Tag : 靖国神社
170315-1-001.jpg

写真で見る本当の靖国神社

靖国神社は、東京都千代田区九段北にある神社である。その前身は東京招魂社で、明治天皇が戊辰戦争の戦没者の慰霊のために作ったものであった。1879年に靖国神社に改称された。

250万人の戦没者が合祀され、そのうち210万人は第二次世界大戦の戦没者である。14名のA級戦犯と、2000名ほどのB級、C級戦犯も祭られている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161019-1-001.jpg

安倍、靖国神社に真榊奉納=参拝は見送り

安倍晋三日本首相は、靖国神社例大祭期間中の参拝を見送ることにした。しかし、17日午前、東京・九段北の靖国神社で始まった秋季例大祭に合わせ、真榊を奉納した。彼を支持する保守層への配慮と見られる。
安倍政権発足以来、安倍晋三首相は2013年12月26日に靖国神社を参拝したきり、終戦記念日や例大祭での参拝はすべて見送っている。今回の見送りの判断も、年内の日本開催を調整している日中韓首脳会談への影響を考慮したものとみられる。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160816-1-001.jpg

靖国神社に祀られてるのは何なのか知ってる?

日本右翼の論理では、日清戦争、日露戦争、済南事件、九一八事変、中国侵略戦争、太平洋戦争、東南アジア侵略戦争等は、侵略戦争ではなく、自衛反撃戦争だ。
靖国神社に祀られてるのはこの自衛反撃戦争で死んだ人であり、愛国の英雄として祀っている。
まぁ、大多数の日本人は右翼の歴史観を認めていないんだけどね。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160425-2-001.jpg

なぜ安倍は靖国神社に参拝しなくなったのか?

安倍が靖国神社参拝を放棄 自費で春季祭品を献上

 中新網4月21日 総合報道、日本の靖国神社は今月21日から三日間、春季大祭を行う。日本政府の関係者によれば、安部晋三首相は基本的に参拝を放棄する決定をしたが、自費で祭品を献上するようだ。以前の祭典では、安倍と閣僚が何度も参拝している。統計によれば、日本は戦後15人の首相が靖国神社を参拝している。30年以上にわたり、靖国神社は一部の日本の政治家によって、右翼思想のための場として使われている。

安倍:靖国神社は「戦死者追悼の中心的な施設だ」

日本メディアの報道によれば、「隣国との関係改善に対し障害をもたらすかもしれない」と考え、G7の会議の際、アメリカ等の国際社会と「協調を保持」する必要のため、安倍は今年の靖国神社春季大祭期間の参拝はしないことに決めたそうだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151230-1-001.jpg

なぜ日本人は戦犯を参拝するのか?

侵略された国々の国民に限らず、日本の国民も戦犯たちの犯行によって大きく被害を受けた。
戦犯は侵略された国々の仇だけではなく、日本国民や全人類の敵でもある。
世界各国の人々は一致団結して戦犯および戦争を支持する人たちに立ち向かわなければならない。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151221-2-001.jpg

1945年なぜマッカーサーは靖国神社を焼き払わなかったのか?

靖国神社は東京都の中心、千代田区九段にあり、総面積10万平方メートル。1869年に明治天皇が戊辰戦争で死亡した約3500名の兵士を祀るために建てられ、当時は「東京招魂社」と呼ばれていた。1879年に靖国神社と名が改められた。

「靖国」の二文字は、中国の故事『左氏春秋』第六巻に出てくる“吾以靖国也”(国家を守り、国家を永遠に平和に保つ)という言葉からつけられた。現在、靖国神社には2,466,532名の兵士が祀られ、14名の第二次世界大戦甲級戦犯と1000名の乙級戦犯、丙級戦犯も含まれている。

終戦後、マッカーサーによる日本の占領支配が始まったころ、マッカーサーは靖国神社を撤去してドッグレース場を建設しようとしていた。
ところが賛否両論の大論争が巻き起こり収受がつかなくなった。そこでマッカーサーは、上智大学学長でバチカン日本支部代表の、ブルーノ・ビッテル神父とメリノール宣教会のパトリック・バーン神父に意見を求めた。

すると意見を求められたカトリックの両神父は、マッカーサーの靖国神社の焼却処分案に猛烈に反対した。そしてビッテル神父はこう言った。

『いかなる国家も、その国家のために殉じた戦士に対して、敬意を払う権利と義務があると言える。それは、戦勝国か、敗戦国かを問わず、平等の真理でなければならない。』

『靖国神社を焼却する事は、連合国軍の占領政策と相容れない犯罪行為である』『靖国神社が国家神道の中枢で、誤った国家主義の根源であるというなら、排すべきは国家神道という制度であり、靖国神社ではない。我々は、信仰の自由が完全に認められ、神道・仏教・キリスト教・ユダヤ教など、いかなる宗教を信仰するものであろうと、国家のために殉じたものは、すべて、靖国神社にその霊をまつられるようにすることを、進言するものである』

この進言によりマッカーサーは靖国神社を存続させたのである。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151116-1-1.jpg

日本の戦争ドラマ『歸國』、みんなはどう思う?

【ストーリー】
8月15日深夜、東京駅にダイヤにはない一台の軍用列車がやってきた。
そこには60余年前に南海で散った英霊たちがいた。
彼らの使命は、平和になった日本の現状を南海の海に眠っている戦死者たちに伝えること。
彼らは夜明けまでのわずかな時間に、今の日本に何を見るのか・・・
彼らは靖国神社の前で当時の仲間と出会い、当時の政治家の態度に憤慨する。
若き頃画家だった人は愛する人の面影を探し、音楽家だった人は今では失明してしまった妻と協奏曲を奏でる。
美しかった妹は危篤状態であり、甥っ子は堕落し無情な奴だった。
彼らは祖国のために戦ったが、今さまざまな思いを抱えている。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151106-3-1.jpg

靖国神社に戦犯はいなかった?

環球時報が靖国神社にインタビューを行ったところ、同神社に祭られているのは国のために命を捧げた人たちで、日本の立場から言えば戦犯者はいないとの回答があった。
また最近日本で議論されている分祀については、祭祀方法を変えることは不可能だとも述べたという。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「戦争の罪も認めない国が戦犯者を認めるわけがない」
「多くの庶民や軍人を殺しておいて、国のために身を捧げた、戦犯者はいないなどとよく言えたものだな」

「ひざまずいたドイツ人は立ったままの日本人より偉大」
「日本人からすれば国のために身を捧げた人でも、反ファシスト同盟国にとっては戦犯者」

「民間人が参拝するのはかまなわないと思うが、日本政府が参拝しては駄目だ」
「戦犯も日本や国民のためだった。わが国では戦死者をどれだけの人が祭っているだろうか」

「言っていることは別に間違っていないんじゃないか?」
「(戦争で)亡くなった人はみんな国のために命を捧げた人で、上下はない」

「日本が何を言ってもわが国の人間は日本に行って買い物をしてくるからな」
「これは矛盾から目をそらさせる新手法か?靖国神社って言葉が話せるのか?いったい誰が話したのかをはっきりさせるべきだろ」




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151104-1-1.jpg

中国外交部:日本閣僚の靖国参拝に許さん!

靖国神社秋例大祭期間、安倍晋三首相は真榊を奉納、総務大臣高市早苗、法務大臣岩城光英なども参拝していた。
外交部報道官の華氏は19日の記者会見に「中国は日本政治要人の靖国参拝は断固反対し、日本側が歴史問題に反省すべきだ」と強く批判した。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150821-2-9.jpg

安倍夫人が3か月のうちに2回も靖国神社を参拝 右翼勢力を慰めるためか


19日付の中国紙・環球時報は、日本の安倍晋三首相夫人の昭恵さんが18日、靖国神社を参拝したことを自身のフェイスブックで明かしたと報じた。

記事によると、この3カ月で2度目の靖国参拝となる。
フェイスブックへの投稿は18日午後4時ごろで、「知覧の後の靖国は想いが違う」と書き込み、宮司と並んで撮った写真も掲載した。
共同通信によると、昭恵夫人は15日の終戦記念日に神風特攻隊の基地があった鹿児島県南九州市の知覧飛行場跡地を訪れている。
夫人は5月にも靖国神社を参拝したことをフェイスブックで明かしている。

このフェイスブックの投稿には2500人を超えるフォロワーから「いいね!」が寄せられた。
コメントもほとんどは「英霊たちも喜んでいるでしょう。ありがとうございます」など賛同する内容だった。
日本メディアは大きく取り扱っておらず、産経新聞や朝日新聞が短い記事でおおまかに紹介した程度だった。

一方、韓国メディアは10数社が一斉に昭恵夫人の靖国参拝を報じた。
激怒した韓国ネットユーザーからは「ゴミがゴミ処理場へ行った」「この夫にしてこの妻あり」などのコメントが寄せられた。
夫人の前回の靖国参拝も韓国など近隣諸国の怒りを買っていた。
昭恵夫人の靖国参拝について、韓国紙・国民日報は「夫に代わって日本国内の右翼勢力を慰めている」と報じている。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ