Category : 歴史
170328-1-001.jpg

日本の天皇は、靖国神社にA級戦犯が祀られていることを知ってから一度も参拝したことがない

それは賞賛に値する行為だ。
だから鄧小平も胡錦濤も訪日するときは必ず天皇に会った。
しかしそのことを知らない国民はたくさん居る。
写真は鄧小平と卓琳が天皇皇后両陛下と会見する様子。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170320-1-001.jpg

今の中国は本当に戦勝国なのか

中国国民党の軍隊は日本軍44万人を殲滅したが、中国共産党の遊撃隊は821人だけしか殺していない。
2010年モスクワで行われた世界反ファシズム70周年の閲兵式では、中華人民共和国の軍隊の参加を拒否し、台湾の元抗日将軍を誘った。
中国共産党が第二次世界大戦の反ファシズム連盟に参加してないと世界に認められた瞬間だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170309-1-001.png

海外のサイトに掲載されている、中国人を無理矢理土下座させる日本軍の写真

1937年に、河南省の通りを行進する日本軍。この写真はロシアのサイトに掲載されている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170305-1-001.jpg

第二次世界大戦最後の戦い:降伏一ヶ月後もなお中国人160人を虐殺した日本軍

日本降伏後、一部の日本軍はさらに作戦を続けていた。そのため、第二次世界大戦の本当の終わりがいつなのかを巡って、諸説ある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170305-1-003.jpg

村上春樹が「南京大虐殺はあった」と新作『騎士団長殺し』で主張している

村上春樹氏の新作『騎士団長殺し』が2月24日、日本で発売された。
この本の中で、村上春樹氏は「南京大虐殺はあった」と主張している。

小説の登場人物のセリフに、
「そうです。いわゆる南京虐殺事件です。日本軍が激しい戦闘の末に南京市内を占領し、そこで大量の殺人がおこなわれました。戦闘に関連した殺人があり、戦闘が終わったあとの殺人がありました。日本軍には捕虜を管理する余裕がなかったので、降伏した兵隊や市民の大方を殺害してしまいました。正確に何人が殺害されたか、細部については歴史学者のあいだにも異論がありますが、とにかくおびただしい数の市民が戦闘の巻き添えになって殺されたことは、打ち消しがたい事実です。中国人死者の数を四十万人というのもいれば、十万人というのもいます。しかし四十万人と十万人の違いはいったいどこにあるのでしょう?」
というものがある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170303-1-001.jpg

日本軍が撮影した「日中親善」を偽った写真の数々

綏遠にて。日本軍が地元の子供と「仲良く」している写真。なぜか子供は険しい表情をしている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170228-1-001.jpg

日本人「俺らの祖先は徐福なんかじゃない!始皇帝だ!」それに対して中国の専門家はこう応じた

始皇帝のために不老不死の薬を探すべく、500人の子供を連れて、長時間をかけて日本にたどり着いた徐福。結局不老不死の薬は見つからなかったが、このまま戻っても始皇帝に殺されるだけだと悟った徐福は、日本に定住することにした。こうやって日本という民族ができたのだ。

日本人をあのダメ人間の徐福の子孫だというならまだわかるが、なぜかある日本人学者が、日本人の祖先は徐福ではなく、始皇帝であると主張し始めた。おかしいと思わないか?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170226-1-001.jpg

アメリカが原子爆弾を落とさなかったら、日本はもう存在していないだろう!

もしアメリカが原子爆弾を落とさなかったら、日本は多くの死傷者を出さずに済んだのか?

答えはNOだ。ドイツが降伏し、反ファシズム戦争が終わりに近づいたあの頃でも、日本は国民を騙し、本土決戦の準備を進めていた。子供も女性も学生も関係なく徴兵された。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170225-1-001.jpg

旧日本軍の兵士が撮影した、南京大虐殺での日本軍兵士の暴行

今日(12月13日)は南京大虐殺79周年記念日だ。400名の人民解放軍の兵士と300名余りの小学生が、抗日戦争記念館主催のイベントに参加しました。その後、「ある日本軍兵士が撮影した日本軍の犯行」という写真展に参加した。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170220-1-001.jpg

日本人研究者の説:日本人の祖先は中国の貧困地区からきている

日本の歴史は中国と多大な関係がある。
唐時代以前は、日本は倭国と呼ばれており、唐の天皇が日本という名を授けた。

日本人の起源は、諸説ある。
徐福の子孫だとか、東南アジアからの移民だとか。
最近、日本の歴史研究家が新たな説を提唱した。
日本人の祖先は、中国の貧困地区―四川省の涼山地区から来ているというのだ。

様々な方面での研究から、文字、そして習慣に至るまで、日本人と四川省涼山地区の人とは似ているという事がわかった。
涼山地区に住んでいる少数民族イ族の人々は、日本語に対してなぜか聞き覚えがある、親しみがあると思っているそうだ。

また、日本の古代の人々の服装と、イ族の民族衣装は似ている。
イ族の男の子は前髪の一部を残しその他の部分は剃っていたが、これは日本の武士の髪型に似ている。
そして、イ族には旧暦6月にたいまつを持って練り歩くお祭りがあるが、日本にも似たようなお祭りがある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ