Tag : 神風
151024-1-001.gif

日本の神風特攻隊の人の遺書を見てみよう

上原 良司(うえはら りょうじ、1922年9月27日 - 1945年5月11日)は、大日本帝国陸軍軍人。 陸軍特別攻撃隊第56振武隊員。1945年5月11日午前6時15分、陸軍特別攻撃隊第56振武隊員として他の隊員たちと『男なら』を合唱したあと愛機の三式戦闘機「飛燕」に搭乗し知覧基地から出撃、約3時間後に沖縄県嘉手納の米国機動部隊に突入して戦死、享年22。
戦没学生の手記『きけわだつみのこえ』(岩波文庫)では彼の「所感」という題名の遺書が巻頭に掲載されている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150707-2-1.jpg

2隻目の元寇船確認 長崎・鷹島沖

長崎県松浦市教育委員会と池田栄史琉球大教授(考古学)らの調査チームは2日、松浦市・鷹島沖の海底で昨年秋に見つかった木造沈没船を鎌倉時代の元寇船と確認したと発表した。
構造が分かる状態で元寇船が見つかったのは2隻目。

船は全長20メートル、幅は最大6~7メートルと推定され、池田教授は「船体構造を知る上で重要だ」と話している。
引き揚げず、現状のまま海底で保存する。

船は、国史跡「鷹島神崎遺跡」近くの深さ約15メートルの海底で発見された。
その後、あらためて発掘調査した結果、船内や周辺から12~13世紀の中国製とみられる白磁わんなどの遺物約20点を確認。
船の構造と併せ、元寇船と特定した。

確認できた船体部分は、長さ約12メートル、最大幅約3メートルで、中央付近の幅が最も大きく、船首と船尾に向かって狭くなっていた。
船内は、9枚の隔壁で仕切られていた。

元寇船は13世紀の日本が鎌倉時代だったころに2度、日本へ侵攻している。
2回目の侵攻である1281年の弘安の役において、元寇船は暴風雨に襲われ、船は鷹島近海に沈んだとされていた。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです