Tag : 集団的自衛権
160411-1-001.png

日本の集団的自衛権の何が恐ろしいの?

日本のすべての先端兵器の核心技術は全て米国の手の中にある。
日本が勝手に兵器開発することはアメリカが許さない。
だから共産党は日本脅威論を煽る必要なんて無いよ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160330-2-001.jpg

新安保法施行 安倍は武力の乱用を強行

3月29日、日本は正式に新安保法案を施行した。日本が“戦争国”への一歩を歩みだし、平和憲法は名ばかりとなった。

【威嚇のための武力乱用】
日本の新安保法は「国際平和支援法」と10項目を修正した「平和安全法制整備法案」からなる。「国際平和支援法」は実質“海外派兵永久法”で、自衛隊の海外での軍事行動が可能となる。

安倍内閣は、結成以来「日本の安全保障が脅かされている現状を無視できない」とし、安保法の必要性を強調していた。
昨年9月、安倍政府は国民の猛烈な反対を押し切り、新安保法案を強行採決。歴代の日本政府が禁止していた集団的自衛権を解禁した。
集団的自衛権を行使するには、明確な条件があるとし、武力の行使も“必要最低限度”としている。

【民意は「夢物語」】
しかし、戦争への反省から、新安保法案に反対する声も存在する。民主党、共産党など5つの野党は、新安保法案の廃案要求を提出した。

また、日本各地から来た数千名の高校生が東京に集まり、「俺たちの未来に戦争はいらない」と叫んだ。日本の専業主婦もデモ行進に参加し「安倍政治を許さない」と叫び、この言葉は昨年の“10大流行語”に選ばれた。また、日本各地で新安保法案は違憲だとして訴訟が行われている。

安倍内閣への支持率が下がる一方、民主党と維新の党は“民進党”という新党を結成した。

注目すべきは、自衛隊幹部を養成する日本防衛大学の今春卒業生419名のうち、47名が自衛隊に入る事を拒否している。1991年の湾岸戦争以来の最高記録だ。

日本の安全政策は、アジア諸国や交際社会の注目を集めている。日本が歴史を教訓とし、アジア諸国の安全を重視し、平和への道を歩むことを切に願う。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ