Category : 中国政治
170619-1-001.jpg

稲田防衛大臣、アジア安全保障会議で仏豪の女性国防大臣に向かって「私たちはみなグッドルッキングですね」

稲田朋美防衛相が6月3日、シンガポールで開かれた「アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)」で、演説をした。
壇上には、オーストラリアとフランスの国防担当大臣がいた。

ウェブサイトに掲載された発言録によると、稲田氏は、会議に出席できたことが光栄だと述べ、シンガポール政府への敬意を示したあと、共に女性である2人の大臣に触れてこんなことを言った。

「見たら分かるように、(私たち3人には)共通点がある。同じ性別で、同じ世代で、全員がグッドルッキング(容姿が良い/美しい)」。

録画された動画を確認すると、稲田氏は目をほそめてにこっと笑い、肩をすくめたように見える(下記動画の1分30秒前後)。

その後は、北朝鮮情勢や日米同盟など本来の専門の防衛の話に演説の時間を費やしている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170610-1-001.jpg

日中高速鉄道対決で日本は中国に敵わない

中国の高速鉄道は飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

中国の高速鉄道は重要な輸出産業であり政府の大きな支援を得ている。中国の高速鉄道はコストパフォーマンスが最高だ。
中国と日本の競争力で言えば、中国の高速鉄道が各国環境に適応する能力は日本を大きく上回っており、国際市場で認められると考えられている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170430-1-001.jpg

中国人は韓国人よりも日本好きだったと話題に・・・

「日本信頼できる?」韓国13%中国16%

公益財団法人新聞通信調査会は、米英仏中韓タイの6カ国で今年2月、各約1千人から回答を得た「対日メディア世論調査」の結果を発表した。

「日本を信頼できる国だと思いますか」とたずねたところ「とても信頼できる」「やや信頼できる」と答えた人の割合は韓国で13・8%、中国で16・9%。
昨年比でそれぞれ3・4ポイント、0・7ポイント下落した。
米では76・7%、英は65・4%、仏は80・4%、タイは89・0%だった。

知っている日本人の名前を1人挙げてもらったところ、米国では安倍晋三首相が80人で1位に。
2年前の調査で安倍首相を挙げた人はゼロだったが急浮上した。
2位は昭和天皇(55人)、3位はイチロー(11人)だった。
中韓タイでも安倍首相が1位。
英仏では昭和天皇がトップだった。
政治家や文化人が各国で上位に入ったが、タイではドラえもん(111人)が2位と「健闘」した。

昨年の米大統領選などで事前の世論調査が結果と食い違ったことなどを受けて「世論調査の結果は、人びとの意見を正しく反映していると思いますか」との質問も新設した。
「そう思う」「ややそう思う」と答えた人の割合は中国とタイで80%前後だったが、残る4カ国では50%を下回った。大統領選を控える仏は最も低い31・1%だった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170324-1-001.png

中国よ、これが日本の実力だ!海自最大の空母型護衛艦「かが」就役

海上自衛隊最大の護衛艦「かが」が22日、横浜市のジャパンマリンユナイテッド磯子工場で就役した。
自衛艦旗授与式で小林鷹之防衛政務官は「わが国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増している。
『かが』の存在は極めて重要で、訓練に精励し、一日も早く即応体制を確立してください」と訓示した。

「かが」は全長248メートルで艦首から艦尾までが空母のように平らな「全通甲板」を持つヘリコプター搭載護衛艦。
哨戒ヘリは5機が同時に離着艦でき、対潜水艦戦に従事して強引な海洋進出を続ける中国を牽制する。

輸送ヘリや攻撃ヘリ、垂直離着陸輸送機MV-22オスプレイなども搭載でき、南西諸島をはじめとした離島防衛や災害派遣などでの活躍も期待される。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170217-1-001.jpg

日本は先進国で大国なのか?

先進国、富裕国家、総合実力大国はそれぞれ異なる概念である。

このいくつかの概念はネット民が混同しがちなものだ。私は学習したばかりなのでみんなに紹介したいと思う。富裕国家は主に民生の視点から見たものだ。国民の総合的な福祉レベルの高さ、国民の物的生活の充実度を見る。
総合実力大国は国家の総合的な力から見るものだ、主に経済、政治、軍事、文化、国土人口の5つの核となる実力を見る。

先進国は一人当たりGDP,工業化レベル、科学技術、経済の国際化のレベルなどを見る。

先進国と実力大国の概念の違いは先進国が質を強調している点だ。例えばシンガポールもノルウェーも先進国だが、総合実力は中国、インド等の途上国に及ばない。先進国は富裕国家でもあるが、富裕国家が先進国であるとは限らない、例えばサウジアラビア、バチカンなどだ。

事実を言えば、日本は世界でもかなり上のレベルの先進国であり、富裕国家であり、総合実力大国である。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170213-1-001.jpg

中国人がテレビ番組を装って日本人に中国人の印象を聞いた結果・・・

日本人の回答
「中国人は集団行動が多い」
「周りの人を気にせずにズカズカ歩く」
「電車の中でも声がデカい。日本人でも声がデカい人はいるが、もう少し小さな声でしゃべってほしい」
「大人数で行動するから、邪魔」
「公共の場でのマナーが・・・。声が大きくてやかましい」
「中国人は順番を守らない」
「マナーが悪い」
「良くも悪くも自己主張が強い」
「いつも自分がいちばんだと思っている」
「列に割り込んでいる」
「自分勝手」
「食べ方が汚い」
「食べた後のテーブルも汚い」
「レストランで働いているが、『食器を棚へ返してください』と注意書きをしているのに、返してくれない人が多い」
「ゴミのポイ捨てをする。上海ディズニーランドでもそこらへんでトイレするというニュースを聞いて驚いた。我々日本人はゴミのポイ捨てはしないし、ゴミが落ちていたら拾う」
「日本語を勉強している人も多いし、僕は中国人は良い人達だと思っている」
「パクリ大国」
「爆買いやポイ捨ては、日本のマナーに合っていない」





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161129-1-001.jpg

もし外国の援助がなければ、中国は日中戦争に勝つことができただろうか?

アメリカやソ連の援軍がなければ、中国は日本に勝てたんだろうか。以下の2点から見てみよう。

1.我が国が領土を失うのはかれこれのせいにしたがる人がたくさんいるが、ぶっちゃけ国力の問題だ。それに当時の中国軍は軍閥割拠でバラバラになっていて、各軍閥は保身しか考えていなかった。


161129-1-002.jpg


2.中国は漢奸(売国奴)が多い。特にここ数十年、日本の学者たちは中国の民族間の衝突を煽りまくってるせいで、ネット漢奸がたくさんできた。それに、「国より家族だ」という考え方が一般人には深く根ざしているため、誰が統治者になってもいいとほとんどの人が考えていた。


161129-1-003.jpg


以上の2点から、アメリカとソ連の介入がなければ中国は日本の数千万人の軍隊には勝てなかっただろう。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

第二次世界大戦中の中国の子供と日本の子供を比べると中国の完勝だった

第二次世界大戦中、日本はあらゆる手を使って我が国を支配しようとしていた。それに対して、我が国の国民は大きな抵抗を見せた。その主役の一つが、子どもたちだった。


161125-1-001.jpg

国を守るために、訓練を受ける中国の子どもたち。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161021-2-001.jpg

専門家:第二次中日戦争は避けられないと考えるのは幼稚だ

「「中日戦争は避けられない、戦争で雌雄を決するしかない」と考えるのは幼稚で感情的だ。」
中日共同歴史研究委員会の主席委員で、中国社会科学院近代史研究所の歩平教授がこう語った。

「50、60年代は戦争に勝ったばかりで、戦争の影からまだ脱していないため、そんなことを言うのは理解できるが、中国が大国となった今、復讐心を持ったままでいるのは心が弱い現れだ」





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ