Category : 社会
161123-1-001.jpg

日本人って人種差別するけど、日本の人種的なヘイトってどれほどのものなの?

今週、日本の旅行大臣は、歴史的に前例のない発表をした。2016年内に、2千万人を超える訪問があり、歴史上最高の1年であるということだ。ジャスティン・マッカリーがガーディアン紙の中で、日本に横行する人種差別は既に日本の司法部が18500名の外国公民調査で人種差別されたことがあるかについて調べ始めることになるレベルになっていると述べている。

報道によれば、これはこの種の調査の中で日本初の調査になるようだ。13カ国の言語のアンケートで17歳以上の在日外国人に対し、仕事やその他の場面で差別や偏見を受けたことがあるかについて聞いている。この種の調査は前例がなく、これが初めての厳格な方式での在日外国人が実際に差別を受けている状況についての調査となる。

この調査は日本社会の変革時期に行われた。旅行客が増え、日本の長期滞在、永住外国人の人口も多くなっている時期だった。日本の報道によれば、223万人の外国人が日本に常駐しており、そのうち中国、南韓、フィリピンの移民が最も多いようだ。

日本は1969年に人種差別撤廃条約を締結し、国連は人種差別について一種の犯罪であるということを規定した、これは我々が人種差別を解消していくのが困難な中での歴史的な一歩となった。今年初め頃、尾崎ともひろが報道の中で、政府は反日的な言論について調査研究を行い、日本の歴史上最初の反日行為に対抗する立法を行ったと書いている。だが批評者は、これは国益に大きくかかわる差別問題だと語っている。

世界の人々は日本社会が単一民族で構成されていると勘違いしているが、実はどんどん多元化しているのだ。それも民族間の緊張の雰囲気を作り出している、日本の法律も民族主義者がずっとチャンスをうかがっている状態だ。例えば、ニュースの報道で出ていたが、ある法律に基づいてふたつのパスポートを持つ日本の公民は二十二歳の時点で日本か外国のどちらかの国籍を選択しなければならない、この原因は日本国籍が出生地よりも血統を重視することにある。

日増しに増加する外国人の人口は公共の場での衝突も引き起こす:今年の初めごろ、ある寿司チェーン店が故意に外国人の客に対し大量のワサビを提供していたことを謝罪した、先月とある電車の駅員が拡声器を使って外国人の乗客が日本人の乗客に面倒をかけたことについて責め立てたことが批判されていた。日本政府主導の恨みに関する言論立法の研究も日増しに多くなる極右団体の反韓集会を記録している(ある地域の法廷では今年初めごろにはその法律に基づいて集会の禁止を発表している)。

日本の人種的な恨みはどれほどひどいものなのか?今回の調査はこの問題への解答を試すものだ。この調査の結果が今後数年の日本政府が制定する政策に影響を与えるものだろう。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

日本人:中国の大都市すげえええええ

2ちゃんねるで、中国の大都市がやばい件ってスレッドが立てられていた。
以下はそのスレッドと翻訳。


1:日本人

今の中国(地方都市)

南京

161120-1-001.jpg

161120-1-002.jpg




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161112-2-000.jpg

中日韓の民衆相互に関する民間調査:不信度が6割以上

外国メディアによれば、日本の民間非営利団体「言論NPO」が2日、中国、韓国のシンクタンクと共同で実施した東北アジアの安全等の問題についての日中韓三国の世論調査結果が発表された。結果によれば、韓国を「信用できる」と回答した中国人は34.9%で、去年より20%下がった、逆に「信用できない」と答えたのは61.1%で、20%上昇している、中国の韓国への不信感は増加しているようだ。

共同社の11月2日の報道によれば、米韓が7月に韓国にTHAADミサイル配備を決めたことについて、中国政府は安全を脅かすとして反対の意思表示をした、「THAAD」は国民感情にも影響したと見られる。

日本については、8割ほどの中国人と7割超の韓国人が「信用できない」と回答。7割超の日本人と約6割の韓国人が「中国は信用できない」と回答した。韓国を信用できないと回答した日本人も約6割だった。

年内に日本が開く予定の日中間首脳会談では議題として「朝鮮核問題」が挙がるはずだと回答した日本人は最も多く、約5割を占めた。4割近くの韓国人も同様の回答だったが、中国人は3割に満たなかった。韓国人は「歴史認識問題を討論するだろう」と回答した人が最も多く、4割超だった。

日本の核武装については、中国人の9割、日本人と韓国人の8割が反対を表明した。8割の日本人と中国人が韓国の核武装に反対し、6割の韓国人が賛成した。

「今後10年で中国のアジアでの影響力は増大すると思う」と答えた中国人は6割超で、去年の8割から大幅に下降した。言論NPOの分析によればこれは中国経済の減速等が原因だそうだ。

この調査は6月~9月に中日韓でそれぞれ行われた。

資料画像:日本の横浜中華街、旅行客がチャイナドレスを選んでいるところ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161108-1-001.jpg

本当に日本人の民度は高いのか?

世界各国の外国人旅行者の素養の分析をした人がいる。
日本人はランキング上位で、中国人はランキング下位だった。
このランキングから「日本人は中国人より民度が高い」と分析していたが、笑ってしまう分析だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161107-1-001.jpg

日本人は中国人観光客をバカにすることで、自分達のプライドを保っている

中国人観光客は日本で嫌われている?日本メディア「中国は恥を輸出している」

日本で“爆買い”する中国人を、日本人は快く思っていないようだ。
日本の美容業者は、「感情面から言うと、時折中国人相手に仕事したくないと思う事がある」と言い、日本のサラリーマンは「お昼時に飲食店が中国人観光客で埋め尽くされていて困る」と言う。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161106-2-001.jpg

中国人がすでに日本の国土の2%の土地を買っているらしい

訪日外国人旅行客の爆買い対象に変化の兆しが見られる。
近年の訪日中国人観光客は、日本の土地不動産に目を向けている。

なぜ日本で不動産を買うのだろうか。その目的は、「投資」である。
日本はアメリカ、カナダ、オーストラリアに次ぐ、中国人にとっての海外第四の不動産投資先となっている。
2020年に東京オリンピックが開催されることも、日本での不動産投資に拍車がかかっている理由のひとつ。

中国人が日本で不動産を買うせいで、日本の地価は値上がりしている。
日本メディアによると、すでに日本の国土の2%が中国人によって買われているという。

日本では土地を買うと、その土地の森林、地下水も土地の所有者のものとなる。
日本の中国人が持っている土地を「中国の国土だ」と言われたら、日本は抵抗ができない。

愛国者よ、日本へ行って土地を買え!





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161025-1-001.jpg

日本メディア:西洋の政治秩序は既に信用を失っている

日本の「毎日新聞」の最近の記事によれば、これまでに行われた二度のテレビ討論で二人の立場の差が浮き彫りにされたという。テレビ討論はまだどちらの候補者を選ぶか決めていない有権者のためにお紺割れている。政策討論の面では、ヒラリーは当然トランプに勝利している、ゆえに彼女は極力トランプからの攻撃で場外が混乱してしまうことを避けている。そしてトランプは民衆に対し、ヒラリーと夫のクリントンの不信と嫌悪の情緒を扇動している。

テレビ討論後に行われた世論調査によれば、ヒラリーの支持率は伸びているようだ。だがこの調査だけで結論することはできない。トランプは既に政治学者の予測を裏切り、共和党内の多くのライバルを蹴落とし、候補者となったのだ。共和党にとって彼は間違いなく新しく発掘された支持階層の人間だ、そしてそれらの人々の立場は世論調査によって反映されるかもしれない。これらの批評意見について、エリートたちは反論する。「予想外の出来事だ」或いは「もしあの政策を採用しなければ事態はもっと悪化する」と。彼らは現実と異なる世界を家庭史、科学の視点からこれらの反論が正しいかどうかを検証するのだ。だが、これらの言い方は何度も使われているが、口実のようにも聞こえるため、だんだん民衆の信頼を得られなくなっている。

記事では、この現象はアメリカに限られないと述べられている。イギリスはEU脱退を決めたが、その直接の原因は民衆の移民とEU官僚への不満である、だがより深刻な原因は民衆が指導者を信じていないという事である。日本では、日本銀行の通貨緩和政策が信用を失わせ、「もんじゅ」の中性子増殖反応の問題も残っており、政府はとっくに民衆の信任を失っているのだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161024-2-001.jpg

日本の大学生:日本メディアの中国に関する報道はほとんどが悪い話ばかり

新華網は訪中した日本の大学生が「日本メディアの中国に関する報道はマイナスのものが多い」と語っていることを紹介した。

記事によると、中国日本友好協会が北京第二外国語学院で開催した歓迎レセプションに日本の大学生代表団らが出席。
同協会の袁敏道秘書長は、 「日本の学生の皆さんには今回の訪中を通じて本当の中国を肌で感じて知ってもらいたい。中国の同年代と顔を合わせた率直な交流を行うことで理解や友情を深め、共に日中交流の架け橋、友好事業の新しい活力になってほしい」と述べた。

一方、日本の大学生代表団の西堀正司団長は、「帰国後に今回の経験を日本の若者に共有し、中国への理解を増進したい。日中両国の青年が共に努力し、世世代代の平和と友好に貢献してほしい」と語った。

また、日本の大学生・佐々木さんは新華網の取材に、「日本のメディアは中国のマイナス面を多く伝えていて、日本人の間には中国に対する良くないイメージが生まれやすい。日本の若者が自ら中国に行って、中国の若者と交流してほしいと思う」と語ったという。
大学生代表団らは北京のほか、四川や上海などを訪問する予定だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161023-2-001.jpg

日本人が誇らしそうにこんな本を見て「日本って本当にすごいと思った」とか言っている

日本のネットのスレに挙がっていた画像だ。
タイトルを見てくれ。

「日本はすごい」シリーズの書籍:
「世界が日本に夢中」
「外国人だけが知っている美しい日本」
「日本に住むイギリス人がイギリスにもどらない本当の理由」
「日本人になりたいヨーロッパ人」

・・・日本って本当にすごいよな。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161022-2-001.jpg

かつて野心溢れる日本が内向き志向になったのは何故だ?

6ヶ月も家から出ない、学校にも仕事にも行かない、家族以外の人とコミュニケーションを取らない…
15歳~39歳のこういった「引きこもり」は、54.1万人もいると2016年の調査で明らかになった。

30年前の日本では、日本人はみんな好奇心に溢れ、世界各国を奔走していた。しかし、かつて野心溢れる日本が内向き志向になってしまった。

留学も海外就職もしたくない若者が増えている。

「留学生の減少は、日本にとって大きなマイナスになるだろう」、拓殖大学政経学部教授朱炎が日本経済新聞でこう語った。

「経済力がない、就職難、向上心がない」。若者が留学したがらない原因について、日本経済新聞がこう結論づけた。

今とは対照的に、日本社会はかつて活気に溢れていた。
かつて日本人は世界中にいた。
が、バブル崩壊後、日本は低速成長率とデフレに苦しんだ。富裕層以外の生活水準が低下し、海外への投資も減った。

こういった現象について、長らく欧米化されてきた日本では、島国根性は今でも根ざしていると一部の学者が分析した。

しかし、「失われた20年でも、日本は一刻も社会資本、技術力とソフトパワーの蓄積を止めなかった。それと同時に、政治的影響力と安全保障の強化に力を入れた。」と分析した学者もいた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ