Category : 日本政治
190415-1-001.jpg

日本の将来の天皇である可愛い男の子が両親に付き添われて中学に入学

5月1日、各種儀式が終わると明仁天皇は正式に退位し、悠仁親王の伯父である徳仁様が新天皇となり、将来的に皇位は悠仁親王の手中となりそうだ。
画像は2019年1月、日本の皇室の集合写真。
明仁天皇夫妻、皇太子夫妻、文仁親王夫妻と三名の公主、そして悠仁親王である。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190402-1-001.jpg

日本の新元号は令和。万葉集から取ったと言うが、中国の古典にもあるけど?

日本の新元号は「令和」。読みは「れいわ」。
万葉集の「于時、初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香」から取ったらしい。
まぁ、中国の古典の『帰田賦』の中に、「于是仲春令月,時和氣清;原隰郁茂,百草滋栄」ってのがあるんだけどね。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190312-1-001.jpg

日本「新元号は日本の古典から」 中国「日本の古典は中国の古典から出来てるだろ」

もうすぐ日本の新元号の発表が行われる。
今までの元号は、全て中国の古典が由来だった。
安倍首相は、日本の古典から取る事を希望している。
日本のメディアが、新元号の考案者になりそうな学者を訪ねたところ、「ほとんどの日本の古典は中国に由来する」という回答があった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190211-1-001.jpg

安倍首相がキャッシュレス支払いを体験「初めてだったので緊張したが、意外と簡単」

安倍晋三首相は2日午後、東京都品川区の戸越銀座商店街を訪れ、現金を使わずに買い物する「キャッシュレス決済」を体験した。
政府は10月からの消費税増税に伴う景気下支え策としてキャッシュレス決済時のポイント還元を実施する予定。普及状況や利便性を自ら確認した。

首相はまず、コンビニで電子マネーを作成し、鮮魚店でこれを使って刺し身を購入。
この後、生花店でスマートフォンのQRコードを用いた決済サービスを利用し、花束と鉢植えを買った。
首相はQRコード決済について「初めてだったので緊張したが、意外と簡単だった」と語った。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190102-1-001.jpg

ガチの中国人が日本の選挙へ出馬、「中国に帰れ」と罵声を浴びる

中国出身で、東京・新宿の「歌舞伎町案内人」として知られる李小牧(リ・コマキ)さんが挑んだ選挙戦のドキュメンタリー映画が公開中だ。

1988年に来日し、外国人観光客らに飲食店や風俗店を紹介する仕事で身を起こした李小牧さん(リ・コマキ)(58)が、新宿区議選に立候補したのは2015年4月。東京・中野で公開中のドキュメンタリー映画「選挙に出たい」は、1018票を得たものの最低当選ラインに400票余り及ばず落選するまでの李さんに密着。14年9月から一人で撮影したのが中国人のケイ菲(ケイ・ヒ、ケイは開の簡体字におおざと)さん(36)だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181114-1-001.jpg

なぜ日本は君主制を廃止し共和国になるという道を選ばなかったのか

日本の立憲君主制はちょっとまともじゃないと思う。
君主制国家でありながら天皇には何の権力もなく、ただシンボルとして存在しているだけだ。
それって一体何の意味があるのだろうか?
第二次世界大戦で国家の利益を犠牲にし、アメリカに占領され、植民地となったのなら天皇制を廃止し、日本民主共和国になるのがスジじゃないか?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181023-1-001.jpg

なぜ支持率の低い安倍が首相を続投できるの?

彼は民心を得ていないのではなかったのか?
日本は民主主義ではないのか?
安倍の支持率は低いのになぜまだ選ばれるんだ?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181011-1-001.jpg

我々が安倍晋三をどんな嫌おうと、日本国民は選挙によって安倍を支持している

今は日本政治史上初の三期目の首相になっている。
彼は紛れもない日本人民の代表だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

180610-1-001.jpg

麻生太郎が使ってるケータイが古すぎると話題に・・・

麻生太郎大臣が本会議中にメール 「だらけて来ましたなぁ」

森友問題にセクハラと、今国会が荒れた元凶といえば、むろん財務省である。

しかし、そのトップに君臨する麻生財務大臣は反省の色を見せず、不興を買い続けてきた。
その“鉄面皮”ぶりは5月25日、加藤勝信厚労大臣の不信任案を採決する、衆院本会議の場でものぞいた。

「よほど退屈だったのか、自らのガラケーを取り出し、机の下に隠しながら、メールを打ち始めたのです」(政治部記者)

その行為自体も不遜だが、
「驚くべきは内容。“国会は流石にだらけて来ましたなぁ~”“不信任も何の為なのか、時間稼ぎなのかすら解らなくなりました”と、まるで他人事なんですよ」(同)

麻生事務所に問い合わせると、
「(本会議中の携帯使用は)率直にお詫び申し上げますが、内容は把握していない」

“だらけた原因”が自らにあることについて、ご本人はついぞ思い至らないようですなぁ~。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです