Tag : 韓国
170428-1-001.jpg

東海?日本海?韓国がこの論争に結論を出した!

2017年4月23日、韓国・聯合ニュースによると、国際水路機関(IHO)の第19回総会が24~28日、南ヨーロッパのモナコで開催される。
韓国政府は、IHOの出版物「大洋と海の境界」の改訂をめぐり、「東海」と「日本海」を併記するよう主張する構えだ。

「大洋と海の境界」は海図の発行で、一種のガイドラインの役割をする。
1953年に改訂(第3版)してから64年たっているが、東海(日本海)表記をめぐる韓日の立場の違いのため第4版を出せずにいる。

韓国政府の基本的立場は「東海」を単独表記すべきだというものだが、「日本海」の単独表記を主張する日本と合意に至るまでは「東海」と「日本海」を併記するよう主張する。
韓国政府は1997年の総会で初めて問題を提起し、その後の総会でも東海を併記するよう主張してきた。

韓国政府は今回の総会に、外交部、海洋水産部、国防部(海軍)、国立​​海洋調査院、東北アジア歴史財団の専門家などで構成された約30人規模の代表団を派遣する方針だ。
政府は早くからTF(タスクフォース)を設け、国内外の幅広い意見を聴取してきた。

だがIHO加盟国のほとんどが韓日両国間の協議による解決を望んでいるため、この問題は次の総会に持ち越される可能性が少なくないとの見方が出ている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170412-1-001.jpg

百田尚樹「中国文化は日本人に合わぬ。漢文の授業廃止を」

日本はなぜ、中国の脅威を感じながらも適切な対抗策を取れないのか。
作家の百田尚樹氏は、その背景には日本人の勘違いに基づいた「中国への憧れ」があると語る。

中国の尖閣諸島への“侵略”は日に日にエスカレートしています。
ただし、意外かもしれませんが、尖閣周辺の東シナ海や南シナ海で暴れ回る中国に対峙しようという時に、もっとも弊害になっているのが日本人の「中国への漠然とした憧れ」です。

皆なんとなく『史記』が好きだし、時代作家は『三国志』を書きたがる。
江戸時代の儒学者はとくにそうですが、長い間、日本人の間には中国は「歴史ある偉大な国」「文明的ないい国」だという誤解があった。

そもそも、なぜ学校で「漢文」の授業があるのか。
英語と違って使う機会なんてないし、あれは趣味の世界だと思うんです。
子供の頃から誰でも知っている「中国4000年」という言葉も、あの国への無意味な憧れを生んでいます。

それらが醸成する漠然とした「中国への憧れ」があるから、「なんだかんだ言っても、最後は仲良くできる」「全面戦争は仕掛けてこない」という幻想が生まれているのだと思います。

実際の中国は、異民族が次々に侵入してきては王朝を打ち立ててきた歴史です。
易姓革命で王朝が変わるたびに民衆の大虐殺が行われてきた。
そんな歴史のどこがいいというのでしょうか。
今、中国が本気で日本を奪りに来ていることは誰の目にも明らかです。

そもそも中国文化は根本的に日本人には合いません。
例えば故事にある「宋襄(そうじょう)の仁」は、紀元前の宋の国の襄公という人が、参謀から「敵が川を渡っている最中だから、今攻めれば勝てる」と進言されたのに、「そんな卑怯なことはできん」と相手が川を渡り終えてから正々堂々と戦って、負けたという話です。
無用な情けということで、中国では「大バカ者」という意味です。

上杉謙信の美談となっている「敵に塩を送る」なんてメンタリティは中国人には通用しません。
どんな手を使っても、とにかく勝ちさえすればいいというのが中国の文化なのです。

かつての日本は、今よりももっとうまく中国とつき合ってきました。
中国の力が強大だった時は遣隋使や遣唐使を遣って制度や文化を取り入れましたが、それも平安時代になったら「もう中国の文化はいらん」とやめました。

中国の文化も、すべてを受け入れたわけではありませんでした。
生身の人間の肉を少しずつ切り落としてじわじわ殺す凌遅刑は残酷だからとシャットアウトしたし、科挙も宦官も入れなかった。
纏足の習慣も日本では根付きませんでした。
朝鮮半島はそれらすべてを無条件に受け入れましたが、日本は取捨選択をキチッとして独自の文明を育んだのです。

それを考えれば、現在も中国に対する漠然とした憧れを持つことはやめるべきだし、そんな勘違いを育む漢文の授業も廃止したらいいのです。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170411-1-001.jpg

中国文明の真の継承者は日本と韓国どっちなの?

少なくとも中国じゃないのは確かだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170409-1-002.jpg

なぜ韓国はロシアや日本ではなく、中国の偉人ばかり韓国人だと主張しているの?

韓国の歴史学者は、孔子、李時珍、朱元璋を韓国人だと主張し、中国の端午を韓国発祥だと主張している。現在では「脱漢文化」を標榜しているのに、なぜ韓国はこれほどまでに、ロシアや日本ではなく、中国の文化を強奪することにこだわるのか。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170330-1-001.jpg

韓国政府が日本の歴史教材の審査結果に対し直ちに修正するよう抗議

韓連社の報道によれば、韓国政府は24日に外国部スポークスマン名義で声明を発表、日本の教科書検定で韓日が主権について争っている島(韓国では「独島」、日本では「竹島」と呼ばれる)の高2の教材が審査を通過したことについて、ただちに修正することを求めた。

声明では、韓国側が日本に対し「独島」の件で歴史を歪曲している高校教材について強烈に抗議した。

声明によれば、日本政府は、捻じ曲げられた歴史の最大の被害者は日本の若い世代であることを認識し、教育面での責任ある行動をすべきだという。

日本の文科省は24日午後、高校教材審査の結果を発表した、日本が来年度使用する高校2年の社会科教材の8割が「独島」が日本の領土であり韓国に不法占拠されていると表記するようだ。

情報筋によれば、去年審査を通過した日本の高校一年の社会科教材の77%も類似の内容を含んでおり、日本の中学、小学教材は基本的に韓日の争いある島の主権を主張しているようだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170323-1-002.png

中国が日本に代わり、韓国人の最も嫌いな国家一位になったぞ!

2017年3月22日、在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題をめぐって中国の「韓国ボイコット」が注目を浴びる中、韓国人の嫌いな国の第1位に中国が選ばれたことが分かった。
この報道に中国のネットユーザーがさまざまな意見を寄せている。

環球網によると、この調査は韓国の峨山政策研究院が今月6日から8日にかけて成人1000人を対象に実施した。
中国に対する好感度は10点満点中3.21と1月に比べ1.1ポイント低下。
一方、日本は植民地支配、慰安婦問題などで「最も嫌いな国(北朝鮮は除く)」になり続けてきたが、今回の評価は3.33と中国を上回った。
日本の前回の得点は3.56だった。

この結果について同研究院は「中国に対する好感度が大幅ダウンしたことは意外だった。さらに意外だったのは日本の好感度が中国を超えたことだ」とする声明を発表。
当の中国からは「中国人が一番嫌いな国も日本から韓国に変わった」「韓国も日本を超えたよ。世界で最も多くの人からボイコットされる国になった」「中国と日本の友好は韓国にかかっている」という声や、「韓国は自分たちを過大評価しすぎ」「むしろ嫌いでいてほしい」「中国人からお金を稼げなくなったから態度を変えたんだ」といったコメントが寄せられている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170316-1-004.jpg

韓国「中国と日本よ、ワールドカップを一緒にやらないか?」→日本「断る。中国とやるわ」

今年初、FIFAの会長は、2,3カ国によるワールドカップの共催を認める方針を認めた。それを聞いた韓国は興奮した。韓国サッカー協会の会長が、30年W杯を日本、中国、北朝鮮を含む4カ国で共催したいとの意向を明らかにした。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170308-1-001.jpg

スポーツから見る国民性:日本人は野蛮だが、汚い韓国人のほうが怖い

長い間、アジアのスポーツ界は中国、日本、韓国の三つ巴だ。歴史的な理由で、中国、韓国、日本はずっと敵対関係にあると言えるだろう。試合の場で、それぞれのやり方も違う。日本人は野蛮なのに対して、韓国人は汚いのだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170307-1-001.jpg

韓国が朱元璋は韓国人だと言っているが、日本のネット民はこう回答した

以前、韓国で二番目に大きなテレビ局で、韓国の学者が民間の伝説から証拠を集め出し、朱元璋が韓国人であると語っていた。民間の伝説によれば、韓国のある男の子は朱元璋と呼ばれ、小さい頃は貧困家庭に育ち、霊力があったため修行して高僧となり、最後には山を飛び越え水を渡り元朝末期の鳳陽県にたどり着いたそうだ。


朱元璋 -wikipedia-
朱 元璋(しゅ げんしょう)は、明の始祖であり、初代皇帝である。廟号は太祖(たいそ)。その治世の年号を取って、洪武帝(こうぶてい)と呼ばれる。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ