Category : 中国政治
170926-1-001.jpg

ついに日本への旅行が終わる

中国当局、旅行会社に日本行き観光ツアー制限を通達

中国当局が今月中旬、北京などの旅行会社に対し、日本行きの観光ツアーを制限するよう通達を出したことがJNNの取材でわかりました。

関係者によりますと、当局からの通達の内容は地域によって異なっていて、首都・北京では一部の旅行会社に対して今月中旬、「日本への団体旅行を減らすよう」口頭で通達があったということです。

山東省や大連市などでは、各旅行会社に今年1年間に許可する具体的な人数の割り当てが伝えられていて、すでに割り当て分を販売したとして、日本向けのツアーの受付をストップする会社も出始めています。

「当局から通達がありました。『(日本への)団体ツアーを停止せよ』と。数日前から販売を停止しています。(通達の)理由は分かりません」(山東省の旅行会社)

制限の理由は明らかにされていませんが、資本の海外流出を食い止めるための措置との見方が出ています。

中国は10月1日から建国記念日の大型連休で、日本への航空便もほぼ満席状態ですが、年間600万人を超える中国からの観光客のおよそ4割が団体客で、今後、影響は避けられないものとみられます。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170825-1-001.jpg

日本人右翼「我々はいつでも戦場に行く準備ができてる!」 小学生「おじさんバカなの?」

今年8月15日に、靖国神社を参拝した人たちの中には、右翼団体「国栄会」の代表がいて、「我々はいつでも戦場に行く準備ができている」と宣言していた。それに対して、小学生たちは何を言うのだろうか。

ある小4の女子小学生「靖国神社って賑やかだね」
ある男子小学生「ここに来て初めて戦争の残酷さがわかった。僕は絶対戦場に行かない」
ある男子小学生「平和がなければ、僕たちが毎日遊ぶ場所すら確保されない」


170825-1-002.jpg


お母さんと毎年靖国神社を参拝する男子小学生がいた。戦争史が好きで軍服のコスプレをしてた彼は、戦場に行きたいかと聞かれると、「行きたくないよ。おじさんバカなの?」と笑顔で答えた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170722-1-001.jpg

今の日本は中国が相手にする価値は無い

戦後の日本はアメリカに平和教育を押し付けられ、少し前までは軍国主義はおろか、愛国主義も禁止され、これが日本人の完全な事なかれ主義を生み出した。
戦争から離れた日本は、その実力を全て経済発展に注ぎ込み、誰もが羨む経済大国になった。
プラザ合意では、日本がアメリカに貸していた金額すべてを要らないと言ったほどだ。
中国が改革開放したばかりの頃は、日本人は自分には中国が発展するように手伝うべきだという義務があると思っていて、またそれを期待するほどだった。

だが平和の強制は今の日本を生み出した原因にもなっている。
その結果、今では日本は完璧な平和世界というユートピアの夢から覚めて、軍国主義への道を歩み始めた。
しかもみんな日本は優秀であるはずだと思い込んでいる。
そして自衛権の解禁と靖国を参拝することでアジアに対する挑発を行っている。

これでは未来の日本は滅亡の道しかない。
中国はこれを反面教師にすべきだ。
既に我々は日本から経済の管理の仕方、技術や研究開発の能力、大量の現代インフラなどを学び、大量の資源を経済力と軍事力へと変える力を持った。
もう日本には中国に与えるものが無い。
日本はまず資源がなく知識と資源の転化力しかない国家であり、我々にはまったく必要ない。
太平洋でアメリカと一緒になって中国の邪魔をしているだけだ。
さっさと奴らを片づけたい。
良知と人間性だけでは飯は食えない。
日本のようなふざけた民族はそれが原因でいずれ世界から淘汰されてしまうんだから、相手にする必要は全くない。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170619-1-001.jpg

稲田防衛大臣、アジア安全保障会議で仏豪の女性国防大臣に向かって「私たちはみなグッドルッキングですね」

稲田朋美防衛相が6月3日、シンガポールで開かれた「アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)」で、演説をした。
壇上には、オーストラリアとフランスの国防担当大臣がいた。

ウェブサイトに掲載された発言録によると、稲田氏は、会議に出席できたことが光栄だと述べ、シンガポール政府への敬意を示したあと、共に女性である2人の大臣に触れてこんなことを言った。

「見たら分かるように、(私たち3人には)共通点がある。同じ性別で、同じ世代で、全員がグッドルッキング(容姿が良い/美しい)」。

録画された動画を確認すると、稲田氏は目をほそめてにこっと笑い、肩をすくめたように見える(下記動画の1分30秒前後)。

その後は、北朝鮮情勢や日米同盟など本来の専門の防衛の話に演説の時間を費やしている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170610-1-001.jpg

日中高速鉄道対決で日本は中国に敵わない

中国の高速鉄道は飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

中国の高速鉄道は重要な輸出産業であり政府の大きな支援を得ている。中国の高速鉄道はコストパフォーマンスが最高だ。
中国と日本の競争力で言えば、中国の高速鉄道が各国環境に適応する能力は日本を大きく上回っており、国際市場で認められると考えられている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170430-1-001.jpg

中国人は韓国人よりも日本好きだったと話題に・・・

「日本信頼できる?」韓国13%中国16%

公益財団法人新聞通信調査会は、米英仏中韓タイの6カ国で今年2月、各約1千人から回答を得た「対日メディア世論調査」の結果を発表した。

「日本を信頼できる国だと思いますか」とたずねたところ「とても信頼できる」「やや信頼できる」と答えた人の割合は韓国で13・8%、中国で16・9%。
昨年比でそれぞれ3・4ポイント、0・7ポイント下落した。
米では76・7%、英は65・4%、仏は80・4%、タイは89・0%だった。

知っている日本人の名前を1人挙げてもらったところ、米国では安倍晋三首相が80人で1位に。
2年前の調査で安倍首相を挙げた人はゼロだったが急浮上した。
2位は昭和天皇(55人)、3位はイチロー(11人)だった。
中韓タイでも安倍首相が1位。
英仏では昭和天皇がトップだった。
政治家や文化人が各国で上位に入ったが、タイではドラえもん(111人)が2位と「健闘」した。

昨年の米大統領選などで事前の世論調査が結果と食い違ったことなどを受けて「世論調査の結果は、人びとの意見を正しく反映していると思いますか」との質問も新設した。
「そう思う」「ややそう思う」と答えた人の割合は中国とタイで80%前後だったが、残る4カ国では50%を下回った。大統領選を控える仏は最も低い31・1%だった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170324-1-001.png

中国よ、これが日本の実力だ!海自最大の空母型護衛艦「かが」就役

海上自衛隊最大の護衛艦「かが」が22日、横浜市のジャパンマリンユナイテッド磯子工場で就役した。
自衛艦旗授与式で小林鷹之防衛政務官は「わが国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増している。
『かが』の存在は極めて重要で、訓練に精励し、一日も早く即応体制を確立してください」と訓示した。

「かが」は全長248メートルで艦首から艦尾までが空母のように平らな「全通甲板」を持つヘリコプター搭載護衛艦。
哨戒ヘリは5機が同時に離着艦でき、対潜水艦戦に従事して強引な海洋進出を続ける中国を牽制する。

輸送ヘリや攻撃ヘリ、垂直離着陸輸送機MV-22オスプレイなども搭載でき、南西諸島をはじめとした離島防衛や災害派遣などでの活躍も期待される。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170217-1-001.jpg

日本は先進国で大国なのか?

先進国、富裕国家、総合実力大国はそれぞれ異なる概念である。

このいくつかの概念はネット民が混同しがちなものだ。私は学習したばかりなのでみんなに紹介したいと思う。富裕国家は主に民生の視点から見たものだ。国民の総合的な福祉レベルの高さ、国民の物的生活の充実度を見る。
総合実力大国は国家の総合的な力から見るものだ、主に経済、政治、軍事、文化、国土人口の5つの核となる実力を見る。

先進国は一人当たりGDP,工業化レベル、科学技術、経済の国際化のレベルなどを見る。

先進国と実力大国の概念の違いは先進国が質を強調している点だ。例えばシンガポールもノルウェーも先進国だが、総合実力は中国、インド等の途上国に及ばない。先進国は富裕国家でもあるが、富裕国家が先進国であるとは限らない、例えばサウジアラビア、バチカンなどだ。

事実を言えば、日本は世界でもかなり上のレベルの先進国であり、富裕国家であり、総合実力大国である。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170213-1-001.jpg

中国人がテレビ番組を装って日本人に中国人の印象を聞いた結果・・・

日本人の回答
「中国人は集団行動が多い」
「周りの人を気にせずにズカズカ歩く」
「電車の中でも声がデカい。日本人でも声がデカい人はいるが、もう少し小さな声でしゃべってほしい」
「大人数で行動するから、邪魔」
「公共の場でのマナーが・・・。声が大きくてやかましい」
「中国人は順番を守らない」
「マナーが悪い」
「良くも悪くも自己主張が強い」
「いつも自分がいちばんだと思っている」
「列に割り込んでいる」
「自分勝手」
「食べ方が汚い」
「食べた後のテーブルも汚い」
「レストランで働いているが、『食器を棚へ返してください』と注意書きをしているのに、返してくれない人が多い」
「ゴミのポイ捨てをする。上海ディズニーランドでもそこらへんでトイレするというニュースを聞いて驚いた。我々日本人はゴミのポイ捨てはしないし、ゴミが落ちていたら拾う」
「日本語を勉強している人も多いし、僕は中国人は良い人達だと思っている」
「パクリ大国」
「爆買いやポイ捨ては、日本のマナーに合っていない」





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ