Category : 雑談
日本人:中国の良い所やすごい所などプラスな面をできるだけ具体的に教えてください!


1:日本人

勤勉(勿論人によりますが。。。。)
例えば、外国語の習得。
教科書がボロボロになるまで必死に勉強します。
外国へ留学できなくても、身近なありとあらゆる手段を使って、一生懸命勉強します。


2:日本人

家族、一族の“絆”を大切にする
海外留学しても、必ず自国へ帰り、
彼らは、“幸せ”とは家族皆が平和で楽しく過ごすこと、と思っていると思う。


3:日本人

真面目に答えていいものかどうかわかりませんが、とりあえず、真面目に回答します。
私は現在、中国在住です。
古代から脈々と続いているもので、例えば、万里の長城など、総延長6000キロとも言われていて、世界一でかい建造物として世界遺産にも登録されていますね。
小さいことにこだわらず、非常に大らかな国民性を持っていて、
日本人も多少学ぶべき点があると私は思います。


4:日本人

また、中国料理もすばらしいです。
世界一の食いしん坊は中国人なのではないか。


5:日本人

宋代あたりまでならいくらでもある。
明以降は正直いまいち。


6:日本人

中国のもう一つのすごい所は、歴史遺産の豊富さでしょうか。
古代文明の歴史を塗り替えるほどの遺跡が、今も続々と各地で発見されています




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170115-1-001.jpg

中国製品の中に日本製品で代替できないものはあるのか?

中国の製造業が急速に発展して30数年経つが、その製品は初級レベルの加工ばかりだ。表面的な現象ばかり見ていてはいけない。経済的な総量では既に日本を超えているが、中国人がやるべきことは多すぎる!この問題は中国人を更なる努力へと向かわせるだろう!

まず、中国のレアアースが原料の製品だ。日本製品では代替できない、日本にはレアアースが存在しないからだ。だが、中国のレアアースを大量に輸出するのは賢い選択だろうか。それと中国が輸出する割り箸だ。日本が生産できるものではない。自分たちの森林資源保護のため、森林伐採はできないのだ。緑化率が日本には遠く及ばない中国は意識することすらできない!

日本は中国人が作るような低レベルな製品は作れない。利潤が低すぎる、あるいは環境への負荷が大きすぎてできないからだ。

客観的に言えば日本の製造業は中国よりもレベルが上だ。日本には世界をリードする科学技術製品が民間に存在する。日本は一部の問題について国際ルールを無視できる力を持っているのだ。例えば海洋捕鯨だ、それに一連の国際公約違反行為も黙認されている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170112-1-001.jpg

日本の教育はあれほど発達しているのになぜ愛国主義教育が存在しないのか???

日本の教育にはなぜ「国のために貢献する」「祖国を栄光とする」「国家利益のために命をかける」といった教育がないのだろうか。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161216-1-001.jpg

どうすれば日本に謝罪させ罪を認めさせることができるだろうか?

“正常”な国家を追い求めている日本は、本当に“正常”な国家なのだろうか?
正常ではないのは、日本人の心である。
日本人は他国から戦争の罪を責められるのを恐れ、謝罪を求められるのを恐れている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161214-1-001.jpg

日本人のこと、どう思う?

他国を評論する必要もなければ、痛烈に恨む必要もない。我々がすべきことは学習である、他者の長所を学ぶことである。他国の人が何をしていようが関係ない、我々中国人が何をしようが他国に管理できないのと同じだ。私の知る多くの人が日本人を恨んでいる(南京のことで)、だがもし仮に我が国が強いけど領土が狭く、周辺に落ちぶれたが領土の広い国があったとしたら、侵略するだろうか?きっとするに決まっているのだ、昔の元朝や唐朝のように。我々は現実をしっかり見るべきだ、現実に直面してこそ成長できるのだ。

中国は強くなれるが、そのためには学ぶ必要がある、他者の良いところを学ぶのだ。清朝の落ちぶれから、他者に学ぶことを望まなくなってしまった、他者をブタだと考え、天朝上国の夢におぼれ、北京での一件が中国人の目を覚まさせた。中国は良好な外交関係を樹立する必要があるのだ、他者の力を借り、良いところを学ぶのだ、中国がこれから健康に育つには周辺国家との関係づくりにかかっているのだ。

日本は変態的だと考える人もいる、それは理解できる、日本の歴史はとても変態的なのだ。だが日本の武士道精神は他者に対し客観的に文化を理解すること、武士道とはどのようなあり方をするのか、何に役立つのかを教えてくれている。
 こうも言えるだろう「中国人は日本の武士道精神を恨んでいるが、理解していないのではない。もし日本の武士道がなくなれば、日本人は骨抜きになり、文化が変わってしまう。そして日本がなくなるか、分裂してしまうだろう。」

ひとつの国にとって文化の変動の過激さは国家内部の分裂と社会の動乱を生むことになる。それに武士道精神は日本人のスローガンだ、武力でなく忠誠心、勇敢さ、死を恐れない精神、敵への尊敬を意味するものだ。これを見れば日本人は根本的に中国人を尊敬していないと言う人もいるだろう。

いや、第二次大戦時、日本には多くの党派がいた、多くの党は中国への攻撃を支持していなかった、虐殺や略奪行為を支持してはいなかった。だが、特殊な状況下だったのだ、日本人が我々を虐殺したことについては言うまい、我が共産党と国民党の間に起こった行為の方が悪辣だったりするものだから。戦争というのはそもそも残酷なものなのだ、チンギスハンの鉄騎大軍は更に多くのエルサレムの人々を虐殺しているし、多くのヨーロッパの都市を虐殺して回っている。古代はもっと悲惨だ。アメリカが日本を下し、在日米軍が更に毎日日本人から略奪し殺したりもしていた…

一部の問題についてはしっかり考え、国に有利なように見ていこう。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161211-1-002.jpg

もし中国が日本を併合したら、どうなると思う?

もしもいつの日か、中国と日本がひとつの国になったら、どうなるだろう?
両国の経済、政治、文化、軍事・・・どんな変化があるだろうか。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161210-1-001.jpg

なぜ日本の皇室は男子が少ないのか?原因はこれだ!

日本の皇室はあんまりにも後継者が少ないため、女性天皇の可能性まで取り沙汰されている。今上天皇は10歳の孫しかなく、皇太子徳仁親王も息子が居ない。そのため、徳仁親王は次の天皇になることもできない。ではなぜ日本の皇室はここまで男子が少ないのか。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161209-1-001.jpg

日本メディア:中国はすでに日本を超え、アジア一の科学技術国になっている

日本メディアが「日本は科学技術の面において、すでにアジアのトップではない。アジアのトップは中国だ」という記事を掲載し、波紋を呼んでいる。

記事では、中国は世界が認める科学技術新興国で、スーパーコンピューターの世界ランキングからもそれは見てとれる。
2016年11月のスーパーコンピューター500機のランキングで、中国は2位と4位だった。
2013年から、中国は上位にいる。


161209-1-002.jpg


学術論文の面でも、日本はすでに中国に抜かれている。
日本の文部科学省が発表したデータによると、世界で最も引用された科学研究論文は、中国が15.7%でアメリカに次いで多い。
世界で最も引用された科学研究論文ランキングで、10年前は、中国は10位で日本は5位だったが、日本は現在12位、たった5.5%の引用数しかない。

中国は急速に進歩しているが、日本は進歩せず、逆に後退しているようだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161208-1-002.jpg

日本は世界一強い国になれるのかって?

日本の周辺環境をみれば、そんなことはあり得ないってわかるだろう。西は人口世界一、経済世界2位、国土面積世界2位の中国。北は国土面積世界1、軍事力世界2位のロシア。どれも日本が手出しできない相手だ。歴史問題もあり、中国もロシアも日本を目の敵にしている。安倍晋三が北方領土でロシアと交渉しようものなら、プーチンに強い口調で押し戻される。どっかの国と同盟を組むことはなおさら不可能だ。というわけで、一位どころか、二位も難しいだろう。軍事力もポンコツで、原子爆弾をいくつ落とせば日本という国が丸ごと消える。高い技術力なんてなんの役にも立たない。経済も一位になることはないだろう。人口が減少しているせいで市場が縮小し、となりにある中国という市場もしょっちゅう反日デモが起きるせいで誰も日本製品を買おうとしない。おまけに日本人は頑固で過ちを認めない性格という損する性格だ。

かつて日本も一位になるチャンスがあったが、日本はそれを棒に振ってしまった。それは1931年の日本だ。あの時日本はすべての国に一目置かれていた。アメリカ人はアジアでのビジネスを展開するため日本に頼らなければならなかった。満州鉄道は日本のもので、新聞を出版するのにも日本の電報が必要だった。日本の国有銀行がアジアを支配し、朝鮮半島、台湾、満州国は日本の領土だった。ドイツのことなんて恐るるに足らずって放言したあのスターリンも日本のことを警戒していた。張学良が満州でソ連に挑発したらすぐ反撃を喰らったのに、日本が満州を占領したとたん、スターリンは急いで鉄道、銀行などを日本に売却した。日本は中国を侵略せず、第二次世界大戦で同盟国と枢軸国の戦いを見守りながら武器を売れば、戦後は蹂躙されたアメリカもヨーロッパも日本の言いなりになったのだろう。国際通貨もドルではなく円になったはずだ。しかし、日本は中国に敗れ、満州国からも台湾からも朝鮮半島からも追い出され、北方四島までロシアに奪われた。せっかく先人の努力で築き上げた大日本帝国が台無しだ。

中国とロシアという二つの大国がとなりに居る限り、一位になろうとする日本の未来はきっと明るくないだろう。さっさとその幻想を捨てて、AVとマンガをもっと良いものにすればいいと思う。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161130-1-001.jpg

日本人は中国人をどう思っているのか?日本人「中国人に対しては悪い印象はない。中国という国に対しては悪い印象を持っている」

日本人に中国人をどう思っているかインタビューした動画。
日本人「中国人と友達になるのはアリですね」
日本人「知り合いに中国人が何人かいるが、悪いイメージはない」
日本人「中国人というより、中国の国自体にあまり良いイメージがない」
日本人「でも中国に行こうとは思わない。反日だから」


動画





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ