Tag : 皇室
170521-1-001.jpg

徐福が日本の神武天皇である10の証拠

神武天皇は日本の初代天皇であり、日本の天皇制度の創始者である。
神武天皇の出自は、日本においては謎である。
彼は天から降りてきた神だとされているが、彼を中国から来た徐福だとする説もある。

最初に神武天皇が徐福説を唱えたのは、清時代の詩人であり学者の黄遵憲である。
1950年、彼は『徐福が日本を建国した』という本を香港で出版した。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161210-1-001.jpg

なぜ日本の皇室は男子が少ないのか?原因はこれだ!

日本の皇室はあんまりにも後継者が少ないため、女性天皇の可能性まで取り沙汰されている。今上天皇は10歳の孫しかなく、皇太子徳仁親王も息子が居ない。そのため、徳仁親王は次の天皇になることもできない。ではなぜ日本の皇室はここまで男子が少ないのか。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160923-1-001.jpg

日本の天皇とイギリスの女王はどう違うのか?

日本の天皇制を誰かが解説する度に日本の皇室と英国王室を比べたりする、日本の天皇とイギリスの女王はどちらも実権のない君主だと。実はこの比喩はあまり正しいものではないのだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160409-2-001.jpg

なぜ日本人は天皇に反抗しないのか?

日本では、天皇は実際の権力を持っていないが、神聖な存在とされているため、どんなに大きい度胸の持ち主でも天皇に反抗しようとしない。明治政府は改革を進めるために、まさにそういうところを利用して、天皇陛下名義でさまざまな政令を頒布した。それとともに、明治政府は天皇を神格化することで、日本人に自分たちは神の子孫であると信じさせることで、日本人の劣等感を消し去った。戦争中天皇陛下のために死ねる人がたくさんいたのはまさにそのためだった。そういったことがさらに天皇陛下の神格化を加速させた。

明治政府はさらに憲法で天皇陛下は日本の元首と定め、日本の国歌を天皇讃えるものにし、国旗を天照大神を象徴する日の丸にした。天皇の神秘性を保つため、皇室のメンバーはあえて一般人とある程度の距離感を保つようにしていた。それに、明治政府はわざわざ天皇を日本各地に巡遊させ、天皇陛下に会った人はみんなお辞儀をするように義務づけた。

日本では、菊の花は高貴な皇室の象徴であり、刀は侍の象徴である。その刀を思うように操れるのはその菊の花であった。後に軍人が権力を握るようになり、彼らの欲求を満足するためにたくさんの戦争を発動した。とりわけ第二次世界大戦の日本はアジアでやりたい放題だった。天皇が軍人を止めていたら、そんなことにはならなかっただろうに。東京大空襲はたくさんの死傷者をもたらし、広島と長崎に投下された原子爆弾は日本人の抵抗意志を完膚なきまでに叩きつぶした。数日後、玉音放送が流れ、日本国民は彼らが尊敬していた神様が実はこんなに無力だということに初めて気づいた。人々は幻滅しました。戦後の日本はアジアで最も貧しい国になってしまった。明治維新を経た日本はアジア一の強い国になったことは否定できない。今の日本では天皇陛下を神様だと信じている人はいないが、誰もが十分に敬意を払っている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160325-2-001.jpg

天皇には韓国の血統が入っていると主張していた日本の歴史学の巨頭・上田正昭が死去

古代国家や渡来人などの研究で知られる古代史学者で、京都大名誉教授の上田正昭(うえだ・まさあき)さんが13日、京都府亀岡市の自宅で亡くなった。88歳だった。近親者で密葬を営む。

報道によれば、「天皇血縁説」は日本の天皇が2001年12月18日の記者会見で、「日本の歴史書「続日本紀」の記載によれば、第50代天皇桓武天皇の生母は朝鮮半島の百済王武寧王の末裔だという、これはつまり日本の天皇と韓国に血縁関係があるということだと語っている。百済王氏は4世紀から7世紀に朝鮮半島に存在した国家で、今の韓国の全羅道附近に位置していた。武寧王は百済王氏の第25代帝王だった。日本の天皇は当時「天皇は百済の血統を有している」と言っていたようだ。この主張は日本社会に巨大な衝撃をもたらした、そして韓国人民をかなり興奮させた。

当時、韓国メディアは「日本の天皇が初めて日本と韓国に血縁関係があると発表」と報道した。よく知られているように、日本の天皇と韓国には深い血縁関係がある、だが韓国は「事実上はやはり日本社会との接触は禁止している」のだ。韓国では日本の天皇との深い血縁関係があるという主張はやはり複雑な心境になるのだろう。

報道ではさらに、証明には至っていないが、韓国では、「天皇血縁説」が大きな影響を及ぼしている歴史学者の上田教授に注目が集まったとし、この背景のもとで、上田正昭逝去のニュースは、韓国メディアで大々的に取り上げられ、哀悼の念を示し、「日本の天皇は百済の末裔」であると主張した日本の歴史学界の巨頭上田氏逝去、韓国史と韓国人を熱愛する日本の古代史の偉人等と言った報道が随所で見られた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151228-2-001.jpg

日本天皇、記者会見を挙行

日本の「朝日新聞」と共同社の12月23日の報道によれば、日本の天皇は23日、82歳の誕生日を迎え、直前に記者会見を挙行し、今年が第二次大戦終結70周年であることについて、「この一年は様々な面から戦争について考えた」と語り、更に「戦争を知らない人々が年々増加する状況で、先の戦争のことを十分に知り、考えを深めることは日本の将来にとって極めて大切なことである」と語った。

報道によれば、天皇は会見中、ほとんどの時間を戦争と平和についての考えを語ることに費やした。第二次大戦時に大量の民間人が犠牲になった事に対し、もし平和な時期に、犠牲者が社会の様々な領域で有意義な人生を送れていたらと思うと、心が痛いと語った。

今年4月、天皇は戦後70周年の「慰霊の旅」を行い、皇后と共に太平洋戦争の激戦地を訪れ日米の戦死者を悼んだ。今回の記者会見では、天皇はパラオ周辺海域に沈む無数の不発弾の現状に言及し、「先の戦争で島に住む住民の方々に大きな負担をかけることになってしまったことが忘れられない」と語っている。

82歳の誕生日については、天皇は「歳をとりました、重要な活動の時にもミスをしてしまう」と語っている、だが彼は「一つ一つの活動をしっかりとやっていく、出来る限りそのような状況は避けていく」とも言っている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151210-2-001.jpg

日本の眞子公主が初めて海外訪問

12月5日、エルサルバドルを訪問中の日本の皇室の眞子内親王はホヤ・デ・セレンの考古遺跡を参観した、日本の天皇の孫で、秋篠宮文仁親王の第一女子である眞子公主は日本の外交80周年に際し、中米国家のエルサルバドルとホンジュラスで正式訪問を行っている。これは眞子公主の初めての海外への正式訪問のようだ。

公主=姫




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150714-1-1.jpg

地位―慣性

日本の歴史上では、天皇は最高の権威を抱いている。
けど、あまり実際の権力を行使しない。
将軍、大名は権力を持っていたけど、超越性の権威ではなく、政治と道徳が離れていた。
天皇は権力を行使しないから、政策ミスの責任を負わない。
だから立場を永久に保つことができる。
実権者は権威が乏しいから、間違いを修正しやすい。
これは地位の一貫性がないといわれる。
中国の難しいところは地位が一貫すぎて、憲政が難しいのだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150513-1-1.jpg

日本は将来共和制国家になるのだろうか。

日本人民は天皇制を廃止して、日本を共和制国家にするって考えたことは無いのかな?
納税して、自分と全然関係のない人を養うなんて・・・




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150227-5-1.jpg

誕生日を迎えた日本皇太子、今年戦後70年を迎えるにあたり「次の世代には正確な歴史認識を」

日本皇太子徳仁は23日、55歳の誕生日を迎えました。
皇太子は誕生日を前に記者会見に臨み、はじめに、この1年も自然災害で多くの人々が亡くなり、とても残念だったと述べました。
そして、先月、阪神・淡路大震災から20年を迎え、来月には東日本大震災から4年になるとして、「被災された方々の悲しみや御苦労に思いを寄せ、厳しい環境のなかで暮らしておられる方々の幸せと御健康をお祈りいたします」と話しました。
そのうえで、「これからも被災地の復興に心を寄せるとともに、防災に関して、関心を持ちつつ、私ができることをやっていきたいと考えています」と語りました。
続いて、国際情勢に目を向け、この1年も中東などで武力紛争が続いたとして、「特に我が国国民を含め、市民を巻き込むテロの事件がさまざまな場所で発生したことに深く心を痛めています」と話し、みずから取り組んでいる環境保全や水の問題にも触れたうえで、「世界の平和と繁栄をいかに将来にわたり実現していくかが今改めて問われているように思います」と述べました。

さらに、戦後70年にあたって皇太子は、「戦争の記憶が薄れようとしている今日(こんにち)、謙虚に過去を振り返るとともに、戦争を体験した世代から戦争を知らない世代に、悲惨な体験や日本がたどった歴史が正しく伝えられていくことが大切であると考えています」と話しました。
そして、「本年が、日本の発展の礎を築いた人々の労苦に深く思いを致し、平和の尊さを心に刻み、平和への思いを新たにする機会になればと思っています」と述べました。
一方、去年、11年ぶりに宮中晩さん会に出席するなど、活動の幅が広がりつつある雅子太子妃については、「確かに快方に向かっています」と述べたうえで、「体調を整えながら、引き続き、焦らず慎重に、少しずつ活動の幅を広げていってほしいと思っています」と話しました。
また、中学生になり、ご夫妻の公務に同行される機会もあった長女の愛子公主については、「これからも少しずつ経験を積み、皇族の務めについての理解を深めていってくれればと思っています」と語りました。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ