がはっきりと視認できなくなっている。

原題「日本の九州で高濃度のPM2.5が発生、視界が10キロ未満に」
日本の「産経新聞」の1月4日の報道によれば、九州北部で4日、微粒子状物質「PM2.5」の大気中濃度が高まった。
福岡管区気象台によると、福岡市、探し、長崎市などで空気中の乾いた微粒子により視界が10キロ未満になる「煙霧」が発生し、見通しが悪い状況が続いた。

福岡県によれば、北九州市で午後2時ごろ、大気1立方メートルあたりのPM2.5の濃度が112マイクログラムに達し、県内の複数の観測所で連続して国の1日あたりの平均の基準値である70マイクログラムを超えたようだ。
佐賀県や長崎県でも、複数の地点で基準を超える濃度が観測されたようだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150312-4-1.jpg

日本人の大陸に対する評価

粉ミルクでさえ偽物を作るなんて、恥ずかしい国・・・だってさ。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ