Tag : 脱亜論
170911-1-001.jpg

一世紀以上前の福沢諭吉による中国への指摘が的を射すぎている

個人的にずっと考えてきたことがある。
「中国は世界で最も人口が多く、ほとんどの時代で最も強大だった国なのにどうして大きく立ち遅れたのか?」
その疑問を解決する文章を見かけたので以下に抜粋した。


福沢諭吉は著書の中で、最も嫌いなのが中国の思想家の偽善であると言っている。

「中国の思想家は、四徳(忠、孝、仁、義)を説くが、自分が為政者になるとそれを無視してしまう。」

彼は「日本は様々な文化や伝統を中国に学ぼうとしていたが、中国は自分の伝統にのみ固執し、世界の学問を許容する力がないが故に、西洋の侵略に直面したとき対応できなかった」と指摘してる。

中国以外の人類の思想の進歩は儒学から無関係なところで進歩してきた。
しかし、中国の学生は勉強せず、役人になり、退職したら騒ぐ以外に何も成し遂げなくなった。
日本は19世紀、20世紀、現代と変化し終わり、世界の最先進国に仲間入りした。

今の中国はまだゆっくりとした現代化の途中だ。
福沢諭吉が一世紀以上前に指摘したことを、中国は現在に至っても成し遂げてはいない。
これが中国人の日本に対する憧れ、日本が好きな原因なのかもしれない。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ