Tag : 辺野古
150529-1-1.jpg

5月17日、沖縄県那覇市の野球場で普天間基地を辺野古に移設することに対する抗議集会が行われ、約3.5万人が参加した。

集会テーマは「戦後70年 止めよう辺野古新基地建設」で、反対派の県知事翁長雄志氏も参加しスピーチを行った。
本土からも集会の趣旨に賛同した人たちが集まっていた。
翁長知事はアメリカを訪れ、基地建設を停止するよう求める考え。
当初集会参加社は1万人の予定だったが、3万人に増え、琉球新報で号外を出してもらうほどの熱の入れようだ。

基地建設阻止を巡って安倍首相との関係が崩れた後、翁長知事は中国を訪問した。
琉球王国始まって以来、初めて沖縄の長が中国を訪れた。
今年4月、翁長知事は北京を訪れ「那覇と福建省との経済交流が活発になることを望む。また、那覇と福州の定期船便を運航させたい」と発言。
「琉球王国は中国との貿易で発展しアジアの懸け橋となっていた」とし、「琉球王国は明、清の時代に属国関係であり、明治政府が琉球を吸収しようとしたことに抵抗した時代から琉球人は中国に助けを求めていた」としている。

しかし、沖縄の経済はさとうきびと観光で成り立っている。
収入の9割は日本政府からの沖縄振興予算だ。
アメリカ軍基地反対運動の結果は、日本政府からの予算増加によって抑えられてきた。
沖縄の失業率は日本のどこよりも高く、アメリカ軍基地関連の仕事に就いている人は数万人いる。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ