Category : 韓国
170323-1-002.png

中国が日本に代わり、韓国人の最も嫌いな国家一位になったぞ!

2017年3月22日、在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題をめぐって中国の「韓国ボイコット」が注目を浴びる中、韓国人の嫌いな国の第1位に中国が選ばれたことが分かった。
この報道に中国のネットユーザーがさまざまな意見を寄せている。

環球網によると、この調査は韓国の峨山政策研究院が今月6日から8日にかけて成人1000人を対象に実施した。
中国に対する好感度は10点満点中3.21と1月に比べ1.1ポイント低下。
一方、日本は植民地支配、慰安婦問題などで「最も嫌いな国(北朝鮮は除く)」になり続けてきたが、今回の評価は3.33と中国を上回った。
日本の前回の得点は3.56だった。

この結果について同研究院は「中国に対する好感度が大幅ダウンしたことは意外だった。さらに意外だったのは日本の好感度が中国を超えたことだ」とする声明を発表。
当の中国からは「中国人が一番嫌いな国も日本から韓国に変わった」「韓国も日本を超えたよ。世界で最も多くの人からボイコットされる国になった」「中国と日本の友好は韓国にかかっている」という声や、「韓国は自分たちを過大評価しすぎ」「むしろ嫌いでいてほしい」「中国人からお金を稼げなくなったから態度を変えたんだ」といったコメントが寄せられている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170307-1-001.jpg

韓国が朱元璋は韓国人だと言っているが、日本のネット民はこう回答した

以前、韓国で二番目に大きなテレビ局で、韓国の学者が民間の伝説から証拠を集め出し、朱元璋が韓国人であると語っていた。民間の伝説によれば、韓国のある男の子は朱元璋と呼ばれ、小さい頃は貧困家庭に育ち、霊力があったため修行して高僧となり、最後には山を飛び越え水を渡り元朝末期の鳳陽県にたどり着いたそうだ。


朱元璋 -wikipedia-
朱 元璋(しゅ げんしょう)は、明の始祖であり、初代皇帝である。廟号は太祖(たいそ)。その治世の年号を取って、洪武帝(こうぶてい)と呼ばれる。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170216-1-002.jpg

愚かな韓国人は漢字を廃止した。韓国って劣等感の塊なんだよな。

民族としての「独自性」をアピールすべく、韓国は漢字をほとんど廃止し、無理矢理西欧の文化圏に入ろうとする。その結果、漢字で書かれた史書を読める人がほとんど居なくなり、中国の史書を頼らざるを得なくなった。

韓国人は重度なコンプレックスを抱えている

韓国人は重度なコンプレックスを抱えている。その理由は単純だ。韓国は昔から、中国と日本という二つの強い国に挟まれ、近代に入ってからソ連とアメリカの板挟みにもされていた。どちらかの国への依存から脱却しようとしても、国として滅びる危険性に晒される。それなのに韓国人のその謎の自信はどこから来たんだろうと不思議です。

それから、古代の朝鮮は中国に貢いでいた。その代わりとして、朝鮮は中国からの庇護を受けると約束されていた。それでも中国はずっと朝鮮の独立性を尊重し、一度も朝鮮を支配しようとしなかった。それなのに朝鮮人は敵と味方がわからないようだ。明の時代、日本は20万の大軍で朝鮮を侵攻したが、明に助けられ、なんとか亡国から逃れられた。でなければ今の韓国人はみんな日本語を喋っているのだろう。

170216-1-001.jpg

韓国人の祖先とされている人物


明が滅び、漢民族の王朝が蛮族に負けたのを目の当たりにした朝鮮人は、中国はもはや尊敬すべき国ではないと決め、自分たちの文字を作り始めた。

蛮族が支配する元と清ですら、漢字と蛮族の言語が同時に使われていたというのに、愚かな韓国人は漢字を捨ててしまった。漢字を捨てる=文化を捨てるということがわからない韓国人。その結果が史書が読めない韓国人がどんどん増えていくことだ。今の韓国人が知ってる歴史って、「アメリカ人の助けで北朝鮮に勝った」ことぐらいだろう。嘆かわしい。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

北京は韓国の領土だった?韓国の歴史教科書をご覧ください

我々を出し抜いて端午と屈原を世界遺産に登録し、最近では太極拳まで韓国起源と主張している韓国。太極拳は遼東出身の張三豊が創設したと言われているが、遼東は韓国の領土だったと韓国人が主張しているからだ。


170107-1-001.jpg

2007年から、韓国の中高では新しい歴史教科書が採用された。今までの教科書には「古朝鮮は檀君王倹によって作られたと言われている」とあるが、新しい教科書には「と言われている」が削除され、神話が史実扱いされるようになった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161219-1-001.jpg

韓国がサッカーの起源を主張し全世界から袋叩きに



1: 日本人

【中国BBS】韓国の起源説に辟易する中国人…憐れむ意見も
中国大手検索サイト百度の掲示板に「韓国は偉大な国家であり偉大な民族だ」というスレッドが立てられた。
スレ主は皮肉でこのようなタイトルをつけているようで、中国人ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。
スレ主は、韓国が起源を主張しているものとして、孔子、孫文、西施、李時珍、姚明、毛沢東、仏教の創始者である釈迦、パンダ、漢字、春節、端午節、印刷術、針灸、甲骨文字、自動車、原子爆弾、バスケットボール、パソコン、携帯電話などがあると紹介。中国文化のほとんどが韓国起源とは驚いたと皮肉を述べている。

「韓国人は毎日妄想しているからね」
「韓国人は妄想しないと死んじゃうんだよ」
「実際のところ、地球は韓国人が造ったんですけどね」
「もう面倒くさいから、“中国は韓国の属国なんです”と言えば良いさ。」

いわゆる韓国起源説の対象は中国だけにとどまらない。日本を対象としたものでは、武士、日本刀、寿司(すし)、柔道、空手など、武道・芸術・食・文化・人物まで多岐にわたる。
また、変わり種としては大韓サッカー協会がウェブサイトで「サッカーの起源は朝鮮半島」と主張したことがあり、現在は削除されているようだが、多くの国などから抗議が殺到したという。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161215-1-001.jpg

なぜ韓国は「大韓民国」なのか、「大」って何なの?

韓国は大韓民国と名乗ってはいるが、実のところ少しも大きくない。彼らは心の大きさしか体現できないのだ。歴史上韓国は中国の影響を受け続けてきたし(韓国は中国の前ででは諸侯の王の一つにすぎず、蛮族の中でもかなり地位が低い。だがそれゆえに中華文化に育てられた部分もある)、近代までは日本の影響を受け、一度日本に併合されたこともある。

大国に挟まれる韓国はかなり微妙な立場にある。実は韓国の実力は別の場所に韓国があったとすればかなり強いものなのだが、その位置する場所が韓国を弱くしてしまっている。経済、歴史、文化、韓国はどれも中日両国に匹敵するものではない。それに国土が狭く資源も少ない。ゆえに韓国は精神的に、歴史上に自尊心を探すしかなく、例えば頻繁に世界遺産への申請をしているのもその一例で、中国だけでなく日本の反感も買っている。それに韓国はずっと中国が落ちぶれていると考えているが、中国も多くの面で既に韓国を超えている。それゆえ韓国が誇れる材料はどんどん減ってきている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161203-1-001.jpg

日本は侵略してきたから嫌うのは理解出来るが、韓国人を嫌うのはなんでなの?

歴史的経緯を見れば、韓国人が我々を嫌うのはわかるんだが・・・





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161124-1-001.jpg

我々の「韓流禁止令」を羨む日本人

中国、「限韓令」を全面適用…チョン・ジヒョンのドラマ、ソン・ジュンギ広告も「禁止」

今回の限韓令は、
▼韓国の団体の中国内の演出禁止
▼新規韓国芸能企画会社に対する投資禁止
▼1万人以上を動員する韓国アイドルの公演禁止
▼韓国ドラマ・芸能協力プロジェクトの締結禁止
▼韓国芸能人が出演するドラマの中国内での放送禁止--等を含む。

伝媒圏は中国当局がこの措置を9月1日付で遡及適用するよう求めていると報じた。
また、「韓国企業・ブランド・広告モデルなど、韓国を表すあらゆる要素についても放送を禁止する条項が含まれている」と付け加えた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161119-1-001.jpg

韓国人学者「朱元璋は韓国人!」、日本人「安定の韓国人」

数年前、韓国で二番目影響力のあるテレビ局MBCが番組によると、中国明の開国の父朱元璋は高麗全羅南道人である可能性が高いという。

番組の中で、韓国人学者が3つ証拠をあげましたが、どれも荒唐無稽なものだった。


朱 元璋(しゅ げんしょう)は、明の創始者であり、初代皇帝である。廟号は太祖(たいそ)。その治世の年号を取って、洪武帝(こうぶてい)と呼ばれる。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ