Category : インド
161020-1-001.png

インドの政治家 中国製品のボイコットを呼びかける

インドメディア:「我々は敗北した」

インドのメディアによると、インドの政治家が中国製品のボイコットを国民に呼びかけているそうだ。

インドのある新聞が10月12日に公開した「なぜ中国製品ボイコットは失敗に終わるのか」という記事では、ここ二年間、インドが中国からの輸入額は20%も増加していて、ここ5年間でいうと5%も増え、現在の年間輸入額は610億ドルにも上る。

それに対して、中国への輸出額は2011年〜2012年の180億ドルから2015〜2016年の90億ドルにまで下がっている。インドが中国から買い入れた商品は中国へ輸出した商品の6倍ということになる。

インドが中国から輸入したものとして、主にスマホ、ノートパソコン、太陽電池、肥料、キーボード、ディスプレイ、イヤホンや通信設備などがある。

それに加えて、結核やハンセン病の薬、抗生物質、おもちゃ、工業用ねじ、軸受け、液晶ディスプレー、ブラウン管ディスプレイ、ルーター、リモコンやアンテナなども多い。

「我が国と中国の貿易はすでにバランスが崩れている。こういった自体は我が国の工業にとってとっても有害だ」とインドのある政治家が語った。

「中国製品を買わずにインド製品を買うべきだ。中国との貿易は我が国に悪影響を与えている。中国は友好国ではありません。中国は我々から儲けたお金を武器の購入に使っている。そういった武器は我が国の敵対国に流れたりもします。」





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160624-2-001.jpg

日本メディア:米印は関係を発展拡大、中国はなぜ心配しないのか?

日本の外交学者ウェブサイトでの6月17日の文章、原題:中国はなぜ米印関係が発展しているのに心配しないのか、米印関係は近年日増しに近くなっている、だがこれに対する中国の反応は限定的だ。北京の許容には三つの要素がある:インドは独立自主の外交政策を行っており、他の国の戦略を承諾したりはしない。インドは中米両国に対し慎重に対処する、特に南海問題では。中国外交政策のポイントは東方であり南方ではない。

最近の訪米期間中、インドのモディ大統領は印米安全協力を推し進めるだけでなく、アメリカはインドの商業と防衛におけるパートナーであると語った。中国は日に日に深化する米印関係に沈黙を保っている。

これはニューデリーから北京とワシントンに対し実行した「等距離」の措置だと思われる。まず、インドはアメリカのインド洋とアジア太平洋海域で展開される巡視の提案を明確に拒絶、これで中国の米印の協力についての不安を軽減させた。中国メディアは、アメリカ主導の南海連合巡視への参加についてインドは何の意見も言っておらず、米印がサインする「安保協議」は中国に何の影響もないのだ。

次に、中印両国がインド防衛長官と国家安全顧問の訪華期間の盛んな交流で、双方の信頼について奏功していること。中国メディアは中印関係が改善していることを強調、インドは中国に対し兵を送ることを望んでいないのである。

第三に、中露印三国は今年4月に発表した連合公報で南海問題の国際化に反対、当事国によって解決すべきと主張した。この声明は中国の立場ととても近いものだ。

第四に、中国メディアは最近外国メディアの言い方を援用して、中国に対する憂慮を示している、インドの大統領は今年6月の訪米時に南海問題を提起しなかったのだ。

インドは今中米両大国の間でおとなしくしている。確定的なのは、インドが将来核保有国で組織される安保理などの事務上の意見保留などのために加入を考えているということだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151216-1-001.jpg

インドの高速鉄道プロジェクトが日本の新幹線を採用すると決定

中新網12月12日 日本メディアの報道によれば、日本の安部晋三首相は現地時間12日にインドのモディ首相と行った連合記者会上で、日印の原子力協定への署名が原則の共通認識を達成し、インドは高速鉄道プログラムで「既に新幹線を採用することを決定した」と述べた。

日本の安部晋三首相は11日にインドへの訪問を開始した。インドの高速鉄道に新幹線モデルを引き入れるのが安倍首相の今回の重要な目的だ。インドネシアの高速鉄道競争で中国に手痛い敗北を喫した日本は、インドの高速鉄道のチャンスを手に入れた、これによってインドに対し借款期限を50年とする低利息借款を含む多くの優遇条件をもたらした。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150212-3-1.jpg

中国とインド

インドと中国は隣国で、同じ古代文明国だった。
人口と耕地面積も似ていて、世界最大の民主体制の国家と、最大の××体制国家だ。
今後、世界の注目を集めることは避けられない。
中国経済は1978年から歩み始め、今では世界第2位の経済体となった。
インドは1990年に市場化改革を初め、その成果を得ようとし、いまではその国内生産の総量は日本に相当する(同等の購買力がある)。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150114-2-1.jpg

日本女性が暴行され、インド男性5人を逮捕

インド警察は「1名の日本の女性学者を集団暴行した5人の容疑者が逮捕された」と述べた。
この22才の女性は去年の11月コルカタに到着。
現地の3人の男性と友達になり、彼女は彼らに仏教の聖地であるブッダガヤに連れていってあげると言われついていくと、付近の村で2人の男に渡されて地下室に拘禁され、その後一か月近く、絶え間なく暴行されていた。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ