Tag : 訪中
150827-2-1.jpg

日本政府が安倍首相の訪中見送りを正式発表

安倍晋三首相は23日、9月上旬に検討していた中国訪問を見送る意向を固めた。
複数の政府関係者が明らかにした。

中国政府は、9月3日の「抗日戦争勝利記念日」の行事にあわせた訪中を要請していたが、欧米諸国には、軍拡を進める中国の人民解放軍を観閲することに対する抵抗感が根強く、首相もこれに足並みをそろえることにした。

9月上旬には、安全保障関連法案の参院審議が大詰めを迎えることが予想され、首相の訪中見送りは国会対応を優先させる意味合いもある。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150324-5-1.jpg
自民党:谷垣禎一幹事長

自民党谷垣氏が訪中へ 中国に新安保法への理解求める

自民党、公明党の両幹事長は、2009年を最後に中断している中国共産党との「日中与党交流協議会」を再開させるため、今月23日から訪中することを正式に発表しました。
「しばらく途絶えていた政党間交流を再開して、両方の友好関係、政治的な信頼関係を増進することができたらと思っているところであります」(自民党 谷垣禎一幹事長)

自民党の谷垣幹事長と公明党の井上幹事長は、今月23日から25日の日程で中国を訪問します。
詳しい日程は明らかになっていませんが、中国共産党の中央対外連絡部の幹部と会談し、6年前から中断したままの与党交流協議会の再開を確認する見通しです。
自民・公明両党は2006年から中国共産党との間の「与党交流協議会」でさまざまな課題について話し合ってきましたが、その後の政権交代や両国関係の悪化にともない途絶えていました。

谷垣幹事長は、党側から日中関係の改善を後押しすることに意欲を示しました。
谷垣氏は、「先方とは実務的な政策課題について議論しようと相談してきた」としていますが、安倍総理の戦後70年談話などが取り上げられる可能性もあります。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150227-4-1.jpg

自民・二階氏、観光業界関係者ら3000人と訪中へ

日本と中国との関係が冷え込む中で、自民党の二階総務会長は、5月下旬に国内の観光業界の関係者らおよそ3000人と共に、中国を訪問すると明らかにしました。

「凍りついたような日中関係を早く打破していく。このことが大事だと思うから、あえて、こんなしんどいことをしようと思っているんですよ。遠回りかもしれませんが、必ず成功に導くように努力したいと思っています」(自民 二階俊博総務会長)

中国の要人に太いパイプを持つとされる二階総務会長はこのように述べて、日中関係の打破に向けて5月下旬に中国を訪れると明らかにしました。

日程は5月22日から24日を軸に調整するということで、観光業界の関係者や民間企業の幹部らおよそ3000人が同行するということです。
現地では夕食会や交流イベントで友好を深めるほか、中国側の要人と会談する可能性もあるとみられます。

二階氏は、「現在の日中関係には日中双方とも満足していない。今回の中国訪問がこのような状況を打開する一助になるのではないか」としています。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ